1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 歯・口
  4. 悪性エナメル上皮腫[あくせいえなめるじょうひしゅ]

歯・口

UP DATE

悪性エナメル上皮腫[あくせいえなめるじょうひしゅ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪性エナメル上皮腫の症状と治療、予防方法

解説

口の中の、おもに下あごにできる腫瘍です。がん細胞が増殖して骨や歯ぐきなど、ほかの組織に入り込む力(浸潤)が強いといわれています。腫瘍が大きくなると、食事がしづらくなるなどの支障が出てきます。

悪性エナメル上皮腫の治療

浸潤が早いため、転移しないよう腫瘍をあごの骨ごと広範囲に切除します。その後、転移がないかを定期的に検査します。

悪性エナメル上皮腫の予防

毎日のスキンシップや歯みがきの際に、口の中に異常がないかも確認を。

CATEGORY   歯・口

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「歯・口」の新着記事

新着記事をもっと見る