1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 可愛い「#布団犬」がたくさん! 飼い主が知っておきたい布団のかけ方などの注意点は|獣医師解説

犬と暮らす

UP DATE

可愛い「#布団犬」がたくさん! 飼い主が知っておきたい布団のかけ方などの注意点は|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

布団をかけて寝るのが好きな犬もいますよね。とくに寒い冬の時期は、布団で寝たがる犬も多いのではないかと思います。

この記事では、犬に布団をかける際にはどのようなことに注意する必要があるのか、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生が解説します。

犬は布団をかけて寝るのが好きなの?

布団で眠るmaroくん、pinoちゃん
お布団でぬくぬくのmaroくん、pinoちゃん
@maroshachooo

——布団をかけて寝るのが好きな犬もいるようですが、どのような理由が考えられますか?

岡本先生:
「柔らかくて温かい布団は、人もとても心地いいですよね。おそらく犬も同じ気持ちで、布団を求めてしまうのだと思います。

また、もともと犬は穴倉を寝床にしていた動物なので、布団をかけて寝ることは本能的に安心感があるのかもしれません」

犬に布団をかけてあげるときの注意点は?

布団をかけて寝るまるおくん
寅年なので、タイガース毛布で寝るまるおくん
@910maruo

——犬に布団をかけてあげる際、どのような配慮をしてあげるとよいですか?

岡本先生:
布団はなるべく軽いものにして、愛犬の体に合ったサイズのものを用意してあげましょう。布団のサイズが大きすぎると足を引っかけてしまったり、爪や足を怪我する恐れがあります。

犬に布団をかけてあげるときは、頭が出るようにしてあげましょう。また、布団に入っている愛犬を踏まないように、飼い主さんは気をつけてください」

犬が使う布団の素材選びにも配慮が必要?

布団をかけて寝るえまちゃん
お布団でスヤァと眠るえまちゃん
@emma210801

——愛犬が使う布団の素材選びには、何か注意したほうがよいでしょうか? 

岡本先生:
犬の体質と素材の相性によっては、皮膚のアレルギーを起こすことがあります。布団を使用したことで犬の皮膚に異変が見られた場合には、獣医師の診察を受けましょう。

また、ドライスキンのコは静電気の起きやすい素材を使用して症状が悪化することがあるので、注意してあげる必要があります」

——布団をかけて寝ると蒸れて皮膚によくない、といったこともあるのでしょうか?

岡本先生:
「犬は肉球にしか汗をかきませんので、健康な犬(多汗症や脂漏症のコでなければ)の場合は皮膚炎を起こすほど蒸れすぎることはないでしょう。

ただし、高齢犬の場合は体温の調節に鈍感になっているために、布団をかけることで冬場でも熱く感じる可能性もあります。愛犬の様子を注意して見てあげましょう」

布団で眠るムギくん
布団に包まりビーズソファを独占中のムギくん
@12mugi27

Instagramで見つけた可愛い「#布団犬」たちを取り上げながら、犬に布団をかける際のポイントを紹介しました。

愛犬が快適に、安全に布団をかけて寝られるように、飼い主さんは配慮してあげましょう。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
掲載協力/Instagram(@maroshachooo@910maruo@emma210801@12mugi27
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る