1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】ボーダーコリーは賢いって本当?しつけのコツは?

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】ボーダーコリーは賢いって本当?しつけのコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーダーコリーは、賢くて運動神経も抜群な犬といわれていますが、本当なのでしょうか。今回は、ボーダーコリーが賢いといわれる理由や、賢くて運動量も多い犬種ならではのしつけのポイントについて解説します。


目次

ボーダーコリーってどんな犬種?賢くて運動神経抜群?!

ボーダーコリーが賢いといわれる理由

とても活発で運動が大好き

賢いからこそ大事なしつけ

よく理解して最高のパートナーに!

ボーダーコリーってどんな犬種?賢くて運動神経抜群?!

ボーダーコリーのカノンちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

歴史やルーツ

ボーダーコリーは、古くから牧羊犬として活動してきた、賢さと抜群の運動能力を持ち合わせた犬種です。諸説ありますが、8世紀から11世紀にかけて、バイキングによってスコットランドに持ち込まれたトナカイ用の牧羊犬がルーツといわれています。

国境という意味のボーダーという言葉を名前に冠するボーダーコリーは、その作業能力や運動能力を活かして、イングランドとスコットランドの国境付近にある、人がトナカイや羊をまとめるのが困難な場所でも活躍してきました。

見た目の特徴

ボーダーコリーは、ふさふさの毛にキリっとした表情が特徴的で、優雅に歩く姿がスタイリッシュなやや大きめの中型犬です。

首回りや体の内側、末端部分の白い毛が印象的な犬種ですが、被毛はブラックの他に、ブラウンやグレーなどさまざまな色が認められ、その長さも、ふさふさと長いロングコートと短毛のスムースコートがあります。

牧羊犬としての機能が重視されていたという経緯から、見た目の統一性はあまりなく、個体によってさまざまな見た目を目にすることができるでしょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「ボーダー・コリーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑」

ボーダーコリーが賢いといわれる理由

ボーダーコリーのラムちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

知能が高くないと務まらないといわれる牧羊犬として活躍しているボーダーコリーは、“世界で最も賢い犬種”と評価されることがあります。

それを証明するように、ボーダーコリーは、ブリティッシュ・コロンビア大学のスタンレー教授による、「人の指示をどれだけ理解しているか」「初めての指示を理解できるか」という観点で行われた、犬の知能を測る実験において、数ある犬種の中で1位を獲得しているのです。

ボーダーコリーは、そのルーツやこうした研究結果から、“世界で一番賢い犬種”といわれることがあるようです。

とても活発で運動が大好き

ボーダーコリーのJillちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ボーダーコリーは、頭が良いだけでなく、活動的で運動能力も非常に高いことで知られています。

それは、「牧羊犬として活躍する犬種の中でも、とびぬけて運動能力が高い」「牧畜の仕事や運動に対して意欲的で、常に活気に満ちあふれている」などといわれるほど。

なお、このような高い身体能力を活かし、フリスビーを用いたドッグスポーツやアジリティー競技などで活躍するボーダーコリーも数多くいるようです。

賢いからこそ大事なしつけ

ボーダーコリーのバディーくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ボーダーコリーはとても賢く運動能力も高い犬種ですが、「賢い」ということと「何も教えなくても良い子になる」ということはイコールではありません。

むしろ、五感を使った情報収集能力が高く、周囲の状況に対する理解力にも優れているため、良いことも悪いこともすぐに覚えてしまいます。また、身体能力の高さも伴ってしつけがうまくできないと、手の付けようがない犬になってしまう恐れもあるのです。

メリハリのある的確なしつけを

ボーダーコリーは、飼い主さんとの信頼関係がうまく構築できていないと、コントロールするのが難しくなってします。

そのため、飼い主さんは最初から一貫して、毅然とした姿勢でしつけを進めることが重要です。また、あいまいな指示や態度は避けて、メリハリがある正しいしつけを行うこともポイントです。

飛びつきグセに注意しよう

ボーダーコリーは、本能的に動くものを追いかけたり、好奇心や活動意欲の高さゆえに人や物に飛びついたりすることがあります。

こうした行動を予防し、クセにならないようにするために、日頃から動くおもちゃやボールを前に「マテ」をする練習をしたり、飛びつかれたときに相手にしないようにしたりするなどのしつけが重要です。

そして上手に指示に従うことができたら、思いっきり褒めてあげましょう。

十分な運動を欠かさないように

運動が大好きなボーダーコリーは、運動不足によって攻撃的な性格が出たり、病気やけがにつながったりすることがあります。

1日2回、各60分程度のお散歩は毎日欠かさないようにしましょう。また、フリスビーやボールなどのおもちゃやアジリティーなどを活用して、好奇心や知的欲求も満たしながら運動する機会をつくってあげることも大切です。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師監修|ボーダー・コリーの大きさ(体重推移)・飼う際の注意点」

よく理解して最高のパートナーに!

ボーダーコリーのジャックくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

賢く敏感な面もあるボーダーコリーですが、性格や行動を良く理解し、適切なしつけをすることで、飼い主さんの良きパートナーとなってくれるはずです。

飼い主さんと良い関係性を築くことができれば、ボーダーコリーの身体能力の高さを生かして、一緒に運動に励んだり、スポーツに挑戦したり、楽しい生活を送ることができますよ!

参考/「いぬのきもち」2018年3月号『犬種連載シリーズvol.33|I LOVE ボーダーコリー』(監修:代官山動物病院獣医師 獣医行動診療科認定医 藤井仁美先生)
   「いぬのきもち」WEBMAGAZINE 『ボーダー・コリーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物専門学校講師 危機管理学修士 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
   「いぬのきもち」WEBMAGAZINE 『獣医師監修|ボーダー・コリーの大きさ(体重推移)・飼う際の注意点』(いぬのきもち相談室獣医師)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/くら
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る