1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【抱き方の画像つき】犬の抱っこの重要性とは?お悩み解決グッズも

【抱き方の画像つき】犬の抱っこの重要性とは?お悩み解決グッズも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を飼っていると、抱っこしなければならない場面は多くあるでしょう。今回は、犬を抱っこすることの重要性や愛犬とのキズナテスト、わがままにしない抱っこ方法や安定させる抱っこのコツ、さらに抱っこのお悩み解消グッズまでご紹介していきます。

抱っこしたときの愛犬の反応は?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬とコミュケーションをとる方法として、日常的に行うのが「抱っこ」ですよね。かわいい愛犬を胸に抱いているときは、飼い主さんにとっても愛犬にとっても至福の時間でしょう。

日常生活の中では、そういったスキンシップ目的だけでなく、愛犬を抱っこせざるを得ない場面もありますよね。人混みや危険な道を通過するときや、病院やサロンで台へ乗せるとき、ケガをして動けない犬を移動させるときなどでしょうか。怖がっている愛犬を安心させるためにも、抱っこは有効な手段です。

このように、抱っこはかわいがる意図だけでなく、危険回避や移動時など、さまざまな場面で活躍します。しかし、中には抱っこを嫌がる犬もいるでしょう。それは、飼い主さんの抱っこ方法に問題があったり、愛犬との間にキズナが生まれていなかったりすることが原因かもしれません。まずは、愛犬との仲がどれだけいいかテストしてみましょう。

キズナテスト:愛犬を抱っこしようとすると?

お腹がいっぱいで満足しているときや、楽しいお散歩で充実感いっぱいといった、愛犬の機嫌が良いときに、かがんで愛犬を抱っこしてみましょう。犬の様子はいかがでしたか?

1. 抱こうとすると逃げる
2. 大人しく抱っこできる
3. イヤそうにバタバタ暴れる

このテストで愛犬とのキズナが一番強いことが分かるのは、もちろん「2」の反応です。大好きな飼い主さんとのふれ合いは、犬にとってとても嬉しいことです。大人しく身を預けてくれるのは、飼い主さんとのキズナが構築されているからといえるでしょう。

しかし愛犬が「1」や「3」の行動をとるようなら、信頼関係が成り立っていないかもしれません。もしくは飼い主さんが安定した抱っこをしないなど、抱っこされること自体に良いイメージを持っていない場合も。そんな関係性だとしても、抱っこをする必要はあるのでしょうか?

抱っこすることの重要性

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

先述したように、抱っこはコミュケーションをとるときだけでなく、危険回避や移動時に役立ちます。

・動物病院やサロンで安心させたいときや、診察台にあげるとき
・人混みや交通量の多い道で、犬を歩かせることが危険なとき
・さんぽ中に他の犬とトラブルになりそうなとき
・水たまりやぬかるみ、熱くなったアスファルトの上を通りたいとき
・災害避難時や避難場所で犬をセーブしておかなければいけないとき
・ペット抱きかかえ入店OK!のお店へ行きたいとき

など、犬を安全に抱っこできれば、いろいろなシーンで役立ちます。

わがままにする抱っこはNG

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

抱っこをされることを嫌う犬もいれば、抱っこをせがむ犬もいます。散歩中、足に飛びつくように抱っこをねだってきたり、家事の最中にひざに乗ってきたりする犬もいるでしょう。かわいい顔をしておねだりするようにせがんでくるので、ついつい抱っこをしてしまいますよね。

しかし、その欲求にこたえ続けていると、わがままな性格に育ってしまうこともあります。抱っこを求めるときの犬の気持ちは、飼い主さんへ甘えや依存、欲求の解消を求めています。飼い主さんが欲求にこたえ続けることで、犬は「飼い主さんは何でもいう事をきいてくれる」と勘違いし、お腹がすいたときや遊んでほしいとき、そして散歩に行きたいときなどにその欲求が満たされないと、「なぜ?」と混乱してしまい、無駄吠えや攻撃行動へとつながる危険性もあります。

そのような問題行動へとつなげないためには、愛犬が怖い思いや不安な気持ちを抱えているときなど「抱っこが必要」と判断したとき以外は、抱っこを我慢させることも必要です。抱っこをせがんだときは、オスワリのコマンドを出して、できたら褒めるなど気をそらす工夫をしてみましょう。愛犬をわがままに育てないためにも、我慢を覚えさせることは重要なしつけなのです。

正しい抱っこは安定した抱っこ

小型犬の抱っこ方法

Step1:かがみ込み、犬の体の側面から片手を犬のお腹の下へくぐらせます。

Step2:もう片方の手を犬の股の間から、お腹の方へくぐらせて支えます。

Step3:犬の胸辺りを抱えるようにしながら、ゆっくり立ち上がり体勢を整えます。このときはできるだけ、犬の体が地面と平行になるように抱っこしましょう。

Step4:犬を抱きあげたら脇を締め、犬と体を密着させるようにして抱き寄せます。前足側を支えている腕を犬の背中に回すようにすると、安定して抱っこできますよ。

中型犬の抱っこ方法

Step1:犬の側面で立てひざの体勢をとります。そして、前足の後ろあたりに片手を添えます。

Step2:前足の後ろ部分に添えた手で犬の胸元を抱えながら、もう片方の手でお尻から太ももにかけて支えるように抱きかかえます。

Step3:その状態で一度体を起こし、片ひざをついたまま背筋を伸ばします。この順序で抱っこしていくと重心が腰にかからず、重さがある中型犬でも比較的楽に抱っこすることができるでしょう。

Step4:そのままスッと立ち上がり、犬の体を引き寄せます。片手を胸辺りから背中へ、もう片方の手はお尻あたりに添えてしっかりと支えてあげると、犬も安心できる安定した抱っこになります。

体がツライあなたに!抱っこお悩み解決グッズを紹介

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬を抱っこしたくても、体がツライ。そんなときには、お助けグッズを利用してみてはいかがでしょうか?

スリング

人の赤ちゃんを抱える際に利用されているスリングは、犬用も販売されてます。犬用スリングは、肩から斜めがけする抱っこひものようなもの。犬は飼い主さんと体を密着させているため安心し、飼い主さんは犬を抱えながらも両手が使えるというメリットがあります。デメリットは、片側の肩に重さがかかってしまう点。体重が軽い小型犬向きですね。

リュック

スリングと同じように、飼い主さんと密着することで犬は安心を得られ、飼い主さんも両手が自由に使えます。リュックタイプの一番のメリットは、両肩で犬の体重を支えられるということ。中型犬ならこのタイプがおすすめですね。デメリットとしては、スリングのように小さくたためないこと。必要がなくなっても、その形状のまま持ち運ぶことになります。

カート

カートは高齢犬の飼い主さんや、多頭飼いをしている飼い主さんにおすすめです。カートに犬を乗せて出かけられるので、遠出をする際に重宝するでしょう。しかし段差や狭い場所では、扱いが難しいかもしれません。

正しい姿勢で抱っこをすれば犬も嫌な思いをせず、安心して身を任せてくれるでしょう。抱っこは飼い主さんとのスキンシップに役立つものです。メリハリを付け、正しく抱っこをしてください。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「愛犬を抱っこすると、免疫力が向上し信頼関係もアップ!「正しい抱っこ」と「間違った抱っこ」」

参考/『いぬのきもち』2016年7月号「もっとイイ関係を築ける方法も伝授 愛犬との絆を試す10のテストをやってみて!」(監修:戸田美由紀先生)
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「愛犬が落ち着くなで方&抱っこ<小型犬の抱っこの仕方><中型犬の抱っこの仕方>」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る