1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 肥満・ダイエット
  5. 【獣医師監修】犬の糖尿病の治療と自宅でのケア 主な原因と予防についても

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬の糖尿病の治療と自宅でのケア 主な原因と予防についても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病は完治が難しいといわれていますが、早期に対処すれば上手に付き合っていける病気でもあります。今回は糖尿病の治療法や予防法について、実際に行われたホームケアや通院についてのアンケート結果を紹介しながら解説します。

犬の糖尿病ってどんな病気?

ご飯を食べる犬

糖尿病とは、膵臓(すいぞう)で作られるインスリンというホルモンの不足や機能不全で血液中の糖の濃度(血糖値)が高くなり、それによって引き起こされるさまざまな病態の総称をいいます。※インスリンは体内で血糖値を低下させることのできる唯一のホルモンです。

インスリンは血液中の糖を細胞内に取り込む役割を持ちます。そのためインスリンが不足すると糖が細胞内に取り込まれず血液中に異常に増え、腎臓で再吸収しきれない余分な糖がオシッコとともに体外に排出されてしまいます。その結果、生きるために必要なエネルギーがきちんと体に取り込まれず、さまざまな症状があらわれます。

犬の糖尿病の原因

体重計に乗るパグ

犬の糖尿病には人の糖尿病と同じく、大きく分けて2つのタイプがあるといわれていて、それぞれに以下の原因が考えられます。

Ⅰ型糖尿病

Ⅰ型糖尿病は、すい臓の障害によってひきおこされるインスリン不足が原因で起こります。遺伝や体質とは関係なく発症するといわれています。犬で多いのはこのⅠ型タイプで、インスリンの投与が必要になります。

Ⅱ型糖尿病

Ⅱ型糖尿病は、膵臓からインスリンが分泌されているにもかかわらず、血液にインスリンがあっても体の細胞がそれをうまく受け取れないことで発症します。遺伝との関係が深いといわれ、高脂血症、食べすぎ、肥満などが原因といわれています。インスリンの投与は必ずしも必要ありません。

糖尿病にかかりやすい犬の特徴

シニア犬
Leila Coker/gettyimages

7才以上の成犬、特に10才以上のメス犬

糖尿病は、一般的に7才以上の成犬がかかりやすい病気といわれています。長年の生活習慣の積み重ねや、加齢によるホルモンの減少などが主な原因です。
インスリンのはたらきには女性ホルモンが関係しているため、特にメスの方がかかりやすい傾向があります。

肥満の犬

肥満になると、細胞に糖が取り込まれにくくなったり、食べすぎで糖の摂取量が過剰になったりするため糖尿病の発生率を高めます。また、現在は肥満でなくても、運動量が少ない犬やフードやおやつを過剰に与えている犬は将来、肥満になりやすいので注意が必要です。

持病がある

副腎皮質機能亢進症や膵炎などの持病がある犬は、これらの病気の合併症として糖尿病を発症するケースがあります。

かかりやすいといわれる犬種

基本的にどの犬種でも糖尿病になる可能性はあります。中でも特にミニチュア・ダックスフンド、ミニチュア・シュナウザー、トイ・プードル、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーなどの犬種はほかの犬種と比較して糖尿病の発生率の高いことが報告されています。

※アニコム損保のデータを参考にしています。

犬の糖尿病の症状~初期から重度まで~

ご飯おいしいね

初期症状

糖尿病の初期症状では、オシッコの量や回数が増える、飲水量が増えるなどの症状が挙げられます。また、よく食べるのにやせてきた場合も要注意。糖尿病では、血液中にある糖が細胞に取り込まれないため、食べても細胞にエネルギーが供給されずに体重が減少する場合があります。
ただし、糖尿病は初期症状があらわれにくい病気ともいわれています。

進行しているときの症状

食欲、元気がなくなる

糖尿病が進行するにつれて、食欲不振、食べなくなる、元気がなくなるなどの様子が見られます。

オシッコの色や量が変化する

オシッコの量が多くなって薄くなったりします。なお、進行した糖尿病では尿の臭いが甘く感じることがありますが、臭いだけで診断されることはありません。

下痢、嘔吐を繰り返す

糖尿病が進行すると、エネルギーを代謝するプロセスに変化が起こりケトン体という物質が増加します。ケトン体が血液中に多く存在すると、嘔吐や下痢などの症状が見られます。

合併症が起きる

血液中の糖があまりにも増えると、血管がダメージを受けることがあります。すると細い血管が詰まり、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症などの合併症を引き起こすことも。そのほか、白内障や視力低下などの症状を招くケースもあります。

