1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬が「犬見知り」になるのには理由がある? 獣医師が原因を解説

犬と暮らす

UP DATE

犬が「犬見知り」になるのには理由がある? 獣医師が原因を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お散歩などで愛犬が他の犬と対面する機会があったときに、犬が苦手なコは「犬見知り」をすることがあります。

犬見知りをするのには、どのような原因があるのでしょうか? 今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬が「犬見知り」になってしまう原因は?

お座りする柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬が「犬見知り」になってしまうのには、どのような原因がありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「たとえば…

  • 他の犬と関わることが好きではない
  • 神経質である
  • 犬よりも人が好き

など、もともとの性格が関係しているコもいると思います。

しかし、やはり大きな原因としては、積極的にお散歩に行っていないケースが多いです。子犬の混合ワクチン接種終了後の社会化の大切な時期にしても、成犬になってからもです」

——運動という目的だけでなく、散歩は犬にとって重要なものなのですね。

獣医師:
「他の犬と出会う経験がなければ犬らしい行動ができず、あいさつの仕方なども学べません。犬同士のコミュニケーションをとる方法がわからないわけですから、犬見知りになることは必然ともいえるでしょう。

たくさんの犬と出会い経験を積むことができれば、犬の友達ができるチャンスは広がるのではないでしょうか」

犬が苦手なコに、犬友達を作るべき?

見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——愛犬に犬の友達ができることで成長にもつながると思いますが、どうしても他の犬が苦手だというコもいると思います。どのように考えたらよいでしょうか?

獣医師:
「愛犬に犬の友達がいたら充実した生活になる可能性はあると思いますが、飼い主さんや家族と幸せな生活をしていれば、必ずしも犬の友達が必要とまではいえないでしょう。

友達はあえて作るものではなく、自然になるものだと思います。飼い主さんも犬同士も、相性がよければお散歩などで自然と友達になることでしょう。

友達ができて社会性を身につけることは大切ですが、犬見知りなコは無理せず、飼い主さん以外の人の友達を作ってみてもよいかもしれません」

愛犬に犬友達を作るときに配慮したいこと

見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬見知りなどの様子がなく、他の犬との交流が問題なさそうな犬の場合、飼い主さんはどのような配慮をしながら他の犬とのコミュニケーションをさせてあげたらよいですか?

獣医師:
「いきなりたくさんの犬と友達になろうとせず、まずは1対1の関係から何度も会って仲良くなればよいでしょう。犬同士の相性ももちろん大切ですが、まずは飼い主さん同士の信頼関係を築くことも大切です」

——こちら側が他の犬と仲良くさせたいと思っても、相手の飼い主さんの意向も考えなければなりませんね。

獣医師:
「飼い主さんが覚えておきたいことは、『必ず自分とは違うタイプの飼い主さんがいる』『いろいろな犬がいて、それぞれにいろいろな理由がある』ということです。

相手の飼い主さんに犬同士の交流を断られてしまったときに、『挨拶したいけれど避けられた』と感じる方もいると思います。

しかし、実際にはその相手の飼い主さんが交流を望まない真逆の性格であったり、相手の犬が犬同士の交流が苦手であった可能性もあるでしょう」

伏せをするボーダー・コリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——愛犬をそのコと交流させてもよいか、相手の飼い主さんに確認することも忘れないようにしたいですね。

獣医師:
「そうですね。愛犬がふだん穏やかでいいコであっても、相手の犬からイヤなことをされたときには怒ってしまうかもしれません。吠えたり、歯を見せることもあると思います。

犬は自分の身を守るためには攻撃する生き物であることを忘れず、何かあったら飼い主さんがコントロールしなければいけないことを肝に銘じましょう。愛犬任せにしてはいけません。

犬同士を交流させる際は、同じ犬種や同じ体格のコ同士のほうがよいかもしれません。飼い主さんの意識も似ていることが多く、トラブルへの発展が避けられることもあるようです」

お座りするパグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が他の犬と仲良くなれそうかどうかは、そのコの性格や相手の犬との相性などもかかわってきます。

他の犬と接する機会がある場合には、飼い主さんがしっかりと愛犬をサポートし、難しそうな場合は無理やりコミュニケーションをとらせるのは控えるようにしましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る