1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬にケージは必要? ケージがないとどうなるの?

犬と暮らす

UP DATE

犬にケージは必要? ケージがないとどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の生活環境を整えるためには、ケージの活用が有効なことをご存じですか? ケージは、子犬のしつけに必要だったり、犬の安全を守ったりするだけでなく、犬のストレス軽減にも役立ちます。この記事では、そんなケージの必要性について紹介します。

ケージ?ゲージ?サークル?

トイプードル チョコくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ケージとは、犬や猫用の檻を指します。「ゲージ」と呼ぶ人もいますが、正確には「ケージ(Cage)」です。同じようなものに、「サークル」がありますが、サークルは周りを囲むだけのものなので、ケージとは異なります。

しかし、最近はケージの中にも天井がないタイプのものや床板が外れるものもあるため、サークルもケージも同じような扱いになっているようです。

ケージの役割とは?

トイプードル むぎちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬にとって、ケージは以下のような重要な役割をもちます。

犬の誤飲や誤食、イタズラを予防する

ケージは、犬のしつけに役立ちます。たとえば、子犬は好奇心旺盛なので、目に映るものを何でも口に入れて、かじってイタズラしたり、誤飲・誤食したりしてしまう危険があります。しかし、ケージを活用すれば、子犬が誤飲・誤食、イタズラができないような空間を作ることできるでしょう。

留守番中の犬を守る

留守中、室内をフリーにしていても大丈夫な犬もいますが、子犬やイタズラ好きな犬の場合は、フリーにするとコンセントをかじって感電したり、食べてはいけないものを食べて中毒を起こしたりするおそれが。
そこで、留守番の際は、犬に危険のないようケージの使用をおすすめします。ケージ内で排泄したり、歩いたりができるよう広めのケージを用意すると良いでしょう。

犬にとって安心できる場所になる

犬は誰にも邪魔されない静かな空間があると、安心して過ごすことができます。特に、多頭飼いの場合は、1匹ずつケージを用意するのがおすすめ。
愛犬がストレスのない快適な生活を送るには、ケージの使用が有効なのです。

ケージはどこに置く?

チワワ タルトくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

では、ケージは一体どこに置くのが、正解なのでしょうか。

答えは、窓やドアから離れ、人の行き来のない静かな場所。犬は音に敏感なため、外の音が聞こえやすい窓の近くや人の行き来があるドアの近くだと、のんびり過ごせない場合があるためです。
また、直射日光やエアコンの風が当たる場所も不向きなので注意しましょう。

ケージを使って犬の安全を守ろう

ミニチュア・ダックスフンド 雷ちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の生活環境を整えるのに、役立つケージやサークル。これらを上手に活用し、犬の安全を守りましょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE|【獣医師監修】犬のケージの必要性や置く場所とは?人気ランキングも

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師監修】犬のケージの必要性や置く場所とは?人気ランキングも』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/しばたまみ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る