1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の嘔吐についてのまとめ~原因、症状、対処法、予防策

犬の嘔吐についてのまとめ~原因、症状、対処法、予防策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が突然吐いてしまったとき、病気かな?と慌ててしまいますよね。犬には比較的良く吐く動物ですので、すぐに慌てる必要はありませんが、病気が原因で吐くこともあります。嘔吐物がどんなものなのかを見て、病院に連れて行った方がいいのか判断しましょう。

1. 犬が嘔吐する2つの原因

犬の嘔吐、2つの原因

犬は比較的良く吐く動物ですので、吐いたからといってすぐに慌てる必要はありませんが、中には病気が原因で吐いていることがありますので、しっかり見極めて対処をする必要があります。吐くという行為は大きく2つに分けられます。

ひとつが「未消化のものを吐く、吐き出し」というもの。そしてもうひとつが「消化物を吐く嘔吐」というもの。この2つは、原因や対処法もそれぞれ異なります。

一時的な要因による場合

・空腹時に胃液を吐く。
・空腹時に早食いをすることにより、未消化のものを吐き出す(消化不良)
・食べ過ぎ
・散歩中に草などを食べた後に吐く
・環境の変化等によるストレス
・フードが合わない(食物アレルギー、粒のサイズ)
・乗り物酔い
・異物誤飲(中毒)

病気が原因となる嘔吐

・膵炎
・胃炎
・胃拡張・胃捻転
・肝疾患(肝炎、肝癌、肝不全)
・腎疾患(腎不全)
・腫瘍(癌)
・ウイルス性疾患、細菌性疾患などの感染症、寄生虫

2. 様子見で良い嘔吐

犬が吐いたからといってすぐに慌てる必要はありません。基本的に吐いた後に元気があり、食欲もあるようであれば、しばらく様子を見ても大丈夫だと考えられるでしょう。様子を見ても大丈夫な嘔吐として良く見られるのは、空腹時に胃液を吐くという行為です。これは空腹が長時間続くことにより、胆汁が胃に逆流してしまい嘔吐してしまうことが原因で起こります。このような嘔吐は過剰に心配をする必要はありませんが、あまりに頻繁に見られるような場合には吐かなくなるように対処をする必要があります。

犬には自分で自分の胃をきれいにしようとする野生の本能があり、散歩中に草を食べて吐くような場合には、このような本能から嘔吐している可能性があります。吐いた後も元気なようであればしばらく様子を見て大丈夫でしょう。

また、あまりに食べる勢いが良すぎるような犬では、食後すぐに吐き出してしまうようなことがあり、吐き出したものをすぐにまた食べようとすることがあります。このような吐き出しは様子を見ても大丈夫です。

その他、乗り物酔いやストレスなど、嘔吐の原因が明確に分かっているような場合には、吐いた後しばらく元気がないかもしれませんので、なるべく刺激を減らすようにしてしばらく様子を見てあげましょう。

3. 病気の可能性がある嘔吐とその判断方法

吐いた後に元気や食欲がない、繰り返し吐き続けるような場合

吐いた後に元気や食欲がないような場合、繰り返し吐き続けるような場合には、病気が原因の嘔吐の可能性が高いので、なるべく早く動物病院を受診しましょう。人間の薬や中毒を起こす可能性のあるようなものを誤飲したり、おもちゃなど食べてはいけないようなものを食べた可能性が少しでも考えられるような場合には、命に関わることもありますので、一刻も早く適切な処置が必要になります。

吐いたものに血が混ざっているような場合

吐いたものに血が混ざっているような場合には、胃や食道からの出血、腫瘍などの可能性がありますので、持参できるようであれば吐瀉物を持って行ったり、写真などを撮っておくと病院で症状が伝わりやすくなります。

水を飲んでも吐くような場合

水を飲んでも吐くような場合には、消化管などが閉塞していたり、胃捻転を起こしている可能性があり、命に関わることがありますので一刻も早く適切な処置が必要です。

高齢の場合

高齢になり、明らかな食欲不振などはないが、なんとなく食欲が落ちた、吐く回数が増えた、体重が減ってきた、など少しでも気になることがあれば、病気の早期発見の為に、動物病院に相談してみると良いかもしれません。

いずれの場合にも、嘔吐はあまり様子を見過ぎずに少しでも様子がおかしいと思ったり、心配な場合には早めに動物病院を受診することをおすすめします。

4. 犬の嘔吐の対処法・予防策

空腹時に胃液を吐く場合

空腹時に胃液を吐くことは良く見られることですが、あまりに頻繁に見られるような場合には、食餌の量や給餌時間などを見直したり、満腹感の維持ができるような繊維質の多いフードへ変更してみるなどの対処を検討してみましょう。
早食いで吐くような場合には、食べるスピードを減らす工夫のあるようなお皿などを利用してみるのもいいかもしれません。

乗り物酔いが原因の場合

乗り物酔いが原因だと明確に分かっているような場合には、事前に動物病院で相談して薬を処方をしてもらっておくと、嘔吐を予防することができるので安心です。

フードが原因の場合

あるフードでだけ嘔吐をするような場合には、食物アレルギーなどが原因による嘔吐の可能性がありますので、与えたフードを控えておいて、原料の確認ができるようにしておいて違う原料のフードを選ぶようにしましょう。また、フードの粒のサイズが体質と合っておらず、消化不良を起こしたり、早く消化しすぎたりすることによって嘔吐してしまうこともあります。

フードに関する嘔吐は自宅での対応がある程度可能なものもありますが、しばらく対応してもあまり改善が見られないような場合には動物病院に相談してみることがおすすめです。

異物誤飲が原因の場合

異物誤飲も良く見られる嘔吐の原因のひとつです。犬の届く範囲に食べてはいけないものを置かないようにしたり、おもちゃをすぐに壊してしまうようなタイプの子では、おもちゃを出しっ放しにせずに遊び終わったら片付けるようにするなど、誤飲をしてしまわないような環境作りがとても重要です。

異物誤飲は飼い主の責任であることをしっかりと認識をして誤飲防止に努めましよう。

この記事は、いぬのきもち相談室の獣医師が執筆しています。

【いぬのきもち相談室とは】

獣医師・しつけトレーナーなど専門家監修のもとに、飼い主さんの“知りたい”にこたえる犬のこと総合誌「いぬのきもち」の購読者が利用できるサービスです。
経験豊富な獣医師が愛犬の状況・症状に合わせて的確なアドバイス。愛犬の困りごと、疑問・質問などにお答えしています。
動物病院に行くかどうか迷った時や、愛犬の困ったクセや関係性で悩んだ時、電話一本ですぐに専門家に相談できるサービスは、会員の方からも、信頼を寄せていただいています。
「いぬのきもち」について詳しくはこちら

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る