1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬は親やきょうだいのことを認識してる?ちょっと意外な事実が!

犬は親やきょうだいのことを認識してる?ちょっと意外な事実が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちのコは子どもを産んだけど、子どものことを覚えているのかな?」

「愛犬は、きょうだいのことをちゃんと認識していたのかな?」


親やきょうだいと離して愛犬を飼っている人は、こんなふうに思ったこともあるのではないでしょうか? この記事では、そんな素朴な疑問について解説します!

子どもを産んでも、「自分が産んだ子」という認識は早い段階で薄れる

お腹を痛めて産んだ子ども。もちろん親犬は自分の子として認識しているに違いない、と思いたいですが……どうやらちょっと違うのだそう!

母犬は子犬のことを「自分が産み落とした子」として認識していますが、かなり早い段階でそれは薄れてしまうようなのです。

犬はきょうだいのことを「仲間」として認識しているらしい

では、きょうだい同士の関係性についてはどうなのでしょうか?

「一緒に産まれてきたのだから、もちろんきょうだいとして認識しているはず!」

と思いたいのですが……じつは「きょうだい」というよりも「仲間」という感覚のようなのです。

その理由は、子犬は誕生した瞬間から「おっぱいの取り合い」や「遊び」で順位づけが決まるため、きょうだいというより仲間としてとらえているのだそうです。

母犬やきょうだい犬が発情すると、メスから出される発情信号のフェロモンに反応し、交尾をする態勢となります。近親交配を避けるためには、避妊手術や去勢手術を行うか、発情期は部屋を別にするなどして対応をする必要があります。

「きょうだい同士だから、交尾はしない」とはいえないことを、飼い主さんは知っておいてくださいね!


出典/「いぬのきもち」2016年10月号『いぬのきもち秋のオープンキャンパス開校!! DNA・交配・毛色など、犬の不思議をお勉強』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る