1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 動物病院
  5. 【獣医師が激白】診察に来る、こんな犬の飼い主さんはイヤだ!

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師が激白】診察に来る、こんな犬の飼い主さんはイヤだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『いぬのきもち』では、それぞれ別の動物病院で働いている3名の獣医師の先生に、普段はなかなか言えない、“犬の飼い主さんに対するホンネ”をお聞きしました。ここではその中から、飼い主さんの「動物病院での振る舞い」で困っていることをご紹介します。

「診察室で家族ゲンカをする」飼い主さんに困ってます!

2匹の犬
getty

「診察室での親子ゲンカに困っている」と、お話ししてくださったのはC先生です。

「愛犬のためなら費用は惜しまず治療したい娘さんと、予算内での治療を希望する両親など、治療方針がすれ違い、診察室で親子ゲンカを始める飼い主さんたちもいます。仲裁を求められて困惑することも……」(C先生)

また、A先生は「愛犬の手術にお父さんだけが反対しているから」と、ご家族から説得を頼まれたことがあったそうです。

そのときは、A先生が手術のメリットを紙に書いて渡し、お父さんにも納得してもらえたそうですが、「家族間で治療方針が異なる場合は、事前に話し合ってもらえると助かります」とおっしゃっていました。

「ワクチンの種類まで獣医師に決めさせる」飼い主さんに困ってます!

白い犬
getty

また、A先生は「ワクチンの種類を自分で決めない」飼い主さんにもお困りのようです。

「ワクチンは犬の生活スタイルにあわせて選ぶ必要がありますが、『先生がいいと思ったものを打って』など、丸投げされることも。相談にはいくらでものりますが、あくまでも飼い主さんの判断で決めてほしい」(A先生)

さらに、B先生によると「ペットホテルでワクチン接種証明書が必要だから、今すぐ打ってほしい」など、急な予防接種を求められることもあるのだとか。

「体質によってはワクチンを打ったあとに異変が起こる場合もありますし、何かあっても責任がとれませんから、お断りすることも多いです。自分の都合だけでなく、愛犬の体のこともちゃんと考えてほしい」(B先生)

おっしゃる通りですね……。

「薬がすぐに効かないと“ヤブ医者”扱いする」飼い主さんに困ってます!

見つめる犬
getty

B先生は「薬を飲ませてから1日経ったのに、まだ治らないの!?」など、投薬すればすぐに治ると思っている飼い主さんが多いことにも、困っているそうです。

「愛犬に1日でも早く元気になってほしいという気持ちはわかるのですが、治療内容によっては、ある程度時間をかけて経過を見ていくこともありますし、強すぎる薬は副作用のリスクも考えたいところです」(B先生)

また、C先生は「疑問があればすぐに聞くなど、飼い主さん側にも寄り添ってもらえるとうれしい」とおっしゃっていました。

先生も獣医師である前に人ですから、一方的な要求を突きつけるのではなく、わからないことがあれば聞くなど、飼い主さんからも歩み寄る必要がありそうですね。

「“院長しかダメ”など、先入観が強い」飼い主さんに困ってます!

吠える犬
getty

さらに、C先生によると「うちのコは院長先生にしか触らせない」など、先入観が強すぎる飼い主さんもいるそうです。

「もちろん(飼い主さんの要望を)尊重したい気持ちはあるのですが、獣医師の数が限られている動物病院もあるので、希望に沿えないこともあるとご理解いただきたいです」(C先生)

また、A先生は「愛犬の命を守りたいという気持ちは、飼い主さんも獣医師も同じなので、きっとわかりあえるはず。もちろん、私たちも信頼してもらえるよう努力しますが、愛犬のためにもお互い協力していきたいですね」とお話ししてくださいました。

みなさんも今一度、ご自身の「動物病院での振る舞い」を振り返ってみてはいかがでしょうか――。

参考/「いぬのきもち」2019年12月号『こんな飼い主さんはイヤだ!獣医師がホンネを告白!!覆面座談会』(監修:獣医師相談室)
文/ハセベサチコ
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

■おすすめ記事
獣医師・動物看護師が告白した「トンデモ飼い主さん」の言動 心当たり…ないですか?

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る