1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 「犬が散歩中に歩かなくなるワケ」注意が必要なケースも

犬と暮らす

UP DATE

「犬が散歩中に歩かなくなるワケ」注意が必要なケースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が散歩の途中で、突然歩かなくなることはありませんか? どのような理由が考えられるのか、いぬのきもち獣医師相談室の獣医師が解説します。

犬が散歩中に突然歩かなくなる理由は?

散歩する犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬が散歩中に突然歩かなくなるとき、どのような理由が考えられますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「たとえば、体のどこかに痛みや苦しさを感じていて歩きたくないときや、その先に行くのが嫌なときや怖いときなどには、突然歩かなくなることがあるでしょう。

犬が痛みを感じているときは、痛みがある部分を動かしたくないため、じっとすることが多いです。また、急に痛みを感じたら、キャンキャンと鳴くこともあります」

——どのような原因で痛みを感じることがあるのでしょうか?

獣医師:
「たとえば、膝蓋骨や股関節に痛みがあったり、肉球などに傷ができていたりなどが考えられるかもしれません。

愛犬が痛みを感じているようであればなるべく動かさず、抱っこできたら抱っこしてあげて、動物病院を受診するのがベストです。痛みの原因を特定してもらい、治療を受けるようにしましょう」

散歩する柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

歩く道の先に怖いものや苦手なものがあったり、体のどこかに痛みなどがあったりした場合に、散歩の途中で突然歩かなくなることがあるようです。

愛犬がなぜ動かなくなるのかを注意深く観察し、痛みがあるようであれば動物病院へ連れていきましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る