1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 「犬用歯ブラシ」選び方のポイント 人用の歯ブラシは使っていいの?

犬と暮らす

UP DATE

「犬用歯ブラシ」選び方のポイント 人用の歯ブラシは使っていいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の飼い主さんは、犬用歯ブラシの選び方はどのようにしていますか?
いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞きました。

愛犬の歯磨きグッズはどのタイプを選ぶ?

飼い主が使い古した歯ブラシはNG!犬用歯ブラシ選び方のポイント いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬の歯磨きグッズには、歯ブラシ、シート、指サックなどありますが、どのタイプを選ぶとよいですか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「犬のデンタルケアは、歯ブラシが一番難しいので、簡単なものから練習するとよいですね。

愛犬の口周りに触れるようになって、さらに歯を磨けるようになったら、犬が受け入れるかどうかや使いやすさを試してみましょう。」

ブラシの硬さやヘッドの大きさなど歯ブラシ選びのポイントは?

飼い主が使い古した歯ブラシはNG!犬用歯ブラシ選び方のポイント いぬのきもち
どの部位を磨くかにもよりますが、歯の形や歯並びは犬によって異なるので、診察時にかかりつけ医に教えてもらいましょう。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「犬の歯を磨くときは、力が入りやすくなりがちです。ブラシが硬いと犬も痛みを感じるので、硬くないものを選びましょう。動物用が適していると思います。

チワワなど小型犬の場合は、小型のヘッドでも大きすぎるので、ヘッドがとても小さい動物用の歯ブラシがよいでしょう。」

人用の歯ブラシを使っても問題ない?

飼い主が使い古した歯ブラシはNG!犬用歯ブラシ選び方のポイント いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「人用の歯ブラシを使う必要があるときは、ヘッドの大きさが犬の口や歯のサイズに合っているか、毛が柔らかいかを選んで処方しています。

歯の間の汚れをかきだす目的であれば、毛の長さが十分な介護用など柔らかさが必要な場合もあります。

子ども用はヘッドが小さくても意外と毛が硬く、毛先も短いので犬に合わないことが多いです。

合わないものを使用すると犬が痛がって、歯磨きが苦手になりやすいので、歯磨きの手順を含めてかかりつけ医に相談するとよいでしょう。」

人の使い古した歯ブラシはNG?

獣医師:
「汚いですし、古い歯ブラシは毛が使えない状態になっているので、犬の歯磨きには適していません。」

歯磨きが上手にできない場合は?

飼い主が使い古した歯ブラシはNG!犬用歯ブラシ選び方のポイント いぬのきもち
犬の歯磨きができるようになるためには、犬が楽しんでいるかどうかもポイントです。犬の様子もよくみてあげてください。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「歯磨きが上手にできない理由として、飼い主さんが慣れていなかったり、歯ブラシを使いこなせていない場合があるので練習が必要です。

犬の口を触ることが難しい、怖いと感じる場合も歯磨きが難しくなります。

まずは愛犬の顔や口を触る練習をしましょう。かかりつけ医にやり方を教えてもらって、練習をしてから取り組むと心強いと思います。」

愛犬が嫌がらないためにも、犬の口や歯に合った歯ブラシを選ぶことが大切ですね。犬の歯磨きについてお伝えしました。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る