1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 健康管理・健康診断
  5. 獣医師監修|犬の肝臓病とは?原因や症状、予防法などについて解説

犬と暮らす

UP DATE

獣医師監修|犬の肝臓病とは?原因や症状、予防法などについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、病状があらわれにくいとされています。今回は、飼い主さんでもなかなか気づきにくい、犬の肝臓病について解説します。定期的に健康診断を受けることによって、病気の早期発見につながりますよ。

この記事の監修

いぬのきもち獣医師相談室

愛犬の困りごとや悩みについてアドバイスをする、「いぬのきもち」獣医師チームです。豊富なアドバイス経験をもとにした丁寧な情報発信を心がけています。誰でも無料でご利用いただけるチャット相談 「ペットケアONLINE」も展開中。
続きを読む

犬の肝臓の役割とは

笑顔の犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

肝臓のはたらき

肝臓は血液を通して集まった多くの栄養素から、体に必要なさまざまな物質を合成したり、体にとって有害になる物質や不要になった物質を体外に排泄できるような形に分解・作り替えたりするなど、犬が生きていくうえで不可欠な役割を担っている大切な臓器です。

たとえば、糖をエネルギー源として利用可能なグリコーゲンに作り替えて蓄える働きや、タンパク質の消化吸収の際に生じる毒性の高いアンモニアの毒素を分解し、毒性の低い物質に作り替えるといった役割があります。

そのため、肝臓の機能が衰えてしまうと、毒素の分解ができなくなったり、必要な部分に栄養素が使われなくなったりするなどして、犬の健康にさまざまな悪影響を与えるようになるのです。

老犬は特に注意が必要

そんな重要な機能をもつ肝臓ですが、その機能が大きく損なわれない限り症状があらわれにくいという特徴があります。また、実際に肝臓の具合が悪くなった際にも、特徴的な症状があまりないため、病気の発見が遅れてしまいがちです。動物病院で詳しく検査を受け、はじめて肝臓の病気が発見されることも少なくありません。

特に老犬の飼い主さんは、愛犬のさまざまな変化を老化症状だと思って見過ごしてしまいがちなので要注意です。たとえば、「疲れやすい」「食欲がない」「下痢・軟便が続く」といった症状がある場合は、原因をよく考えてみましょう。もし思い当たる節がなければ、肝臓の病気による症状かもしれません。

犬の肝臓病の種類や特徴

見上げる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

慢性肝炎(まんせいかんえん)

肝臓が炎症を起こした状態を肝炎といい、慢性肝炎は炎症が長期間持続している状態です。慢性肝炎のほとんどは、原因が特定できない「特発性(とくはつせい)」と呼ばれるものですが、若い犬が発症する場合は遺伝的な要因が疑われることも。

また、ウイルス・細菌によって急性肝炎が引き起こされ、それが後に慢性肝炎に発展するケースや、肝臓への銅の蓄積が原因となるケースも見られます。

肝硬変(かんこうへん)

慢性肝炎が進行すると、肝硬変になることがあります。肝硬変は慢性的な肝臓の炎症によって線維組織が増殖(線維化)し、最終的に肝臓が硬く変質してしまった状態です。

また、肝硬変や重度の慢性肝炎、肝繊維症などによって肝不全の状態になり、肝臓の解毒作用が低下した結果、血液中にアンモニアなどの毒素がたまって脳に悪影響を及ぼす「肝性脳症(かんせいのうしょう)」という症状を起こすことも。肝性脳症は軽度から重度までさまざまな神経症状を引き起こすため、早急に適切な治療が必要な状態といえるでしょう。

犬が肝臓の病気になるとどんな症状が出る?

肝臓の機能が低下すると体内の代謝に異常が生じて、全身に影響が見られます。たとえば、疲れやすくなり、元気がなさそうに見えたりするほか、食欲がなくなったり、下痢・軟便が続いたりすることもあります。
肝障害に限らず、ウンチの変化で気づける病気も少なくありません。日ごろの健康管理として毎回観察するようにしましょう。

また、肝臓の具合がとても悪い際に起こることがある症状としては、皮膚や白目が黄色く見える症状(黄疸)や、尿の色がオレンジ色に見えるほど濃い色になる症状(ビリルビン尿)などがあげれます。ただし、これらは肝臓の具合が悪いときに必ず見られる症状とまではいえないため、やはり日ごろの体調変化をきちんと捉えることがとても大切です。

犬の肝臓病の原因は?

