1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 楽しい時間がトラブルになることも!ドッグランでのトラブル例と注意すること

犬と暮らす

UP DATE

楽しい時間がトラブルになることも!ドッグランでのトラブル例と注意すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッグランでは楽しむだけでなく、ドッグラン内では愛犬から目を離さないように、トラブルに巻き込まれないように注意が必要です。

ドッグランでのトラブル例とトラブルを避けるために注意することについて、いぬのきもち獣医師相談室の丸山知美先生が解説します。

獣医師が実際に診察したドッグランでのトラブル例

楽しい時間がトラブルになることも!ドッグランでのトラブル例と注意すること いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ドッグランでのケガや事故などでは、以下のような理由で動物病院を受診されるケースが多いです。

ドッグランで起こった、犬単独でのケガやトラブル例

  • 異物やいつのフードかわからないものを食べた

  • 走りすぎて爪を損傷するなどのケガをした

  • 胃腸障害を起こした

  • 出血をした

など

ドッグランで起こった、他の犬とのトラブル例

  • 他の犬に噛まれた

  • 体格差などで跳ね飛ばされたなど

その他にも、ヒート中は利用できない施設がほとんどですが、犬が望まない妊娠をしてしまったり、ご家族がケガをしたなどの例もありました。

愛犬がドッグランでケガをした時の対処法

楽しい時間がトラブルになることも!ドッグランでのトラブル例と注意すること いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

もし愛犬がケガを負った場合、傷の程度が明らかに小さい、浅いという以外は、動物病院を受診したほうがよいでしょう。小さな傷でも後で化膿することがあるので、全身をチェックした方が安心です。

ドッグラン近くの動物病院を受診する際は、受診が可能か事前に連絡を入れましょう。

万一に備えて、ドッグランに入る前に近くに動物病院があるのか、開院時間なども確認しておくと安心です。

かかりつけの動物病院の方が安心という場合は、対応可能な曜日や時間帯を把握しておくとよいでしょう。

愛犬をドッグランに連れて行く際に注意すること

愛犬をドッグランに連れて行く際に注意すること いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬をドッグランに連れて行く場合は、2つの見極めに注意しましょう。

①ドッグランに入る前に中の状況を見極める

日頃、ドッグランで遊ぶことに慣れているコでも、慣れていないコでも、ドッグランに入る前にどんな犬種や性格のコがいそうなのかを見極めてから入りましょう。

②ドッグラン内でリードを離すタイミングを見極める

普段はドッグラン内でトラブルが起こらなくても、犬の相性や性別などでも争いが起こる場合もあります。

このため、ドッグランに入った直後はリードをすぐに離さないことをおすすめします。

まずはリードを付けたまま周りにご挨拶をしてみて、相性などを判断してからフリーにする方が安全です。

施設によっては、小型犬用エリアや大型犬用エリアなどに分かれている場合もありますが、体格差なども注意しながら、リードを離してよいかを見極めましょう。

ドッグランはたくさんの犬たちが集まる場所です。思わぬケガや事故に気をつけましょう。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・丸山知美先生)
取材・文/maki
※ドッグランを利用する場合には、各施設の利用規約に従いましょう。
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る