1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬の糖尿病~原因、症状、治療法、予防のポイントを解説~

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬の糖尿病~原因、症状、治療法、予防のポイントを解説~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の糖尿病は完治が難しいといわれていますが、早期に発見できれば、うまく付き合っていける病気でもあります。犬の糖尿病の原因や症状・治療法を学ぶことで早期発見につなげ、また生活習慣による予防のポイントを知ることで、病気を未然に防ぎましょう。


目次

犬の糖尿病はどんな病気?

犬の糖尿病の原因とかかりやすい犬の特徴

犬の糖尿病~気になる症状は?~

犬の糖尿病~治療方法は?~

犬の糖尿病~予防のためにできること~

獣医師と相談しながらベストな治療法を見つけよう

犬の糖尿病ってどんな病気?

ご飯を食べる犬

糖尿病とは、膵臓(すいぞう)で作られるインスリンというホルモンが不足したり、うまく利用できず、血液中の糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
インスリンには、血液中の糖を細胞内に取り込む役割があり、不足すると糖が細胞内に吸収されず血液中の糖が異常に増え、余分な糖がオシッコとともに体外に排出されてしまいます。その結果、生きるために必要なエネルギーが体に取り込まれず、さまざまな症状があらわれるのです。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(糖尿病)」

犬の糖尿病の原因とかかりやすい犬の特徴

体重計に乗るパグ

人の糖尿病には、大きく分けて2種類ありますが、犬の原因も近いため、以下のように当てはめて考えることがあります。

Ⅰ型糖尿病

Ⅰ型は、インスリンの分泌量が減少することで起こります。加齢や遺伝、膵炎などの疾患によって、膵臓内でインスリンを生成している細胞が機能しなくなることが原因と考えられています。犬で多いのは、このタイプです。

Ⅱ型糖尿病

Ⅱ型は、膵臓からインスリンが分泌されているにもかかわらず、体がそれをうまく受け取れなくなることで発症します。食べ過ぎや運動不足などが原因となるようです。

糖尿病にかかりやすい犬の特徴

・7才以上の成犬


糖尿病は、一般的に7才以上の成犬がかかりやすい病気といわれています。長年の生活習慣の積み重ねや、加齢によるホルモンの減少などが主な原因です。

・10才以上のメス犬


インスリンのはたらきには女性ホルモンが関係しているといわれ、メスの方がかかりやすい傾向があります。

・肥満の犬


肥満になると、細胞に糖が取り込まれにくくなったり、食べすぎで糖の摂取量が過剰になったりするため、糖尿病の発症率を高めます。また、今のところ肥満ではなくても、散歩量が少ない犬やフードやおやつの量が多い犬は、肥満になりやすいので注意が必要です。

・持病がある


副腎皮質機能亢進症、膵炎などの持病がある犬は、これらの病気の合併症として、糖尿病を発症するケースがあります。

・かかりやすい犬種


基本的にどの犬種でも糖尿病になる可能性はありますが、特にミニチュア・ダックスフンド、ミニチュア・シュナウザー、トイ・プードル、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーなどの犬種はかかりやすい傾向があるようです。

※アニコム損保のデータを参考にしています。

犬の糖尿病~気になる症状は?~

ご飯おいしいね

初期症状

糖尿病の初期症状としては、オシッコの量や回数が増える、水の摂取量が増えるなどの症状が挙げられます。また、よく食べるのにやせている犬も要注意。糖尿病では糖が吸収されないため、空腹感を覚えやすいのですが、食べても体重が減少する場合があります。
ただし、糖尿病は初期症状があらわれにくい病気ともいわれているので、注意してください。

