1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の椎間板ヘルニアの治療法は?原因に予防法、治療法〜抱っこの仕方まで

犬の椎間板ヘルニアの治療法は?原因に予防法、治療法〜抱っこの仕方まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が椎間板ヘルニアになってしまった!そんなとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。今回は、愛犬が椎間板ヘルニアになったときの症状や進行状況、そもそもの原因や飼い主さんのできる予防法、抱っこの仕方から治療法などについて解説します。

椎間板ヘルニアとは

ヘルニアMRI写真

背骨の間の椎間板が脊髄を圧迫した状態

背骨(椎間)と背骨の間には、クッションの機能を持つ「椎間板」というものがあります。その椎間板の中身が何らかの衝撃などで脊髄が通っている空間に飛び出してしまい、脊髄を圧迫することで起こるのが「椎間板ヘルニア」です。

上の写真は、椎間板ヘルニアの患部のMRI写真です。写真中央にあるアルファベットの「T」のように見える部分が、椎間板から内容物が飛び出している箇所。このように飛び出した内容物が脊髄を圧迫することで、圧迫された部分やその周辺で痛みが生じたり、圧迫された箇所よりも後方で麻痺が生じることがあります。

ヘルニアが疑われる主な症状

では、どんな症状が出ると椎間板ヘルニアの疑いがあるのでしょうか。普段と違う様子としては、まず歩き方がおかしくなることが挙げられます。いつもはスムーズに歩けていたのに、まっすぐに歩けずよろよろとしたり、歩くスピードがゆっくりになったりします。

さらに、それまでボール遊びや散歩など身体を動かすことが好きだった犬でも、急にそれらを嫌がるようになります。椎間板ヘルニアによる痛みが一因となっているのかもしれません。

「歩くのが遅くなる」「運動を嫌がる」といった症状を通り越し、脚を引きずってみたりうまく動かせず立ち上がれなくなったりすることもあります。これはヘルニアの症状がかなり進行して、麻痺を起こしている可能性があります。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(椎間板ヘルニア)」

ヘルニアの症状5段階

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

椎間板ヘルニアはその症状により、以下の5つのグレードに分類されます。
なお、病変部が頚椎の場合は四肢麻痺(前肢後肢の麻痺)を起こすことがありますので、腰椎での椎間板ヘルニアの症状に限りませんので注意が必要です。

グレード1

脊椎に強い痛みを感じるため、動いたり触られたりするのを嫌がります。前述したように、好きだった散歩や遊びを嫌がるようになり、ジャンプや階段の上り下りなどが困難になります。

グレード2

歩行はできるものの、脊椎が圧迫されることで麻痺が起こり、病変部より後ろにある足の力が入りにくくなります。そのため、後ろ足を引きずりながら歩くようなことも。

グレード3

麻痺した足を引きずりながら歩くこともできなくなり、自分の力で体を自由に動かすこと自体ができなくなります。このような場合、前足だけで体を引きずるようになってしまう犬もいます。

グレード4

体の自由がさらに奪われ、足や腰が動かなくなるだけではなく、排泄のコントロールもできなくなります。そのためオシッコも自分の力ではどうにもならず膀胱には常に尿がたまった状態になり、少量ずつずっと垂れ流すような状態になります。

グレード5

椎間板ヘルニアの中でも深刻な状態です。この段階にあると、痛みを感じる感覚の一番深くにある部分まで機能を失い、後ろ足をさわったりつかんだりしても何も感じられなくなってしまいます。

ヘルニアの主な原因

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

リラックス状態からの激しい動き

それではどのようなことが原因で、ヘルニアになってしまうのでしょうか。原因の1つに「リラックス状態からの激しい動き」が挙げられます。犬は、眠っているときやリラックスしているとき、体の力が抜けています。そのような脱力状態のときから何らかに反応し、急に飛び起きると、ヘルニアの原因となることがあります。

