1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬が震える原因は寒さだけじゃない! 病気が疑われるケースも…?

犬が震える原因は寒さだけじゃない! 病気が疑われるケースも…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、愛犬が震える姿を見たことがありますか? 

いぬのきもち獣医師相談室の先生によると、犬が震える原因は寒さによるものだけでなく、病気が疑われるケースもあるのだとか!

犬はどんなときに震えるもの?

Getty

犬も震えることがあります。震える理由として、考えられるのは……

  • 寒さによるもの

  • 恐怖や警戒心を感じたとき

  • 痛みを感じたとき

  • ストレス

  • 老齢によるもの



などが挙げられます。

老犬に見られる震えとは

老齢によるものは「老齢性振戦」といい、虚弱以外は問題のない老犬における後ろ足の震えのこと。特に立ち上がったときに見られ、運動時に悪化する傾向があります。

しかし、老犬は病気の場合も考えられるので、ほかの問題がないかどうかは、チェックしておいたほうがよいでしょう。

理由もないのに震えることも

犬によっては、「震えていたら飼い主さんが優しくしてくれた」といったように、「飼い主さんにかまってもらえる」と感じてしまい、理由もないのに震えたりすることもあります。

震えで病気が疑われる場合も…

Getty

病的なものとしては、小脳の問題や毒物の摂取、低血糖や低カルシウム血症などでも、震えが起こることがあります。

また、椎間板ヘルニアなどの痛みを伴う疾患でも震えます。

白い小型犬に原因不明の震えも……?

Getty

ほかにも若く、主に小型犬の白い犬(マルチーズ、ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアなど)において、まだ原因は不明ですが、震えが認められることが知られています。

ふだんと様子が違う場合は、動物病院で受診を

上記のように病的な震えも存在するため、寒い、痛いなどの明らかな原因がないのに、

  • 全身が強く震える

  • 意識の低下

  • 震えがどんどんひどくなる


などといった、ふだんとは違う状況がある場合は、動物病院を受診しましょう。 

愛犬が震えているときの対処法

Getty

「日常的にたまに少し震える」「日常的な生活には支障がない」といったものであれば、様子をみることで問題ないことがほとんどです。

もし震えが心配なときは……

  • どのようなときに震えるのか

  • どのくらい続くのか

  • どの部分が震えるのか


などをメモしておくとよいと思います。また、動画などをとっておくと動物病院で相談しやすいです。

Getty

犬が震えるのには、さまざまな理由があるようです。もし、愛犬にふだんと違った様子が見られる場合は、早めに獣医師に相談するようにしましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る