1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】ワクチンを打ってもなる?犬のケンネルコフの原因~予防法

【獣医師が解説】ワクチンを打ってもなる?犬のケンネルコフの原因~予防法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「犬の風邪」とも言われるケンネルコフは、軽症の場合は自然治癒することもありますが、重症化すると大事に至るケースもあるので注意が必要です。今回は、ケンネルコフの症状や原因、なりやすい犬や治療・予防法、混合ワクチンとの関係性について解説します!

ケンネルコフとはどんな病気?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ケンネルコフ(犬伝染性気管支炎)とは?

「ケンネルコフ(犬伝染性気管支炎)」とは、伝染性の呼吸器疾患の総称。「ケンネル」は犬小屋や犬舎という意味で、「コフ」は咳を意味します。主な感染経路は接触感染や飛沫感染と考えられており、その名のとおり複数の犬が生活する場所(=ケンネル)では、1頭が感染すると、くしゃみや咳(=コフ)による飛沫感染などで、次々に伝染してしまいます。

ちなみに、ケンネルコフは「犬の風邪(犬カゼ)」と呼ばれることもあるため、人にも感染するの?と心配する飼い主さんもいますが、人にうつることはないと考えられています。

原因となる病原体

ケンネルコフは、ウイルスや細菌などが単独もしくは混合で感染することで発症します。考えられる主な病原体には、以下のようなものがあります。

【ケンネルコフの主な病原体】
・犬アデノウイルスⅡ型
・犬ヘルペスウイルス
・犬ジステンパーウイルス
・ボルデテラ
・犬パラインフルエンザウイルス
・犬インフルエンザウイルス
・犬コロナウイルス
・マイコプラズマ など

単独で感染の場合は比較的症状は軽いと言われていますが、混合感染すると重症化してしまうことがあります。

感染しやすい犬とは?

ケンネルコフは伝染力が強いため、抵抗力の弱い子犬や老犬に発症しやすいと言われています。また、健康な成犬でもストレスなどで抵抗力が低下していると、発症することもあるので注意しましょう。

ケンネルコフの主な症状

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

単独感染の場合

ケンネルコフは「犬の風邪」と呼ばれることもあるように、発症すると咳やくしゃみ、発熱など、人の風邪のような症状が急に現れます。喉に何かつっかえたような「ゲーゲー」「ケホッケホッ」「ガーガー」といった、吐き気にも似た咳を1日中繰り返すこともあります。

先述したとおり、ウイルスの単独感染では軽症で終わることが多く、ほとんどの場合は1週間~10日前後で回復すると言われています。

混合感染の場合

ウイルスや細菌に混合感染した場合や、抵抗力や体力の少ない子犬や老犬が感染した場合には、食欲不振や元気消失などが起こり、重症化する場合があります。

高熱や膿のような鼻汁・目脂が出たら、重症化のサイン。一刻も早く動物病院を受診するようにしましょう。症状が悪化すると肺炎などを起こし、最悪の場合は死亡することもあります。

ケンネルコフになったら?治療法や注意点など

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ケンネルコフの治療法

ケンネルコフの治療法は、原因となった病原体によって異なり、軽症の場合は自然治癒を待つケースも多いようです。ただし、少なくとも1週間前後は咳などの症状がみられるため、それ以上ひどくならないよう自宅で安静にさせ、充分な栄養を与えるために食事管理などを行います。

一方、症状が重く合併症などがある場合は、症状や原因となった菌やウイルスに応じて以下のような治療が行われる場合もあります。

【インターフェロン治療】
ウイルスの活性を弱め、犬の自己免疫力を上げる目的で取り入れる治療法です。

【抗生剤の投与】
原因が細菌の場合に有効な治療法です。二次感染を防ぐために取り入れることがあります。

【鎮咳薬や気管支拡張薬の投与】
咳が頑固な場合に緩和する目的で鎮咳薬を使用したり、気管支拡張薬をネブライザーという吸入器で、のどに噴霧したりするケースもあります。

ケンネルコフと診断された後の注意点

ケンネルコフと診断されたら、獣医師の指導のもとに自宅で安静に過ごさせませしょう。また他の犬への感染も懸念されるため、散歩やドッグランなど他の犬と接触する可能性がある場所には、獣医師から許可が下りるまでは出かけないようにしてください。

ケンネルコフの予防法とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ワクチンを接種してもケンネルコフになるの?

ケンネルコフは、感染源となる病原体の数があまりにも多く、毎年混合ワクチンを打っていても感染することがあります。ただし、混合ワクチンによって予防できるケンネルコフの病原体もあり、重症化の防止につながると考えられているので、混合ワクチンは定期的に接種しましょう。

混合ワクチンの接種目安としては、生後8~9週目で1回目、続いて12~13週目で2回目、15~16週目で3回目を目安に接種し、その後は年に1回接種するのが大切です。

感染した犬に近づけないことも重要

感染した犬に近づけないことも重要な予防方法です。多頭飼いの場合は感染した犬を他の部屋に移動させるなどし、感染していない犬との接触を控えさせて獣医師に相談しながら健康管理しましょう。

飼い始めには必ず健康チェックを

犬の飼い始めは、環境の変化などによるストレスが原因で免疫力が下がり、ケンネルコフに感染しやすくなります。新たに犬を迎えた場合は、ストレスを与えないようにできる限り配慮しましょう。

また、迎え入れた子犬がペットショップなどで、すでにケンネルコフに感染していたというケースもあります。まずは動物病院で健康チェックを受けるのも、重症化を予防するためには大切です。

犬が危険な咳をしたらまずは動物病院に相談を!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ケンネルコフ以外にも、咳を特徴とする犬の病気は、「フィラリア症」や「犬ジステンパー」「気管虚脱」、「僧帽弁閉鎖不全症」など数多くあります。

遊んでいる時などに興奮して出る生理的な咳であれば問題はありませんが、ケンネルコフ以外の病気が隠されているケースもあるので、気になる場合は動物病院で相談してみるのがおすすめです。

特に子犬や老犬の場合は抵抗力や免疫力が低く、どのような病気でも重症化しやすいので、油断は禁物です。ケンネルコフは重症化すると大事に至ることもあるので、ワクチンの接種と日々の健康管理で予防に努めましょう!

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(ケンネルコフ)」

出典元/『いぬのきもち』2016年4月号「春だから気を付けたい愛犬の病気・トラブル」(監修:南直秀先生)
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(ケンネルコフ)」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る