たとえば来客のチャイムに驚いて、急激に起き上がるときなど。愛犬に吠えグセがあったり、興奮しやすかったりする場合には注意が必要です。

比較的ヘルニアになりやすいといわれる犬種

いわゆる「胴長短足」の犬種や軟骨異栄養症を元々持っている犬種に起こりやすいといわれています。具体的には、ミニチュア・ダックスフンドやウェルシュ・コーギー・ペンブローク、シー・ズー、ビーグル、ペキニーズなどです。ただし、それ以外の犬種にヘルニアが起こらないというわけではありませんので注意は必要。胴が長い犬種は元々の体質に加えて椎間板に負担がかかりやすい体型をしているため、特に気をつけたほうがいいでしょう。

もしヘルニアになってしまったら

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬がもしヘルニアになってしまったら、どのような治療があるのでしょうか。体を切らない内科的な治療法と、手術が必要な外科的治療があります。

手術をしない、内科的な治療法

椎間板自体を元に戻すというよりは、ヘルニアによる愛犬の痛みを少なくし、さらに脊椎にかかる負担を軽くすることで、機能の回復を図るという治療法です。内科的な治療法では、炎症を抑える薬や痛み止めなどを使い、安静に過ごすことが重要視されます。

ヘルニアの可能性がある症状が見られたら、早めに獣医師さんに相談しましょう。重症化する前であれば、内科的な治療をしながら重症化を防ぐことができるかもしれません。

手術が必要な、外科的な治療法

飛び出してしまった椎間板物質を手術で取り除く治療法です。ヘルニアが重症な場合は、なるべく早めに受けることが望まれます。

ただし手術をしたら必ず完治するというわけではなく、傷ついた神経の機能がそのまま回復しなかったり、症状が改善せずに足を引きずる歩き方が変わらなかったりといったケースもあります。

ヘルニア予防のために気をつけたいこと

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬の足腰に負担が少ない飼育環境

ツルツルと滑るフローリングの床は、愛犬が足腰を痛めやすい一因となります。滑り止めとクッション性の観点から、愛犬が良く歩く場所には必要に応じてマットを敷いてあげましょう。

抱っこは正しい抱き方で

愛犬のわきの下を抱えて後ろ足で立たせるような姿勢で持ち上げる…といったことをしていませんか?それでは愛犬の腰に負担をかけてしまいます。抱っこをされているときの愛犬の姿勢は、背中(脊椎)が地面となるべく平行になるようにしましょう。片手は愛犬の胸の前あたりで支え、もう片方の手や腕で腰を支えます。ひざにのせるときは、愛犬が暴れて飛び降りたりしないよう注意しましょう。

体重管理で肥満を防ぐ

肥満体型は、足腰に負担をかけます。一般的には、愛犬の背中に手を当てて背骨が確認できなければ肥満を疑いましょう。ただし個体差もありますので、肥満かどうかは獣医師さんに相談し、必要があればダイエットをしたほうが良い場合があります。

骨&関節ケアでヘルニアを防ごう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

骨と関節が丈夫であることが、愛犬の健康な体作りにつながります。そのためには、毎日の散歩がとても重要。日々の散歩で骨と関節が強くなることで運動量が増え、足腰の負担の原因となる肥満を防ぐこともできます。また、良く運動することで胃腸の働きもよくなり、体の中から元気がうまれやすくなります。

愛犬に痛い思いをさせてしまうのは、飼い主さんにとってつらいもの。普段からできる対策をして、ヘルニアにさせないような工夫をしましょう。もし愛犬の体の動きがいつもと違って少し変だと思ったら、できるだけ早めに獣医師さんに相談してくださいね。

参考/『いぬのきもち』2016年9月号「獣医師が今、伝えたい犬の病気」(監修:奥野征一先生)
    『いぬのきもち』2016年11月号『骨&関節ケアの簡単レッスン』(監修:佐々木彩子先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/kate
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る