1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 暑さ対策・熱中症
  5. ”肉球のケガ”など実は危険がすぐそばに!「犬の水遊び中のケガ」対処法について獣医師が解説

犬と暮らす

UP DATE

”肉球のケガ”など実は危険がすぐそばに!「犬の水遊び中のケガ」対処法について獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏本番!水遊びが大好きな犬も多いのでは?でも、水遊びに夢中になって肉球を擦りむくなどのケガが起こりやすいことを知っていますか?水遊び中のケガについていぬのきもち獣医師相談室の先生に話を聞きました。

犬の水遊び、実は危険はすぐ近くにある

はじめてのプールにきたよ♪
水遊びは楽しいだけでなく危険もあるということを頭に入れておきましょう。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー暑い季節を迎えました。愛犬をドッグプールや川、海に連れていく、お家の簡易プールで遊ぶという方も多いと思います。犬の水遊びではどんなことに注意すればよいですか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):暑い時期でのお出かけや水遊びでは熱中症の危険、また、川や海では人間の食べ物やおもちゃなどの誤飲・誤食、他にも海辺で小石やゴミを踏んでケガをするなどの危険性があります。

愛犬のケガに早く気づくことが大切

岩場でのケガには気をつけよう!
犬が足をケガしたときに、車や家に戻るまでや動物病院に行くまでにできる対処方法を覚えておくと安心です
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー水遊び中に起こる犬のケガはどんなことに注意すればよいですか?

獣医師)水遊び中に犬が足を引きずったり、歩き方がおかしいと感じたときは、足の皮膚や肉球の間にケガがないか、爪が折れていないかを確認しましょう。

ーーもし、犬が足にケガをしていたらどんな応急処置をすればよいのですか?

獣医師)肉球のめくれや擦りむきがある場合は、患部を流水で流し清潔にして、めくれた部分をできるだけ元に戻してガーゼなどで覆いましょう。さらにその上に靴下などを履かせて保護するとよいです。

足裏からの出血は慌てずに止血を

おうちで水遊び楽しいな〜!
肉球に太いとげなどが刺さっている場合も動物病院へ!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー犬の足裏から出血があった際の対処方法はありますか?バイ菌が入らないか心配です。

獣医師)明らかに原因がわかっていて「傷の範囲が狭い」「傷が浅い」「出血量が少ない」といった軽度な出血の場合は、応急処置として傷口に雑菌が入って化膿するのを防ぐために、患部を流水で洗ってからガーゼを患部に5分押し当てて止血を行います。

5分経っても血が止まらない場合はもちろん、いったん血が止まっていても動物病院で処置をしてもらいましょう。また、肉球に太いとげなどが刺さっている場合は、その場で抜くと傷口を広げる可能性もあるので動物病院で抜いてもらいましょう。

犬と水遊びをする際は”救急セット”の用意を

プールでお友達とご挨拶
水遊び用の靴やラバーブーツは犬の足を保護するのにあると便利
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー犬と水遊びをする際のおすすめの持ち物はありますか?

獣医師)ペットボトルの水/清潔なガーゼ/ガーゼを止めるテープ/犬用靴下/タオルなどを用意しておくとよいでしょう。

水遊び中は犬から目を離さずに、もしケガをしてしまったら遊びをやめて応急処置を行うことや場合によっては動物病院へ連れて行くことも必要です。

今回は、犬の水遊びのケガについてご紹介しました!愛犬と楽しい夏を過ごしましょう!

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

愛犬と水遊びがしたい!初めて水に入れる前に知っておきたい基礎知識

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る