1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 獣医師に聞きました!愛犬が飼い主さんの上で寝るのはどうして?

犬と暮らす

UP DATE

獣医師に聞きました!愛犬が飼い主さんの上で寝るのはどうして?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝そべってくつろいでいたら、その上に愛犬が乗ってきてそのまま眠ってしまった……なんて経験のある飼い主さんもいるでしょう。このとき、犬はどのような気持ちなのでしょうか? いぬのきもち獣医師相談室の先生に、犬の気持ちや注意点を聞いてみました。

飼い主さんの上で眠るとき、愛犬はどんな気持ち?

コーギーのダニエルちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

―― 犬が横になっている飼い主さんの上に乗って眠ることがありますが、このとき、犬は飼い主さんのことをどのように思っているのでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下獣医師):
「良いベッドだな、一緒に寝られて嬉しいな、などと思っていると思います」

そのままにさせておいても大丈夫なの?

柴犬のころちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

―― 犬が飼い主さんの上で寝ている場合、そのままにさせておいても大丈夫ですか?

獣医師:
「いっときの幸せでなくて今後の人生で困ることはないのか、危ないことが起こらないかどうか考えて、させるかどうか決めましょう。
場合によっては急に飼い主さんが寝返りをうって、つぶしてしまったり、踏んでしまったりすることもあるかもしれません。
また、飼い主さんが急に動くと犬がびっくりして、噛みついてしまうおそれもあります」

状況が変化してしまう可能性も視野に入れよう

獣医師:
「また、最初はよくても、何らかの理由で飼い主が腰を痛めたりしてしまうと、重さを耐えなくてはいけない状態になることもあるでしょう。また、犬が上に乗って寝ていると、寝ている間も神経をつかいすぎて熟睡できない飼い主さんも。
このように状況が変わったことで、今まで大丈夫と言われていたものを急にダメと言われても、犬は理解できずに困惑してしまいます。状況の変化が起きても、お互いに混乱がないようにするといいでしょう」

犬も飼い主さんも安全に過ごせるように

柴犬のだいずちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬が飼い主さんの上で寝ることの危険性も考えなければいけないのですね。

獣医師:
「先述したように、犬がつぶれないように、飼い主さんが体を壊さないように、どちらも安全で快適に過ごせるように注意してくださいね」

上に乗って眠る愛犬はかわいらしくて、やめさせるのをためらってしまうこともあるでしょう。しかし、飼い主さんと愛犬の安全と健康が一番大切。
自分たちにとってどのようにするのが一番いいのか、しっかりと考えて対応してあげてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る