床に伏せる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

長年の偏った食事

肝臓病は、犬種を問わず発症する可能性のある病気です。特に肝臓に負担がかかるような栄養バランスの偏った食事を長い間続けると、肝臓病になりやすいといわれています。犬の主食は栄養バランスの整った「総合栄養食」のなかから、愛犬の体質や年齢に合ったものを与えるようにしましょう。

食べ過ぎによる肥満

肥満は肝臓病を悪化させる要因となります。特に老犬になると、散歩などの運動量が若い頃に比べて減少するので要注意。肥満が原因で引き起こされる病気も多いため、食事量はコントロールしてあげることが大切です。

毒素やウイルス

急性肝炎の場合は、主にウイルス・細菌・寄生虫などによる感染症や、肝毒性のある薬剤・化学物質などによる中毒が原因で起こります。犬に肝毒性のある成分としては、市販の解熱鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェン、キシリトールなどが代表的です。

犬の肝臓病の予防・サプリメントの活用

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

動物病院で定期健診を受ける

肝臓の病気は初期症状が出にくいため、飼い主さんが気づくことが難しく、検査で見つかることが多い傾向にあります。定期的に動物病院での健康診断を受けて、肝臓の数値が上がっていないかチェックすることが早期発見につながるでしょう。

なお、肝酵素(血液検査における肝臓の数値)が高いからといって、必ずしも肝臓病と確定されるわけではありません。肝臓病の診断には、血液検査の他にもCT等の精密検査が求められることもあります。もちろん検査には費用がかかりますので、そういった準備も事前にしておくようにしましょう。

定期健診の頻度

7才までは年に1回、8才以降は半年に1回、11才ごろからは3〜4カ月に1回を目安に、健康状態を診てもらうといいでしょう。健康診断では、視診・触診・聴診の他にも、血液検査や検便、尿検査などを行い、犬の健康状態をチェックしてくれます。必要に応じてエックス線検査やエコー検査など、さらに詳しい検査をすることもあります。

栄養バランスに優れた食事

栄養に偏りのない食事を与えることは、さまざまな病気の予防につながります。肝臓に負担をかけない食事としては、犬に必要な3大栄養素「タンパク質・脂質・炭水化物」をバランスよく食べさせることが大切です。
その点からも、犬の主食は栄養バランスの整った「総合栄養食」のなかから、愛犬の体質や年齢に合ったものを与えましょう。おやつの食べすぎにも注意が必要です。必須アミノ酸が含まれる良質なたんぱく質と消化のよい炭水化物を与え、脂質は摂りすぎないように管理してください。

サプリメントを取り入れるのも手

食事にプラスして、肝機能をサポートするサプリメントを与えるのもひとつの手です。「アルギニン」「亜鉛」「ビタミンB群」などの成分が含まれたものを選ぶといいでしょう。

愛犬が肝臓病になってしまったら

一点を見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

もしも愛犬が慢性的な肝臓病になってしまったら、生涯にわたる治療が求められます。またこの場合、投薬治療とともに、肝臓の機能修復とコントロールをしてくれる食事(療法食)で栄養管理するのが一般的です。
かかりつけの獣医師の指示に従って、飼い主さんが毎日お世話をすることになるでしょう。

日々のお世話の量が増えて大変ですが、病気が悪化しないためにも、じっくり病気とつきあっていく覚悟が必要です。

犬も老犬期になると、体のところどころに不調が出てきます。どんな病気でも、初期段階で治療をはじめ、悪化させないようにする必要があります。愛犬と少しでも長く一緒に過ごすためにも、些細な症状も見逃さず、早めの受診を心がけましょう。

参考/「いぬのきもち」特別編集『7才過ぎても愛犬が元気!でいられる育て方』
   「いぬのきもち」『愛犬の栄養学事典』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る