1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【動物写真家が解説】カメラ目線や自然な笑顔で愛犬を撮影するコツ

【動物写真家が解説】カメラ目線や自然な笑顔で愛犬を撮影するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もがペットの写真を撮影してSNSにアップする時代。より可愛く愛犬を撮影するには、どうしたらいいのでしょうか。ちょっとした誘導のコツなどを、動物写真の専門家であるフォトグラファーに解説していただきます!

犬の写真を撮る前に準備するもの

愛犬にいきなりカメラを向けても、カメラ目線のかわいい写真は撮りにくいものです。まずは愛犬の大好きなおやつや音の出るおもちゃなど、関心を引くものを用意しましょう。

たとえば、おやつ

フード、チーズ、ジャーキーなど、ニオイの強いもののほうが、離れていても愛犬の気を引きやすいです。肥満防止のためにも細かくして準備しておいて。

たとえば、おもちゃ

音の出るおもちゃ、フードの袋、フードボウル、おやつケースなど、愛犬が好きな音の出るもので気を引いても。ダイエットや病気のために食べ物を使いたくない場合などにいいでしょう。

犬のカメラ目線の写真を撮るコツは?

カメラを構えながら、おやつのニオイや音の出るおもちゃで犬の関心をひき、カメラの近くに目線を誘導しながらシャッターを切ります。撮影後はごほうびとして、おやつを与えたり、おもちゃで遊んだりしてあげましょう。

食べ物を使って誘導する方法

1. まず愛犬におやつやフードをなめさせます。
2. おやつはなめさせるだけで食べさせず、その手を鼻先からカメラの横に向けて一直線に移動させます。犬が注目している手を、カメラの横に置くわけです。愛犬が見ない場合は繰り返したり、「おやつだよ」という声かけもしてみると、目線も向きやすくなります。

音を使って誘導する方法

あらかじめ、カメラの横に音の出る小道具を持ち、強く鳴らします。愛犬が反応するように繰り返し鳴らすのがコツです。

誰かに手伝ってもらうと、撮影に集中できます

小道具を持ちながらの撮影は、カメラを持っている手が動いて手ブレしやすいので、犬の気を引く係は誰かに手伝ってもらい、撮影係は両手でカメラを持って撮影に集中するといいでしょう。

愛犬の「笑顔写真」を撮るコツは?

犬の「笑顔」は、口を開けてもらわないとなりません。撮影前にいっしょに軽い運動をすると、犬の息が上がって口を開け、目が輝く「笑顔」ショットを撮りやすくなります。

愛犬に口を開けてもらう方法

1. たとえば、いっしょに追いかけっこをします。軽く走ると、犬は楽しさとほどよい疲れで口を開けやすくなります。走りすぎないようにするのがポイント。他に引っ張りっこ遊びをする案も。
2. 適度な疲労で犬が座ったときが狙い目です。犬が口を開けてハアハアしているすきに、カメラを構えて撮影して。

鼻ぺロ写真はこんなふうに…

舌を出した写真なら、犬の鼻や口元に水をつけて撮ります。誰かに手伝ってもらい、犬の口元や鼻に指で水をつけてもらいましょう。それを犬がなめとろうとした瞬間に撮影します。

「こんなふうに撮れます」

犬が動いてしまうのを止める方法は?

動き回る犬を撮影するのは難しいですよね。その場合、振り向かせることで犬の動きを止められます。犬の背後にまわり両手でカメラを持ち、突然声をかけて、一瞬犬が「ハッ」としたすきに撮影します。

愛犬の好きな言葉で振り向かせよう

カメラを構えて、「散歩」「おやつ」「ママ」など、犬が好きな言葉をはっきりした口調で声がけします。犬がこちらを見た瞬間にパチリ。

2人1組で行う方法も

ひとりが犬の前でオスワリを指示して動きを止め、カメラを持ったほうが犬の背後から呼びかけ、犬が振り向いた瞬間に撮影します。

それでも動きが止められないときは…

愛犬がどうしても動き回ってしまうときは、リードを付けて撮影しましょう。リードをひざで押さえた状態でカメラを構え、「ゴハン」などと声をかけて犬が気づいたときにパチリ。

手ブレを防ぐコツは?

シャッターを押す際の手ブレを防ぐには、カメラの機能を利用するほか、ひじと手でカメラを固定して、できる限り振動を抑えて撮るといいでしょう。

デジタルカメラならスポーツモードなどで

カメラの機能、スポーツに適したモードで撮ると、シャッター速度が速いため、結果的にブレない写真を撮りやすくなります。

スマホなら持つ手のひじを固定して

スマホやタブレットなら、機器を両手で持ち、さらにひじを床などに固定して撮ることによって、手ブレ予防ができます。

写真が暗くなってしまうのを防ぐコツは?

毛色が濃い犬だと、写真が暗くなってしまって、表情がわかりにくいことがありますよね。カメラ機能をフル活用するほか、撮影場所の工夫で解決できます。

露出補正で明るさをコントロールしよう

たとえば暗い場所で撮る場合、カメラやスマホの露出補正機能をプラスに設定すれば、濃い毛色の犬も明るく撮れます。

色のある背景の中で撮ろう

緑や茶、オレンジなど白黒以外の背景なら、結果的にカメラが全体を明るく撮ろうと働き、犬の色も明るめになります。

スマホで愛犬をもっと可愛く撮るコツは?

愛犬の日常のシーンを、より近づいて撮ると、ライブ感が狙えます。日頃持ち歩いているスマホなら愛犬も警戒しにくいでしょう。目や鼻、肉球などパーツの接写をしたり、あえて余白を作った構図で撮るのもいいですね。

まとめ

最近は、スマホのカメラ機能も進化していて、誰でも上手に写真が撮れるようになってきましたよね。それでも動物の場合、静止画はなかなか上手くいかないもの。犬の習性を考えたちょっとしたコツがわかれば、愛犬をより可愛く撮影できるでしょう。可愛く撮影できたら
SNSにアップしてみてくださいね。

出典/「いぬのきもち」2013年12月号『愛犬をもっとかわいく撮るコツ教えます』(監修:フォトグラファー佐藤正之さん)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る