1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 中型犬に使えるスリングは?キャリーバッグの種類や特徴をプロが解説

犬と暮らす

UP DATE

中型犬に使えるスリングは?キャリーバッグの種類や特徴をプロが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬連れの移動などに役立つ、犬用キャリーバッグ。今回は、数ある犬用キャリーバッグの中から、“中型犬にも使えるスリング”に注目しました。スリングのメリット・デメリットのほか、犬用キャリーバッグの種類もご紹介するので、参考にしてみてくださいね。


目次

中型犬でもスリングは使える! スリングのメリット・デメリット

中型犬にも使えるスリング《3選》

中型犬に使えるスリング以外の犬用キャリーバッグ

愛犬の大きさやライフスタイルにあった犬用キャリーバッグ選びを

中型犬でもスリングは使える! スリングのメリット・デメリット

日本スピッツ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

そもそもスリングとは?

スリング(ドッグスリング)とは、犬の体にフィットするような柔らかい素材でできた肩掛けバッグで、犬を中に入れて使用する犬用キャリーバッグのひとつです。

スリングは犬と飼い主さんとの密着度が高いため、抱っこが好きな犬の場合は安心度が高まり、落ち着いてお出かけできるようになる場合も。ただし、犬の体重などによっては飼い主さんの肩や腰に負担がかかるので、体重の重い犬を入れて使用するのには、少し不向きかもしれません。

なお、一般的にスリングは、超小型犬~小型犬向けの犬用キャリーバッグといわれていますが、メーカーによっては10~12kgくらいの中型犬まで対応しているものもあります。

スリングのメリット・デメリット

ではここで、スリングのメリット・デメリットを見てみましょう。

《メリット》

  • 軽いので持ち運びに便利
  • 肩掛けタイプなので両手が使える
  • 飼い主さんと密着するので犬が安心しやすい
  • 汚れたときは洗濯機で簡単に洗うことができる(※)など

※メーカーによっては洗濯機で洗えないものもあります。

《デメリット》

  • 片方の肩で犬の体重を支えるため、長時間使用する場合や犬の体重などによっては、飼い主さんの肩や腰に負担をかける
  • 電車やバスなどの公共交通機関では使用できないケースが多い など

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【犬の電車事情】マナーや料金などの注意点〜電車に乗る練習方法とは」

中型犬にも使えるスリング《3選》

ではここで、中型犬にも使用できるスリングを3つご紹介します。

CUBY ドッグスリング

こちらは、10kgの犬まで対応しているスリングです(推奨体重は5.44kg)。肩ひもが幅広なデザインで、飼い主さんの肩への負担も軽くなるよう配慮されているのだとか。
立体的なデザインで犬の体をしっかりと包み込み、万が一のときに役立つ、飛び出し防止用ストラップもついているので安心ですね。

full of vigor 中型犬用メッシュふた付抱っこだワン

こちらも飼い主さんの肩への負担を軽減できるよう、肩ひもが幅広にデザインされたスリングで、6~12kgの中型犬に対応しています。
メッシュ素材なので、軽量かつ通気性もよく、飛び出し防止用ストラップやふたがついている点も、飼い主さんにはうれしいポイントでしょう。

smiledog ドッグスリング

こちらは、飼い主さんの肩への負担が軽減されるよう、肩ひもの厚さが3cmとやや厚めにデザインされた、耐重量10kgのスリングです。また、飼い主さんの身長や状況にあわせて、肩ひもの長さを調整することも可能なのだとか。
通気性のよい素材で作られたスリングには、ポケットが全部で3ヵ所ついているので、犬用グッズやスマートフォン、水などを収納できます。

中型犬に使えるスリング以外の犬用キャリーバッグ

ここからは、中型犬にも使用できるスリング以外の犬用キャリーバッグの種類を見ていきましょう。

肩掛けバッグ

肩掛けバッグ(トートバッグ)タイプは、スリングと同じように片方の肩に負担をかけるため、比較的小さめの中型犬に適した犬用キャリーバッグといえます。電車やバスでも使用できるものもある(※)ので、公共交通機関を使った移動が多い方には便利かもしれません。
なお、このタイプはファッション性が高いものも多いので、飼い主さんのセンスにあったものを見つけやすいでしょう。

リュック

両手を空けたいときに役立つのが、リュックタイプの犬用キャリーバッグ。両肩で支えるため、スリングやトートバッグタイプに比べると飼い主さんの体への負担は少なくなります。
ただし、リュックタイプも耐重量が7~10kgくらいのものが多いので、小型犬や小さめの中型犬向けのアイテムといえるでしょう。

ドッグカート

愛犬の体重が重く、スリングや肩掛けバッグ、リュックなどは使用できない場合におすすめなのがドッグカート(ペットカート)です。メーカーによっては犬が入る部分を取り外すことも可能なので、車内やホテルでハウス代わりとして使うこともできます。

キャスター付き犬用バッグ

キャスター付き犬用バッグは、犬を入れるバッグとしてはもちろん、キャスターがついているのでドッグカートとしても使える、2WAYタイプの犬用キャリーバッグです。ドッグカートでは大きすぎるという方には、使いやすいタイプかもしれません。

クレート

クレートは「ハウス」として使っている方も多いかもしれませんが、犬連れで移動する際にも役立ちます。車での移動はもちろん、クレートは公共交通機関を使った移動にも使用できるケースが多いです(※)。
家で使っているクレートに愛犬を入れれば、移動中も安心して過ごすことができるかもしれませんね。

※鉄道会社によりペット同伴ルールが異なりますので、事前に必ずご確認ください。

愛犬の大きさやライフスタイルにあった犬用キャリーバッグ選びを

ボーダー・コリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ここでは、スリングを中心に中型犬にも使える犬用キャリーバッグについてお話ししてきました。中型犬向けの市販のスリングはそれほど多くはないため、飼い主さんの中には手作りする方もいるようですよ。

スリング以外にも、犬用キャリーバッグはさまざまなタイプのものが販売されています。愛犬の大きさや目的にあったものを選んで、より快適なお出かけにしてくださいね♪

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師監修】中型犬の平均体重と健康維持のための体重管理方法」

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/ハセベサチコ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※この記事では、10kg以上の犬種を「中型犬」としています。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る