進行しているときの症状

・元気がなくなる


ふだんの快活さがなくなり、ぐったりする、元気がないなどの様子が見られます。

・オシッコの色や臭いが変化する


オシッコ色が薄くなったり、臭いもあまりしなくなります。

・下痢、嘔吐を繰り返す


血液中のケトン体という物質が増加し、嘔吐や下痢などの症状が見られます。

・合併症が起きる


血液中の糖が増えると、網膜の毛細血管が詰まり、網膜症などの合併症を引き起こすことも。そのほか、白内障や視力低下など、深刻な症状を招くケースもあります。

犬の糖尿病~治療方法は?~

糖尿病は、一度かかってしまうと完治が難しい病気です。しかし血糖値をコントロールすることで、症状の悪化を防ぐことができるといわれています。

初期の場合の治療法

初期の糖尿病の場合は、食事療法を行うのが一般的です。血糖値の上昇を抑える食物繊維を多く含むフード(療法食)にするなど、食事の内容や回数・量を獣医師と相談して、血糖値をコントロールします。

進行したときの治療法

糖尿病が進行している場合は、インスリンを注射することで血糖値を安定させます。この場合、正しい注射の方法や回数などを獣医師に指導してもらい、自宅で飼い主さんが愛犬に注射するケースが多いです。
また、このインスリン療法と並行して食事療法を行い、血糖値をコントロールします。

犬の糖尿病~予防のためにできること~

見上げる犬
getty

愛犬を糖尿病にさせないためには、日頃の生活習慣の見直しが重要です。次の4つのポイントを押さえ、糖尿病の予防につなげましょう。

ポイント① 食事に気をつける

肥満は糖尿病の大敵です。肥満にならないためにも、食事には気をつけましょう。犬の体型や体重によって、1日に必要なエネルギー量は違います。愛犬に合っていないフードや、必要以上の量を与えるのはNG。特にシニア犬は、基礎代謝が落ちて運動量も低下するため、1日に必要なエネルギー量が減ります。成犬用フードを与え続けるのではなく、シニア用に切り替えを検討しましょう。

また、愛犬がおねだりしたときに、むやみにおやつや人の食べ物を与えるのも危険です。人にとってはほんの少量でも、犬にとってはカロリーが高く、栄養過多のことも多いので、人の食べ物は犬に与えないようにしてください。

食事量や種類に関して不安な場合は、獣医師に確認してみるといいでしょう。

ポイント② 運動量に気をつける

室内飼いの犬は運動不足になりがちです。犬種などによって運動量の目安は異なりますが、健康な犬なら、大型犬は1回60分以上、小・中型犬なら1回30分を目安に、1日2回は散歩するようにしてください。
もし、悪天候や飼い主さんの体調不良などで散歩に行けないときは、室内で遊んで運動させるようにしましょう。

ポイント③ ストレス解消

日常的にストレスを感じていると、免疫力が下がり、病気を招きやすくなります。人間社会で暮らしていると些細なことがストレスになりがちなので、適度な運動やスキンシップなどで、ストレスをためこませない工夫が大切です。

ポイント④ 定期的に病院に通う

持病がある犬は免疫力が弱まり、別の病気にもなりやすくなります。さらに、糖尿病は膵炎などほかの病気から併発するおそれもあるので、注意が必要です。定期的に獣医師に診てもらい、持病の治療やケアをしましょう。
また、糖尿病は初期症状がわかりにくい病気です。気がついたときには重症化していたというケースもあるので、成犬は年に1回、シニア犬は半年に1回を目安に定期健診を受けるようにするとよいでしょう。

糖尿病は長期にわたる治療が必要な病気ですが、早期発見によって悪化を防ぐことができます。愛犬に気になる症状が見られた場合は、すぐに獣医師に相談してください。
そして食事・運動・ストレスなどに注意することで、愛犬の糖尿病のリスクを軽減できます。日頃の生活習慣に気をつけて、病気の予防につなげましょう。

参考/「いぬのきもち」2012年10月号『生活習慣の見直しで防げる犬の糖尿病』(監修:東京動物医療センター 南直秀先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『病気・症状データベース(糖尿病)』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/松本マユ
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る