1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬にケージは必要?愛犬が快適に暮らすためのスペースを作る方法!

犬にケージは必要?愛犬が快適に暮らすためのスペースを作る方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のケージは、行動範囲を区切ったり、長時間の留守番をさせる時に便利なアイテム。ケージ内の環境をきちんと整えてあげれば、愛犬に取って居心地のよい空間の完成です!今回は、ケージの効果的な使い方をご紹介します。

愛犬が安心して過ごせる個室を作ろう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬にも個室は必要

「愛犬をケージやサークルなどに入れて飼うのはかわいそうかな」と思う方もいるかもしれません。しかし、ケージやサークルなどでスペースを区切ることは、愛犬が落ち着いて過ごせる環境作りにもつながります。また、誤飲・誤食を防ぐためにも、区切られた環境作りは大切です。

※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ケージの置き場所にも配慮しよう

犬は、外の音や直射日光の影響を受けやすいので、窓際にケージを置くのは避けてください。人の行き来が気にならず、外の刺激を受けにくい、窓やドアから離れた静かな場所に置くと良いでしょう。また、犬は高温多湿が苦手なため、室温は18〜24℃(夏は26℃以下)に、湿度は50〜60%に調整するようにしましょう。

何のためにケージが必要なの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

生活空間を区切って愛犬の安全を守るため

ケージは、愛犬の行動範囲を仕切って管理するために使います。特に子犬は、好奇心が旺盛なので、何でも口にいれてしまったり、舐めたりかじったりしてしまいます。誤飲・誤食などの事故を防ぐためにも、犬がイタズラする余地の無い部屋を整えることが大切です。一度イタズラしたり、かじったりしてしまうと、繰り返してしまうことがあるので、初めから経験させないようにするのがよいでしょう。

なお、若い犬や活発な犬は、ジャンプで柵を乗り越えてしまうことがあるため、天井をつけてあげるとより安心です。

※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

長時間のお留守番にはケージが必要不可欠

短時間の留守番の場合、犬はほとんど寝て過ごすことが多いようですが、8時間以上の留守番になると、起きて過ごす時間も出てきます。長時間外出する際には、排泄したり、眠ったり、歩き回ったりできる、広めのスペースを用意してあげましょう。なお、複数回排泄する場合もあるので、広めのトイレを用意するか、複数置いておけば、そそうのリスクも減るでしょう。

ケージに入れると要求吠えをする場合は?

愛犬がケージの中で吠えていたら、ついつい構いたくなってしまいますよね。しかし、ケージから出したり声をかけたりしてしまうと、「吠えれば構ってもらえる」と学習し、繰り返し吠えるようになってしまいます。

そうならないためには、吠えていても無視し、どうしても鳴きやまない場合は布をかけるなどで暗くしてあげて、落ち着くまで待ちましょう。おとなしくなったら、飼い主さんのタイミングで遊んであげてください。「おとなしくしていれば遊べる」と覚えるように練習することが必要です。

ケージを使ったトイレトレーニングの方法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬を飼うに当たって、必ず通らなければいけないトイレトレーニング。いちどそそうをしてしまうと、繰り返すことがあるため、そそうを経験しないようにサポートしてあげることが大切です。本項では、ケージにトイレシートを敷き詰めて、トイレとして使用する方法をご紹介します。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

まずはハウスとトイレを覚えさせる

子犬は一日20時間くらいを寝て過ごします。休んでいる間は、静かに眠れるようにクレートに布をかけて暗くしてあげましょう。最後の排泄から2〜3時間たったら、犬を抱き上げてトイレケージに入れます。排泄できたらご褒美にフードをあげたり、ケージの外で一緒に遊んであげましょう。一通り遊んだらまたクレートで休ませてください。

もし犬が排泄できなければ、30分〜1時間ほどおいてから、再びトイレに入れてあげます。床のニオイを嗅いだり、そわそわしている時は、排泄のサインの可能性もあるので、トイレに入れてみるとよいでしょう。

自力でトイレまで歩けるよう誘導する

トイレの場所を覚えられたら、次のステップは、愛犬が自分でトイレの中まで歩いて行けるように誘導してみましょう。愛犬の睡眠時間が終わったらクレートのドアを開けて、フードを握りしめた手でトイレ内まで誘導します。慣れてきたらフードを使わなくても、手でトイレを指すだけで自然にトイレに足が向いて、排泄するようになりますよ。

フードがなくても排泄できるようになったら、クレートとトイレを徐々に遠ざけて、どこに置いてもトイレまで自分で歩いて行けるようにします。トイレトレーでの排泄を覚えさせたい場合は、ケージの面を取り外したりして、段々とトレーに慣れさせるとよいでしょう。

ケージを使用してても・・・

脱走しちゃったワンU^エ^U

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ラブラドール・レトリーバーのラックくんのお留守番。帰宅した時の飼い主さんのビックリした顔が目に浮かびますね(笑)天井にも柵がついているケージのようですが、どうやって脱走したのでしょう?!どれだけ対策を施しても、賢い子はすぐに突破してしまいそうですね。

いたずらし放題♪

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

こちらは、お留守番が嫌いなトイ・プードルのベルちゃん。まさかケージの中をめちゃめちゃにしてくれるとは!この悪びれない表情。大物になりそうな予感がします♪

出たいの・・・?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

トイ・プードルのムギくん。初めておうちに来た頃の写真だそうです。お鼻がすっぽり柵にハマってしまっています。ケージから出たいのかな…?こんな風に鼻先を柵から出したり、柵をカミカミするワンちゃんも多いみたいですね。

そこベッドじゃないんだけど・・・笑

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

トイレトレーの上で丸まってくつろいでいるのは、柴犬のさくらちゃん。おしっこもウンチもゲージの外でするためか、トイレトレーが落ち着ける場所になっているみたいです。

さくらちゃんは使っていないようですが、犬は綺麗好きなので、トイレと寝床の空間を仕切れるタイプのケージも便利です。また、壁側にフロアマットを敷き詰めてあるのもいいアイデアですね。立っておしっこをしてしまった時などに、壁が汚れるのを防ぐ効果があります。

愛犬のために快適な環境を整えよう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬が安全に安心して過ごすためには、ケージを使ってお部屋の環境を整えてあげることが大切です。自分だけの快適なスペースを確保してあげれば、ストレスもたまりにくくなりますよ。留守番やトイレトレーニングにもなりますので、ケージを使ったしつけは、早いうちから行っておくのが吉です。

※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

出典/いぬのきもち特別編集「犬との暮らし大事典」、
   「いぬのきもち」2017年5月号『時間別留守番スタイル』(監修:Can! Do! Pet Dog School 代表 西川文二先生 )
   「いぬのきもち獣医相談室」『飼い始め期に知っておくべきQ&A30』
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る