1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 愛犬の老いを感じるタイミングは?老いを受け入れともに暮らす

犬と暮らす

UP DATE

愛犬の老いを感じるタイミングは?老いを受け入れともに暮らす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シニア犬と暮らしていると、愛犬の老いを感じるタイミングがあります。

犬の老いは避けられないものですが、飼い主さんが愛犬の老いに気がつき、受け入れることで、シニア犬が過ごしやすくなることもあります。

「犬の老いを感じるきっかけやタイミング」について、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生が解説します。

愛犬の老化を感じるタイミングとは?

愛犬の老いを感じるタイミングは?老いを受け入れともに暮らす いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

シニア期を迎えた犬は、老化によって体の変化やできなくなっていくことが徐々に増えていきます。

例えば、

  • 散歩に行きたがらない

  • 歩くスピードが落ちた

  • 寝ている時間が増えた

  • 音への反応が鈍くなった

  • 白髪が増えてきた

  • 食事を食べるスピードが落ちてきたなど

飼い主さんは、このような体や動きの変化から、愛犬の老いを感じることが多いといわれています。

愛犬の介護をはじめるきっかけとは?

愛犬の老いを感じるタイミングは?老いを受け入れともに暮らす いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「犬の介護が必要になる」ということは、「愛犬にできないことがある」ということです。

  • 足腰が弱ってきた

  • 病気で寝たきりになった

  • 不適切な排泄が増えた

  • 自力で食事ができなくなったなど

飼い主さんは、このような愛犬の様子を見て、手助け(介護)をするきっかけになることもあるでしょう。

愛犬を手助けしてあげたい気持ちが、介護の第一歩でもあるともいえます。

できないことが増えていくシニア犬への接し方は?

できないことが増えていくシニア犬への接し方は? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬の老いを感じたとき、これからどんどんできなくなることも増えていくことも考えられます。

こんなときは「愛犬が赤ちゃん返りをした」と思って接してあげるとよいでしょう。

また、飼い主さんは無理をせず、頑張り過ぎず、介護に疲れたら動物病院やペットシッター、老犬ホームなどを頼ることも大切です。

もし、愛犬の体調に変化があったり、食事の介助方法や日々のお世話の仕方、夜鳴きなどの介護で困ったことがあれば、迷わず獣医師を頼ることも大切です。

愛犬にできないことが増えていく姿を目の当たりにしたり、老いを感じたとき、飼い主さんは寂しい気持ちがあるかもしれません。

しかし、これからやってくる愛犬の老いを受け入れて心の準備をすると、愛犬の介護に余裕を持って取り組めるようにもなります。

愛犬と一緒に過ごすことのできる時間、残された時間を大切にするためにも、シニア犬と暮らす飼い主さんは参考にしてくださいね。

参考文献;犬の気持ち犬の看護・介護・見送り方ガイドより
(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・岡本りさ先生)
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る