1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 若くても注意!犬の死亡原因となる病気【心臓病】原因・症状・予防法など徹底解説

若くても注意!犬の死亡原因となる病気【心臓病】原因・症状・予防法など徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心臓病ってどんな病気?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

心臓病は先天性のものもありますが、7歳以上の高齢犬に多く発症する病気の一つです。心臓病と一口に言ってもその種類は様々で、高齢犬に多くみられる心臓病の一つとして「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさしょう)」という病気があります。

僧帽弁閉鎖不全症とは

僧帽弁閉鎖不全症は、 左心房と左心室の間にある僧帽弁が故障して、血液が上手く流れなくなる病気です。一度かかると完治は難しく、体に必要な血液が充分に流れなくなると死に至る、怖い病気です。

その他知っておきたい心臓病

その他、高齢犬に多く見られる心臓病には、

・三尖弁(さんせんべん)
・閉鎖不全症
・不整
・心内膜炎

などがあります。

犬の心臓病の症状

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

心臓病には様々な種類がありますが、心臓そのものに何らかの疾患があることで起こる症状としては、

・軽い運動でもすぐに息がきれる
・頻繁に咳をするようになった
・お腹が膨れてきた

などが挙げられます。

このような症状が出たら、例え若い犬であってもすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

僧帽弁閉鎖不全症の原因

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

この病気の場合は、10歳を過ぎた小型犬に多く見られる傾向にあります。また、遺伝的な要因も発症原因として考えられており、キャバリアやマルチーズなどの犬種に多く見られます。

他にも、肥満によって心臓機能が低下し病気を悪化させたり、歯周病の犬は歯周病菌によって心内膜炎になったりすることも指摘されています。

心臓病の予防方法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

心臓病の予防方法でまず大切なのは、食事管理をしっかり行うこと。肥満にならないように普段から気を付けておきましょう。
また、歯周病の犬の場合は、悪化させないためにも早めに歯石除去など治療を行い、最低でも2~3日に1回のペースで歯磨きをしてあげましょう。

もしも心臓病になってしまったら

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

もしも心臓病になってしまったら、飼い主は何ができるのでしょうか。万が一のために以下のことは覚えておきましょう。

・室内の気温調整
心臓病の犬にとって暑さや寒さは悪影響となります。
冷暖房を使って室内の温度対策を取ってあげましょう。

・激しい運動は厳禁
激しい運動はもちろん、過度の散歩も避けましょう。
散歩はどれくらいなら大丈夫なのか、距離や時間を獣医師に相談して行ってあげてください。

死亡原因になる怖い病気「心臓病」。どんなに気を付けていても、遺伝や加齢によってなってしまうことも考えられます。しかし、肥満に気を付けておくことでそのリスクを下げられるので、若いうちからしっかりと食事管理に気を配ってあげてくださいね。

出典/いぬのきもち特別編集「7才を過ぎても愛犬が元気!でいられる育て方」(監修:ノヤ動物病院医院長 野矢雅彦先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る