1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 犬のケガの多くは室内で起こる…注意したい意外なスポットは

犬と暮らす

UP DATE

犬のケガの多くは室内で起こる…注意したい意外なスポットは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が家の中で思いもよらない大ケガをすることがあるのをご存知でしょうか?室内犬にとってケガをしやすい場所とその対策を、いぬのきもち相談室の獣医師が解説します。

室内にはケガをしやすい危険がいっぱい

犬が室内でケガをしやすい場所と対策
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が室内でケガをしやすい場所は意外にも多く、床や段差のあるところなら室内のどこでもケガをする可能性があります。

中でも、犬の足の裏は滑りやすいことから、フローリングでの転倒によるケガが最も多く、走った時に上手く曲がれずに転倒し、足首や膝をひねって骨折したり、股関節を痛めたり、脱臼をすることもあります。

椅子やソファー、ベッド、階段、窓、ベランダからの落下や転落にも注意が必要ですが、ほんの少し高い場所からジャンプしただけで骨折する犬もいます。

特にチワワやトイ・プードル、イタリアン・グレーハウンドなどは、骨が細く折れやすいため、椅子程度の高さからの落下でも骨折することがあるので、注意が必要です。

他にもケガとはいえないものの、熱中症や低温やけど、コードを噛んでしまうことによる感電、誤飲、浴槽に落ちて溺れるなど、室内には危険な場所がたくさんあります。

室内で起こる犬のケガを未然に防ごう

犬が室内でケガをしやすい場所と対策
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

床がフローリングのお部屋にお住まいの方は、床材を転倒防止効果のあるフローリングにしたり、マットを設置するなどの対策をしましょう。

また、犬の足が滑らないようにするために、足裏の毛をこまめに切ることもケガの予防に効果的です。

椅子やソファー、ベッドの上に犬を乗せている方は、近くに段差をつけるためのステップやクッションを置くなどの工夫が必要です。

犬の落下事故を防ぐためには、ベランダには出さないようにする、窓に転落防止柵をつける、家具の配置を変えるといった対策を行いましょう。階段は、できれば犬だけで自由に移動させないことを心がけるようにしてください。

室内には犬が大ケガをしやすい場所がたくさん隠れていますが、ほんの少し対策をするだけで事故を未然に防ぐことができます。

愛犬の体の大きさや動きに合わせて、お部屋の環境を工夫してみてはいかがですか?室内で犬がケガをしないように対策をすることで、愛犬とより快適な生活を送ることができるでしょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

犬がフローリングで暮らすことのリスクは? ケガの危険も

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る