1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. レッドカード!?愛犬に与えがちなNG健康食材を知っておこう!

レッドカード!?愛犬に与えがちなNG健康食材を知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬に与えてはいけない<野菜>とは?

ビタミンを豊富に含んでおり、人間の身体に良いと言われている野菜でも、犬にとっては身体を害してしまうものがあります。愛犬のNG野菜をしっかりと理解しておきましょう!

<玉ネギ・長ネギ>
栄養抜群な常備野菜として好まれる玉ネギや長ネギですが、犬にはNGな食材です。ネギに含まれている成分が愛犬の赤血球を破壊してしまい、最悪死に至ることもあります。加熱したとしてもNGなので、絶対に与えてはいけません。

<とろろ芋・長芋>
人間にとってネバネバとした食材は、滋養強壮に効き、健康に良いと言われています。しかし、粘り気のあるとろろ芋や長芋は、愛犬の口まわりに付いてしまうと痒みがでる恐れがあるので、ワンちゃんには与えないようにしましょう。

<アボカド>
アボカドは果肉や皮の部分に中毒性のある成分が含まれているため、嘔吐や下痢などの症状を引き起こす恐れがあります。良質な脂肪とビタミンを多く含むアボカドですが、愛犬の身体には有毒なので、与えるのはNGです。

愛犬に与えてはいけない<果物>とは?

甘い果物は、ワンちゃんが大好きな食べ物のひとつです。しかし、果物によっては愛犬の身体に中毒症状を起こしてしまうものもあります。特に次のフルーツには要注意です!

<ぶどう類>
甘く食べさせやすいサイズのぶどうですが、腎不全や下痢などの中毒症状を引き起こすケースがあります。ぶどうの成分を凝縮させた干しぶどうも、同じくNGフルーツです。

<ドライフルーツ>
栄養がギュッと詰まったドライフルーツですが、糖分と食物繊維が多く含まれているため、犬にとっては軟便や下痢の原因となります。また、腸内細菌のバランスを崩してしまう恐れもあるため、愛犬には与えないようにしましょう。

<いちじく>
いちじくは、果肉だけではなく葉や皮にも中毒性がある成分を含んでおり、口内の炎症などのアレルギー症状や嘔吐の原因になります。加熱処理をしてもNGなため、ケーキなどに混ぜて与えるのもいけません。

愛犬に与えてはいけない<肉・魚介類>とは?

調理中におねだりをされると、ついつい与えてしまいたくなるお肉や魚介類。人間にとっては美味しい食べ物ですが、愛犬の身体には危険なものもありますので、与える際は気をつけるようにしてください。

<ハム・ソーセージ・ベーコン>
多種多様な調味料が使われ、塩分が強く脂肪も多い加工食品のお肉は、愛犬の身体に負担をかけてしまいます。少量でも高カロリーなので与えないようにしましょう。

<唐揚げ・ハンバーグ>
油分や塩分、調味料など、どれをとっても愛犬に与えるには向いていません。特にフライドチキンは、骨が縦に避けやすいので、飲み込んだ後に内臓を傷つけてしまう恐れがあります。また、ハンバーグには犬にとって中毒性のある玉ネギが入っているため、与えるのは避けてください。

<貝類>
人間はうまく消化できますが、犬は貝類の消化が苦手なため、食べてしまうと下痢や嘔吐の症状を起こすことがあります。さらに、アワビやサザエといった一部の貝には、内蔵に中毒成分が含まれており、光線過敏症を発症したり、重症化すると耳などが壊死する場合もあります。

野菜や果物、肉や魚など、人間にとっては無害な食材でも、愛犬には危険であることが多々あります。今回ご紹介した食材以外にも、愛犬へのNGフードはまだまだあります。飼い主さんが食べているものを与える際は、愛犬にも安全な食材であるかを、必ず確認してからにしましょう。また、万が一誤飲してしまわないよう、愛犬の目につくところには食材を保管しないようにしてくださいね。

出典/「いぬのきもち」2017年3月号『ふだん使いの健康食材犬に与えてOK?NG?』
文/aiko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る