1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の肝臓病ってどんな病気?早期発見するためにはどうしたらいい?

犬の肝臓病ってどんな病気?早期発見するためにはどうしたらいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、病状があらわれにくいとされています。今回は、飼い主さんでもなかなか気づきにくい、犬の肝臓病について解説します。定期的に健康診断を受けることによって、病気の早期発見につながりますよ。

犬の肝臓の役割とは

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

肝臓のはたらき

肝臓は血液を通して集まった多くの栄養素を分解・合成したり、糖をグリコーゲンとして蓄えたりする働きをしており、体内の毒素を分解し無毒化してくれる力も持ち合わせています。そのため、肝臓の機能が衰えてしまうと毒素の分解ができなくなり、栄養素も必要な部分に使われなくなってしまいます。

シニア期になったら特に要注意!

そんな重要な機能をもつ肝臓ですが、特徴的な症状があまりないため、病気の発見が遅れてしまいがちです。動物病院で検査を受け、はじめて肝臓の病気が発見されることも少なくありません。

特にシニア犬の飼い主さんは、愛犬のさまざまな変化を老化症状だと思って見過ごしてしまいがちです。「疲れやすい」「食欲がない」「下痢・軟便が続く」といった症状がある場合は、原因をよく考えてみましょう。もし思い当たる節がなければ、肝臓の病気による症状かもしれません。

犬の肝臓病の種類や特徴

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

慢性肝炎と肝硬変

「慢性肝炎」は、長期にわたる偏食や食品添加物などによって、肝臓に負担がかかることが原因でかかります。初期症状がほぼなく徐々に進行するため、早期発見しずらいのが難点。慢性肝炎が重症化すると「肝硬変」になってしまうことがあるため、できるだけ早期に発見して治療してあげなければいけません。

どんな症状が出る?

肝臓の機能が低下すると代謝の異常がおこり、肝臓で毒素を分解する機能も衰えるため全身に影響がでます。疲れやすくなり、元気がなさそうに見えるのが特徴。また、食欲がなくなったり、下痢・軟便が続いたりすることもあります。ウンチの変化で気づく病気も多くあるため、毎回観察するようにしましょう。

犬の肝臓病の原因は?どんな犬がなりやすいの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

長年の偏った食事

肝臓病は、犬種を問わず疾患の可能性がある病気です。特に肝臓に負担がかかるような食品添加物などの多い食事や栄養の偏った食事を長い間続けると、肝臓病になりやすいと言われています。栄養バランスの取れた、偏りのない食事を心がけましょう。

食べ過ぎによる肥満

食事の摂り過ぎによる肥満も、肝臓病を悪化させる要因となります。特にシニア犬ともなると、散歩などの運動が若い頃に比べて減少します。肥満が原因で引き起こされる病気もあるため、食事でコントロールしてあげることが大切です。もし室内犬なら、シニア犬に合わせたスピードで少し遊んであげるだけでも、カロリー消費につながりますよ。

体内に毒素が侵入

その他にも、心臓病などの循環器障害や、感染症で体に毒素が入ることによって肝臓病にかかることもあります。

肝臓病の予防方法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

早期発見が大切

肝臓の病気は初期症状が出にくいため、飼い主さんが気づくことが難しく、検査で見つかることが多い傾向にあります。定期的に動物病院での健康診断を受けて、肝臓の数値が上がっていないかチェックすることが早期発見につながるでしょう。

なお、肝酵素(血液検査における肝臓の数値)が高いからといって、必ずしも肝臓病と確定されるわけではありません。肝臓病の診断には、血液検査の他にもCT等の精密検査が求められることもあります。もちろん検査にはお金がかかりますので、そういった準備も事前にしておく必要があります。

定期健診のめやす

7才までは年に1回、8才以降は半年に1回、11才ごろからは3〜4ヵ月に1回を目安に、健康状態を診てもらうとよいでしょう。健康診断では、視診・触診・聴診の他にも、血液検査や検便、尿検査などを行い、犬の健康状態をチェックしてくれます。必要に応じてエックス線検査やエコー検査など、さらに詳しい検査をすることもあります。

毎日の食事を見直す

栄養に偏りのない食事を与えることによって、肝臓病だけでなく他の病気の予防にもつながります。肝臓に負担をかけない食事としては、犬に必要な3大栄養素「タンパク質・脂質・炭水化物」をバランスよく食べさせることが大切です。必須アミノ酸が含まれる良質なたんぱく質と消化のよい炭水化物を与え、脂質は摂りすぎないように管理してください。

プラスして、肝機能を助ける働きを持つ「アルギニン」「亜鉛」「ビタミンB群」も与えるようにすると良いでしょう。また、添加物が多く含まれている食事は肝臓に負担がかかるため、添加物ができるだけ含まれていないフードやおやつを選ぶとなお良いですね。

愛犬が肝臓病になってしまったら

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

もしも愛犬が慢性的な肝臓病になってしまった場合は、生涯にわたる治療が求められます。治療とともに、肝臓の機能修復とコントロールをしてくれる食事で栄養管理するのが一般的。多くの場合は、かかりつけの獣医さんの指示に従って飼い主さんが毎日お世話することになります。

日々のお世話の量が増えて大変ですが、病気が悪化しないためにも、じっくり病気とつきあっていく覚悟が必要でしょう。

犬もシニア期になると、体のところどころに不調が出てきます。どんな病気でも、初期段階で治療をはじめ、悪化させないようにする必要があります。愛犬と少しでも長く一緒に過ごすためにも、些細な症状も見逃さず、早めの受診を心がけましょう。

出典/「いぬのきもち」特別編集『7才過ぎても愛犬が元気!でいられる育て方』(監修:ノヤ動物病院院長 野矢雅彦先生)
   「いぬのきもち」『愛犬の栄養学事典』
   いぬのきもち WEB MAGAZINE 獣医師が答えるQ&A(https://pet.benesse.ne.jp/dog/sogojoho/qa/)
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る