1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬が耳を後ろに倒して「ヒコーキ耳」に! 読み取れるさまざまな心理とは?|獣医師解説

犬と暮らす

UP DATE

犬が耳を後ろに倒して「ヒコーキ耳」に! 読み取れるさまざまな心理とは?|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が耳を後ろにペタンと倒すしぐさのことを「ヒコーキ耳」と呼ぶことがあります。

愛らしいしぐさで犬好きさんにも大人気ですが、愛犬のヒコーキ耳を見たことがある人は、どのくらいいるのでしょうか。

【調査】愛犬は「ヒコーキ耳」を見せることがある?

いぬのきもちWEB MAGAZINE 『犬が見せる「しぐさ」「行動」に関するアンケートvol.01』
いぬのきもちWEB MAGAZINE 『犬が見せる「しぐさ」「行動」に関するアンケートvol.01』回答120件

今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん120名に「愛犬は『ヒコーキ耳』を見せることがあるか」アンケート調査を行いました。すると、約6割の飼い主さんが該当する結果に。

【目撃談】愛犬はどのようなときに、どのような頻度でヒコーキ耳を見せる?

ヒコーキ耳になる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

では、飼い主さんたちはどのようなときに、どのような頻度で愛犬のヒコーキ耳を見たのでしょうか。飼い主さんから寄せられた目撃談を紹介します!

飼い主さんの帰宅時などに

  • 「帰ってきて抱っこするとき、撫でてあげるとき、遊びたくて絡んでくるとき」

  • 「仕事や買い物など1時間以上の外出のとき」

  • 「家族の帰宅時、大好きな近所の人に散歩で会ったときは毎回する」

  • 「帰ってきたのが嬉しくてヒコーキ耳になります」

  • 「仕事等で、長時間顔を見れなかった家族が帰宅したとき。毎回、耳がペタっとヒコーキになっている」

  • 「30分いなかったときでも、ほぼ毎回ヒコーキ耳できてくれます」

  • 「トイレなどで部屋から離れて戻って来たときや、仕事など外出から戻ったときなど」

なでたり話しかけたりしたときに

ヒコーキ耳になる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

  • 「頭をなでるとき、話しかけたときになることが多いです」

  • 「話しかけると首をかしげたり、ヒコーキ耳になったりします」

  • 「人に囲まれてなでてもらうとき、嬉しくて耳がヒコーキ耳というか、なくなるくらいペタンとなります」

何かを期待しているときに

  • 「オヤツや遊びなど、何かを期待しておすわりして待ってるとき」

  • 「散歩に出かけるために抱っこしたとき、出かけるとき」

  • 「遊んでくれる気配、散歩の気配、柴犬のためツンデレだから本当に稀ですが、ときには目があっただけでもしてくれます。可愛いですよね」

  • 「おやつタイムやマッサージタイムの嬉しいとき」

大好きな人に会ったときに

  • 「大好きな人に会ったりすると嬉しい思いからか、ヒコーキ耳になります」

  • 「飼い主ではなく、近所の人に会ったら嬉しくてヒコーキ耳になります。犬大好きな人でおやつをよくもらってるからかな?」

  • 「離れて暮らすお兄ちゃんとお姉ちゃんが帰って来たとき」

  • 「一番は母親に会った瞬間! とにかく母のことが大好きなので、大興奮でリビング中走り回りソファに飛び乗って、ヒコーキ耳になりながら低姿勢でシッポブンブンなりながら、グルグル回ったりしています。私達が帰宅したときや、日々の食事前、お腹がすいたときにベルを鳴らしてアピールしたときに、ヒコーキ耳でスマイルで見つめてきます」

嬉しいときに

ヒコーキ耳になるチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

  • 「嬉しいときはいつでも。パピヨンのmixなのでヒコーキ耳になりやすいかも」

  • 「嬉しい、リラックスしてそばにいるとき」

甘えるときに

  • 「甘えるときは必ず」

  • 「我が家では、家族の誰かに甘えたいときはいつも。お散歩中はナデナデしてくれる優しい人に」

ほかにも、こんなエピソードが!

ヒコーキ耳になる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

  • 「『可愛い』と言われると誰にでもします。私には『可愛い顔して』って言うとやってくれます」

  • 「トイレで用を足すと、必ずヒコーキ耳になり走って報告。褒めてあげている間は、ずっとヒコーキ耳です」

  • 「トイ・プードルなのでヒコーキにはなりませんが、トイレができたことを伝えたり、ごはんを完食できたときなど、耳を上げ下げして気持ちを伝えてくれます」

  • 「いつもと違った音が聞こえてきたとき」

  • 「帰宅のお迎え時。ハーネスをつけるときなど、嫌なことをされそうになったとき」

【獣医師解説】ヒコーキ耳になる犬の心理とは?

ヒコーキ耳になる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

紹介したエピソードのように、飼い主さんたちはさまざまなシチュエーションで、ヒコーキ耳になる愛犬の姿を目撃しているようです。

では、ヒコーキ耳になるとき、犬はどのような気持ちなのでしょうか。いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生に聞きました。

——犬がヒコーキ耳になるときは、どのような気持ちでいると考えられますか?

岡本先生:
「犬は耳を使って感情を表現することがあります。耳を後ろに倒すヒコーキ耳も、感情表現のひとつです。ヒコーキ耳をしながら穏やかな表情をしたり、しっぽを振ったりしていれば、リラックスして好意を示したり喜んでいると考えられるでしょう。

しかし、耳を倒しながら歯をむき出しにしていたり、表情がこわばっていたりする場合は、威嚇・警戒といった敵意を示しているサインになります。また、不快なときや嫌な気持ちが強いときにも見られるでしょう」

ヒコーキ耳をしやすい犬の傾向は?

ヒコーキ耳になる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——ヒコーキ耳をしやすい犬には傾向があるのでしょうか?

岡本先生:
「ヒコーキ耳のように、耳が横向きの形になる犬種といえば、やはり柴などの『立ち耳の犬種』でしょう。そのなかでも、直立耳をもつ犬種は、ヒコーキ耳になりやすいと思います。

ただし、性格によってはあまり耳で感情表現しないコもいるので、直立耳の犬がすべてヒコーキ耳をするわけではありません。

ほかの立ち耳、あるいは半立耳の犬でも、耳を倒す動きはしますね」

——たれ耳の犬種でも、ヒコーキ耳はできるのでしょうか?

岡本先生:
「たれ耳の犬種も耳を動かしますが、ヒコーキの形にはなりません。たれ耳の犬が耳を倒した場合、耳が後ろに引いたように、あるいは少し耳が開いたように見えることが多いでしょう。

たれ耳のコの場合は、耳の付け根をよく見ると動きがわかります。目つきなどの表情や、全体の雰囲気もあわせてチェックし、そのときの気持ちを理解してあげるとよいでしょう」

ヒコーキ耳になる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

感情表現のひとつであるヒコーキ耳。みなさんもぜひ、愛犬の耳の動きをよく観察してみてくださいね!

いぬのきもちWEB MAGAZINE 『犬が見せる「しぐさ」「行動」に関するアンケートvol.01』
(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る