1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬が吐いたときの対処法 吐しゃ物の色と犬の様子からわかる動物病院に行くべき症状と原因|いぬのきもち

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬が吐いたときの対処法 吐しゃ物の色と犬の様子からわかる動物病院に行くべき症状と原因|いぬのきもち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は吐きやすい生き物といわれます。ですが、「いつものことだから」と飼い主さんが油断していると、命にかかわる病気を見逃してしまうかもしれません。今回は愛犬が吐いたときの、吐しゃ物の色や吐いたあとの犬の様子からわかる原因や、緊急を要する症状について解説します。


監修/石田陽子先生 (石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長)

吐いたものの色と考えられる原因は?

画像/iStock、Getty Images Plus

犬が嘔吐したときは、何をいつから吐いたか、繰り返して吐いているか、何色か、嘔吐のほかに異変はないかをよく観察することが大切。犬が吐いたものの色がわかる写真を撮っておいて獣医師に見せると、原因の特定が早まり適切な治療につながります。


吐しゃ物の色考えられる原因
茶色・未消化のフードを吐いている・食べたものに血液が混ざって茶色くなっている
ピンク色または赤色・口の中や食道、胃、腫瘍などからの出血の可能性が
濃い赤色または
赤黒い、黒い色
・胃潰瘍や腫瘍、胃の粘膜からの出血などの可能性が
黄色、緑色・空腹などによって胆汁が逆流した・胃腸の働きが悪くなって泡状の胆汁を出した
透明、白い色・水の飲みすぎや空腹、ストレス、胃酸過多、逆流性食道炎など

シーン別 愛犬が吐いたとき、こんな理由が考えられます

犬が吐くときは早食いやアレルギー、ストレス、病気などさまざまな理由があります。ここではその中でもとくに見られやすい吐く原因を解説。犬が吐くタイミングや吐しゃ物を、
しっかり見極めて対処しましょう。

原因1 早食いによるもの

食べ物を一気に食べる癖がある犬は、消化が追いつかず、食後に嘔吐することがあります。
愛犬に早食いの傾向があるなら、フードの粒の形状や大きさを変えて与える、食事の1回分の量を減らして少量を数回に分けて与える、消化しやすいようにふやかして与えるなどの工夫をするといいでしょう。そのほかにも食べるスピードを遅くする、早食い防止対策の食器を利用して、一気に食べないようにさせることも効果的です。

原因2 フードや食材が合わない

ある特定のフードや食材、サプリメントを与えた際にだけ嘔吐する場合がこれにあたります。初めて与えたときだけでなく、これまでは問題なかったフードでも、加齢や体調によって、嘔吐することも。犬が食物アレルギーを引き起こす食材はさまざまですが、代表的なものは下記になります。

□小麦などの穀物類
□乳や牛乳
□鶏肉や牛肉などの肉類
□大豆
□卵
□きゅうり、すいか、りんご、バナナ


また、アレルギーを起こす食材は1つとは限りません。食物アレルギーと思われる症状が出たときは、最近与えたフードや食材、サプリメントをメモしておき、疑いのある原料について獣医師に相談してみましょう。その際、食物アレルギーの血液検査を行うなどするといいでしょう。その後、疑いのある原料が入っていない、フードやおやつを選んで、6~8週間与えて様子を見るといいでしょう。

原因3 車慣れしていない犬を車に乗せた

乗り物が苦手な犬は、緊張や不安のストレスで、車の移動のたびに吐いてしまうことも。車に乗る直前は食事や水を与えない、少し運動させてストレス発散後に車へ乗せる、ウンチとオシッコをさせてから車に乗せる、途中でこまめに休憩を入れながら走行する、などの方法で対処しましょう。
乗り物酔いが原因だと明確にわかっているような場合には、事前に動物病院で相談して酔い止めを処方してもらっておくといいですね。

