1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 健康管理・健康診断
  5. 犬のホルモンの病気、アジソン病(副腎皮質機能低下症)とは? 獣医師に聞きました

犬と暮らす

UP DATE

犬のホルモンの病気、アジソン病(副腎皮質機能低下症)とは? 獣医師に聞きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジソン病(副腎皮質機能低下症)は、犬ホルモンの分泌に関わる病気です。アジソン病の症状や原因、治療について、いぬのきもち獣医師相談室の獣医師が解説します。

アジソン病は副腎ホルモンが関係する病気

ホルモンの病気、アジソン病(副腎皮質機能低下症)とは? 獣医師に聞きました いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

アジソン病は、副腎が何らかの原因で委縮することで、本来そこから出るべきホルモンの分泌が減ってしまう病気です。副腎皮質機能低下症とも呼ばれます。

犬の体にはさまざまなホルモンが分泌されていますが、アジソン病は、副腎から出るホルモンである、ミネラルコルチコイドとグルココルチコイドの両方、またはグルココルチコイドのみが減少する状態になります。

アジソン病(副腎皮質機能低下症)の原因

ホルモンの病気、アジソン病(副腎皮質機能低下症)とは? 獣医師に聞きました いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

アジソン病の原因は、副腎や周囲にできた腫瘍などによって副腎が圧迫を受けることで萎縮して、機能不全に陥ることや自己免疫疾患も関与しているといわれています。

この病気は、遺伝的に出やすい犬種(パピヨン、プードル、ラブラドールなどの中年のメス)があるため、遺伝も原因のひとつです。

その他にも、副腎自体ではない原因も考えられていて、副腎に指示を出す下垂体の異常によって、副腎からホルモンが出ないことであったり、グルココルチコイド薬の投薬を急に中止することが原因でアジソン病が起こることが考えられます。

アジソン病の症状

アジソン病の症状は、元気がない/食欲不振/嘔吐・下痢など、一般的によくみられる不調であるため、症状が見逃されやすい病気です。他にも、多飲多尿や体重減少などが起こることもあります。

アジソン病の診断と治療

ホルモンの病気、アジソン病(副腎皮質機能低下症)とは? 獣医師に聞きました いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

アジソン病かどうかを判断する内容としては、血液検査での電解質の数値が低く、また、腎臓の数値の上昇がみられます。

その他の検査では、超音波検査(エコー検査)で副腎に異常がないかも確認します。これらの検査を行い、アジソン病に当てはまる条件がそろった場合は、確定診断のためにホルモン検査を行います。

血液検査やホルモン検査によってアジソン病と診断された犬は、投薬治療が行われます。基本的には一生涯、ホルモンを補充する投薬が必要です。

今回はアジソン病についてお伝えしましたが、犬の副腎ホルモンに関わる病気はアジソン病の他にもクッシング症候群などがあります。

クッシング症候群については、下記の記事を参考にしてみてください。

今回はアジソン病についてお伝えしましたが、犬の副腎ホルモンに関わる病気はアジソン病の他にもクッシング症候群などがあります。

クッシング症候群については、下記の記事を参考にしてみてください。

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る