犬の糖尿病の治療方法について

糖尿病は、一度かかってしまうと完治が難しい病気です。しかし血糖値を適切にコントロールすることで、症状の悪化を防ぐことができるといわれています。

初期の場合の治療法

初期の糖尿病の場合は、食事療法で血糖値を管理するのが一般的です。血糖値の上昇を抑える食物繊維を多く含むフード(療法食)にするなど、食事の内容や回数・量を獣医師と相談して、血糖値をコントロールします。しかし、犬では糖尿病の発見が遅いことから、ほとんどの場合でインスリンの投与が必要になっているのが現状です。

進行している際の治療法

糖尿病が進行している場合は、インスリンを注射することで血糖値をコントロールします。インスリン注射が必要な場合は、正しい注射の方法や回数などを獣医師さんに指導してもらい、自宅で飼い主さんが愛犬に注射するケースがほとんどです。

アンケート結果~糖尿病治療の際に必要になるホームケアとかかる費用~

いぬのきもちアプリで、「犬の糖尿病」に関するアンケート調査を実施したところ、回答をいただいた107名のうち、飼っている犬が糖尿病と診断された経験のある飼い主さんは約8%という結果に。
「自宅で行った糖尿病の治療内容は?」という質問をし、以下のような回答が得られました。※2021年8月実施「いぬのきもちアプリ」内アンケート調査(回答者数107名)

自宅で行うインスリン療法はどのように行った?

犬の糖尿病治療 自宅で行った治療
※2021年8月実施「いぬのきもちアプリ」内アンケート調査(回答者数 107名)
犬の糖尿病に関するアンケート(いぬのきもちWEB MAGAZINE)

この結果のように、糖尿病の実際のホームケアでは、インスリン注射と食事療法がメインになるようです。

糖尿病治療にかかった費用はどのくらい?

犬の糖尿病治療 治療費
※2021年8月実施「いぬのきもちアプリ」内アンケート調査(回答者数 107名)
犬の糖尿病に関するアンケート(いぬのきもちWEB MAGAZINE)

治療費は、約8割の方が20,000円以上という結果になりました。

同様のアンケートでは、実際の通院の頻度についても答えていただきました。

糖尿病になった際の通院の頻度

犬の糖尿病に関連する通院の頻度
※2021年8月実施「いぬのきもちアプリ」内アンケート調査(回答者数 107名)
犬の糖尿病に関するアンケート(いぬのきもちWEB MAGAZINE)

ホームケアをきちんと行えば、通院はおおよそ1か月に1度の飼い主さんが多いという結果になりました。

犬の糖尿病~予防のポイント~

見上げる犬
getty

愛犬を糖尿病にさせないためにも、次の4つのポイントを押さえて糖尿病の予防につなげましょう。

ポイント① 食事に気をつける

肥満は糖尿病の大敵です。肥満にならないためにも、食事には気をつけましょう。それぞれの犬によって、1日に必要なエネルギー量は違います。愛犬に合っていないフードや、必要以上の量を与えないように注意しましょう。特に糖尿病のリスクが高まるシニア犬は、基礎代謝が落ちて運動量も低下するため、1日に必要なエネルギー量が減ります。シニア用フードへの切り替えも検討しましょう。

食事量や種類に関して不安な場合は、獣医師さんに確認してみるといいでしょう。

ポイント② 運動量に気をつける

室内飼いの犬は、環境によっては運動不足になりがちです。犬種などによって運動量の目安は異なりますが、健康な犬なら、大型犬は1回60分以上、小・中型犬なら1回30分、1日2回を目安に散歩するようにしてください。
悪天候や飼い主さんの体調不良などで散歩に行けないときでも、室内でなるべく遊んで体を動かせるようにしましょう。運動によって糖を消費すればインスリンの必要量を減少させることもできるので、一定量の運動は大切です。

ポイント③ ストレス解消

日常的にストレスを感じていると、免疫力が下がり病気を招きやすくなります。適度な運動やスキンシップなどで、ストレスをためこませない工夫が大切です。

ポイント④ 定期的に病院に通う

持病があると、それに関連して別の病気にもなりやすくなります。糖尿病は他の病気から併発するおそれもあるので、持病がある場合は注意が必要です。今は問題がなかったとしても定期的に獣医師さんに診てもらい、持病の治療やケアをしましょう。
また、糖尿病は初期症状がわかりにくい病気です。重症化する前に対処するためにも、成犬は年に1回、シニア犬は半年に1回を目安に定期健診を受けるようにするとよいでしょう。

糖尿病は、場合によっては長期にわたるホームケアが必要な病気ですが、早期発見によって悪化を防ぐことができますし、コントロールがうまくいけば寿命を全うすることができる疾患です。愛犬に気になる症状が見られた場合は、すぐに獣医師さんに相談してください。
そして、日頃の生活習慣に気をつけて、病気の予防につなげましょう。

糖尿病については以下の記事も参考にしてみてください。

参考/「いぬのきもち」2012年10月号『生活習慣の見直しで防げる犬の糖尿病』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/Yoko N
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る