原因4 朝ごはんの前に空腹で

愛犬が朝になると黄色を帯びた液体や泡状のものを吐くというシーンがよく見受けられます。吐いたものの色が黄色や緑色なら胆汁が含まれているという意味。それは空腹のために胃液に胆汁が混ざって嘔吐しているからです。愛犬が元気でごはんをしっかり食べていて、便や尿に異常がなければ、あまり心配する必要はありません。毎朝繰り返すといった場合は、朝ごはんの時間を早くするか、夜ごはんの時間を遅めにする、食事の量を減らして回数を増やす、間食や少量の夜食を与えるなどの対応をすると、嘔吐の予防につながります。

緊急性の高い嘔吐

愛犬が急に吐いたとき、飼い主さんはすぐに動物病院に連れて行くべきか判断が難しいもの。犬が嘔吐のほかに痙攣(けいれん)や震えを起こしている、ぐったりしていて意識がない、誤食したなど、緊急性の高い嘔吐については飼い主さんが知っておくことで、早期発見につながることも。場合によっては開腹手術などが必要になることもあるので、下記のような様子が見られたら、すぐに動物病院へ向かうようにしましょう。

下痢を伴った嘔吐を繰り返す場合

愛犬が下痢を伴った嘔吐を繰り返す場合は、胃腸炎や大腸炎、膵炎(すいえん)といった内臓系の病気や、ウイルス性疾患などが疑われます。ウイルス性疾患の中でも、コロナウイルス腸炎、レプトスピラ症、パルボウイルス腸炎は、感染すると嘔吐の症状が見られます。下痢と嘔吐が見られる感染症の中でも、とくに緊急性の高いものが「パルボウイルス腸炎」で、最悪の場合は、1〜2日で死に至ることもあります。これらは子犬に多い病気で、ワクチン接種で予防できる感染症ですが、ワクチン接種をしていない子犬で嘔吐やトマトケチャップのような便が出たら、すぐに動物病院で受診してください。

愛犬が吐いたあとぐったりしている

愛犬が吐いたあと、明らかにぐったりしている場合は、緊急性が高い可能性が。とくに胃拡張や胃捻転症候群は、そのまま放置すると倒れて動けなくなり、内臓の壊死(えし)や多臓器不全で死に至る危険な病気です。
嘔吐を繰り返して愛犬に元気や食欲がない場合は、発熱していることもあります。いつも元気な犬がぐったりしているときは、どこかに異常がある可能性が高いので、なるべく早く動物病院で診察を受けましょう。
また、多頭飼いをしている環境だと、ほかの犬たちも同じ症状に見舞われる可能性がありますから、急いで獣医師の診断を受けましょう。

誤食による中毒の可能性がある場合

ネギ類、チョコレート、タバコなどの中毒を起こすものを誤食して吐いていると、明らかにわかっている場合は、すぐに吐き出させたほうがいいことも。誤食の量によっては一刻を争う危険な状況ですので、すぐに動物病院に連絡して指示に従いましょう。

吐いたものに血が混ざっている場合

吐いたものに明らかに血液が混ざっている場合はすぐに動物病院へ。口の中や食道、胃、そのほかの内臓からの出血や、腫瘍による出血などの可能性があります。

水を飲んでも吐く場合

フードを食べていないのに、水を飲んでも吐く場合には、消化管が閉塞している場合や、胃捻転の可能性があります。命にかかわる危険な状態ですから、一刻も早く獣医師による適切な処置が必要です。

愛犬が吐いたときは自己判断せず動物病院へ!

犬の嘔吐は、状況によっては危険を伴うことも考えられ、今回解説したほかにも腎臓や肝臓、膵臓の病気で吐くことがあります。愛犬の様子をよく観察し、いつもと様子が違う場合は早めに動物病院で受診しましょう。


監修/石田陽子先生
獣医師。川崎市の石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長。
主に歯科・歯周外科診療と行動カウンセリングを行う。
愛犬は和音くん(オス・11才/4.7kg/ミニチュア・ダックスフンド)

石田ようこ犬と猫の歯科クリニック

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る