1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. グッズ
  4. カート
  5. 【獣医師監修】犬用カートのメリットは?2021年人気のカートも

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬用カートのメリットは?2021年人気のカートも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街中でも見かけることが増えた犬用カート。犬用カートを使うメリットをはじめ、選ぶときのポイント、カートへの慣らし方などを解説。さらに、いぬのきもちアプリでアンケートを実施!実際にカートを使用した飼い主さんの感想や、人気の商品もご紹介します。

犬用カートを使うメリットは?大型犬も使えるの?

カートに乗るラブラドール・レトリーバーのピースちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬用カートは、散歩デビュー前の子犬のころから慣れさせておくと、さまざまな場面で活用することができます。
例えば初めての場所に出かけるときも、カートという慣れた自分の居場所があれば、愛犬は安心できるでしょう。人の多いイベントや観光地で、愛犬を踏まれる心配もありません。

また、カートは足腰の弱るシニア期にも役立ちます。大型犬用もあるため、介護のサポートアイテムとしても便利。
シニア期になってからカートを使い始めると、慣れない揺れや振動がかえってストレスになるおそれもあるため、子犬のころから継続して使うのがおすすめです。

カートのメリットについては、以下の記事でもご紹介していますので、参考にしてみてください。

カートを選ぶときのポイント

カートに乗るチワワのペルちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

カート選びは、愛犬が成犬になったときの体重をベースにして選びましょう。ミックスの場合は、親犬の体重や現在の体重を目安に予測してみてください。
カートには折りたたみ式や座席を取り外せるものもあるため、自宅の収納スペースを考えて選ぶといいでしょう。
また、愛犬のイタズラ防止目的や、いざというとき愛犬が落ち着ける空間を確保するためにも、カートの屋根を閉められるタイプがおすすめです

愛犬にカートに慣れてもらうことから始めよう

カートに乗る柴の小太郎ちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

カートを購入したら、今度は愛犬にカートに慣れていってもらうためのトレーニングをしましょう。
まず家の中でカートを動かないよう固定したら、そばで愛犬におやつを与えて、よいイメージを与えます。
続いて抱っこで座席に乗せ、カート内部にあるストラップとリードを首輪にジョイントしたら、またおやつをあげましょう。こうすることで「カートに乗るといいことが起きる!」と愛犬が思うようになり、繰り返していくとカートに乗ることが好きになります
屋根を閉める練習は、乗ること自体に慣れてから始めてください。

お散歩で慣らそう

乗ることに慣れたら、お散歩に出て慣らしていきましょう。
まず、外でカートに乗せたらおやつを与え、さらにカートの後ろに回りハンドルを持つ位置に付いたら、もう一度おやつを与えます。そこから少し押したら止まり、またおやつを与えましょう。
このようにして少しずつ進み、慣れてきたらおやつなしで動かしてみます。
ほかの犬や人とすれ違うときもおやつに注目させ、通り過ぎるまでイイコでいられたらおやつを与えます。このときすれ違いざまに相手に吠えてしまうようなら、屋根をしめて布をかけ、吠えないようにしましょう

慣れたらレストランやショップに挑戦

お散歩にも慣れてきたら、犬OKのレストランやショップにも挑戦してみましょう。
レストランでは、飼い主さんの近くで犬が安心できるように、カートはテーブルの横へつけてください。もしもソワソワと落ち着かないようなら、カートの中におやつを入れて屋根を閉めてあげると、落ち着きやすくなります。
ショップの場合も同様で、落ち着かない場合は屋根を閉める、ということを心がけましょう

犬用カート使用時の注意点

カートに乗るミニチュア・ダックスフンドのクルミちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

カートを用いるときは、必ず飼い主さんがカートのそばにいるようにし、落下に注意してあげてください。もし落下してしまうと、ストラップで首つり状態になるおそれがあります。愛犬が身を乗り出さないように誘導してあげましょう。
リードの持ち手をストラップにつなぐのもNG。万一飛び降りた場合、カートを引っ張ってしまうこともあり危険です。必ず飼い主さんが持っていてください。

また、トイレが心配だからといってカートの中にトイレシーツを敷いてしまうと、犬は寝床で排泄したくない習性があるためくつろげなくなってしまいます。心配な場合は、乗せる前にトイレをすませるなどして、対策をとってください。

いぬのきもちユーザーに聞いてみた!カートはどのくらい使われているの?

犬用のカートを持っている?持っていない?
※2020年12月実施「いぬのきもちアプリ」内アンケート調査(回答者数 317人)
犬のカートに関するアンケート(いぬのきもちWEB MAGAZINE)

続いて、実際にどのくらいの飼い主さんがカートを用いているのか、「いぬのきもちアプリ」でアンケートを実施しました。
これによると、持っているのは全体の36%。購入のきっかけは、「お出かけのため」が目立ちましたが、「病気や通院・老後など愛犬の体の負担を軽減するため」という声も多くありました。
犬種としては、チワワやトイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンド、柴犬などの小型犬の飼い主さんが多いという結果に。

カート利用者の感想は?

続いて、カートを実際に利用してみた飼い主さんたちの感想をご紹介します。

「2頭で散歩に行くのに便利」
「人混みの中のお出かけや、電車、車に乗せるとき、デパートでのお買い物、通院などさまざまな用途に使える」
「愛犬の脚が長く立ち上がると不安定なため、深さがあるものにしたほうがよかったなぁと思っている。それ以外は荷物も入れられるし便利」

このように、やはり何といっても「便利」だという声が多く寄せられました。

人気の犬用カートと体験談


ここからは、実際にいぬのきもちアプリ利用者が愛用しているカートをご紹介していきます。まずご紹介するのは、エアバギーのカートです。広々とした座席が特徴で、愛用者さんからは「安定性があり振動が少ない」「部品交換などのメンテナンスができて使い勝手がいい」といった声が。


続いては、コムペットのカート。特にこちらのミリミリシリーズは、軽量型で飼い主さんの負担が少ないのも特徴です。「畳むとコンパクトになり、軽いので持ち運びやすい」「人用のベビーカーを作っている会社だから安心」などの感想が目立ちました。


最後はピッコロカーネのカートをご紹介します。正面でも対面でも使えるのが特徴的なカートで、愛用者さんからは「操作性もよく使いやすいし、コンパクトになるのがとてもよい」という感想が多く集まりました。また、総合的な安定感と価格のバランスを評価する声も。

愛犬との生活について考えて、上手に取り入れよう

カートに乗る希空ちゃん、アビーちゃん、小波ちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

カートは、あれば愛犬との暮らしのうえで選択肢が増えるアイテムです。一方で、犬の体やストレスなどに影響がないように考えることも大切。今後の愛犬との生活について考え、ぜひ上記でご紹介した内容も参考に、カートを取り入れるか検討してみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2018年9月号『子犬に必要なしつけとお手入れを紹介! さいしょの一歩』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る