1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 【獣医師監修】犬のインフルエンザはある?犬と人のインフルエンザの関係を解説

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬のインフルエンザはある?犬と人のインフルエンザの関係を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人がインフルエンザにかかると、苦しくてつらいですが、犬も同じようにインフルエンザにかかるのでしょうか? また、人のインフルエンザが犬にうつるのかも、気になるところですよね。今回は、犬と人のインフルエンザの関係について解説していきます。



監修/石田陽子先生 獣医師

犬のインフルエンザってあるの?

カニーンヘン・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬独自のインフルエンザがある

犬にもインフルエンザがあり、過去にメリカや韓国、中国で集団発生した事例があります。日本では報告がありません。

主な症状は呼吸器症状(咳など)で、鼻水やくしゃみ、食欲不振、元気消失といった症状が見られますが、なかにはまったく症状があらわれない場合も。

また、症状が軽い場合は、2~3週間で回復するケースも珍しくありませんが、重症化すると高熱を伴う肺炎などを起こして、死に至ることもあるといわれています。

治療法は対症療法と食事療法

今のところ、犬のインフルエンザを治療する特効薬のようなものはありません。そのため、犬のインフルエンザの治療では、症状を和らげる「対症療法」と、栄養を十分に補給するための「食事療法」がとられるのが一般的です。

犬の咳や鼻水がひどく、細菌感染も疑われる場合は、抗生物質などを使って治療することがありますが、ウイルスには効果はありません。また、脱水や食欲不振に対して、点滴などで対処することもあります。

犬インフルエンザの予防法は?ワクチンはあるの?

現在、犬のインフルエンザ予防に効果のある薬やワクチンはないため、環境を清潔にして感染の拡大を防ぐことが予防のポイントとなります。

また、犬のインフルエンザは、すでに感染している犬の咳やくしゃみ、吠えたりしたときの唾液等の飛沫によって、ほかの犬にうつることがあるため、感染の疑いがある犬は別の部屋に隔離するなどし、感染の拡大を防ぐことも大切です。

インフルエンザは犬と人の間で感染するの?

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人のインフルエンザは犬にうつる?

人のインフルエンザは、基本的に犬にはうつらないとされていますが、非常にまれな例として、過去に感染したという報告があります。
しかし、人のインフルエンザウイルスは、犬にとっては感染力が低く、たとえ人のインフルエンザウイルスに犬が感染しても、症状が出ることがほとんどないようです。

犬のインフルエンザは人にうつる?

犬のインフルエンザウイルスが、人にうつることはありません。
ただ、海外では犬のインフルエンザウイルスA(H3N2)が、猫にうつった例が報告されています。犬と猫と一緒に暮らしているお宅では、注意をしておくとより安心でしょう。

このように、インフルエンザウイルスが種を超えて感染し発症するケースは、今のところかなり珍しいといえます。とはいえ、可能性はゼロではないので、むやみにウイルスを取り込まないためにも、病気の予防と同様、環境を清潔に保つことが重要といえるでしょう。

「犬パラインフルエンザ」って犬のインフルエンザのこと?

ポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「犬パラインフルエンザ」って?

犬のインフルエンザと勘違いしやすいものに、「犬パラインフルエンザ」という感染症があります。これは、名前にインフルエンザと入っていますが、犬や人のインフルエンザとはまったくの別のものです。

犬パラインフルエンザは、パラミクソウイルス科の犬パラインフルエンザウイルスに感染することで、咳や鼻水、発熱、元気減少、食欲不振といった風邪に似た症状が見られるのが特徴です。

5種混合ワクチンで予防できる

なお、この犬パラインフルエンザは、ワクチンで予防することができます。5種混合ワクチンの中に含まれているので、かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

極端なふれあいを避けるのも大切

トイプードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

インフルエンザをはじめとした病気を、犬と人の間で感染させないようにするためには、過度のふれあいを避けることも大切です。

食器は犬用・人用と分ける、人の口の周りをなめさせない、犬とふれあった後は必ず手を洗うなどの習慣をつけて、適度な距離感を保って接していくよう、心がけてみてはいかがでしょうか。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師監修】犬に人のインフルエンザはうつるの?犬とインフルエンザについて」



獣医師。川崎市の石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長。
子犬のしつけ教室や行動治療なども行う。
愛犬は和音くん(オス・11才/4.7kg/ミニチュア・ダックスフンド)

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師監修】犬に人のインフルエンザはうつるの?犬とインフルエンザについて』(監修:いぬのきもち獣医師相談室)
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る