1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬のためにもなる「本当は、しなくていいお世話」を知っていますか?

愛犬のためにもなる「本当は、しなくていいお世話」を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「しなくてもいいお世話」って?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬を飼育するうえで発生する、さまざまなお世話。食事やトイレ、散歩などの事前に想定できるお世話から、実際に飼育してみないとわからないお世話まで、本当にたくさんあります。大切な愛犬なので1から10までお世話してあげたいところですが、実は「しなくてもいいお世話」も多く存在します。今回はその中でも意外な、「しなくてもいいお世話」をご紹介します。

1. ごはんの前の「オアズケ」はしなくてもいい!

多くの飼い主さんがやりがちなのがごはん前の「オアズケ」ですが、実は必要ないお世話なんです。ごはん前にオアズケをさせてしまうと、いざ食べるときには「やっと食べられる!」とがっついてしまい、早食いするようになってしまいます。

急いでたくさん食べてしまうことで、「胃捻転」の原因となる「胃拡張」のおそれや、食べ物に過剰に執着するようになり、攻撃的な性格になることもあります。つまり食事前のオアズケは、ただただ時間が無駄なだけ。準備ができたらすぐに食べさせてあげましょう。

2. お散歩のたびに足を洗わなくていい!

室内で飼育していると、お散歩から帰るたびに足を洗う飼い主さんも多いかと思いますが、これも「しなくてもいいお世話」の1つです。洗いすぎると皮膚が乾燥してしまい、それを気にした犬が足を舐めるようになってしまいます。そこに雑菌が入ると、肉球の周辺がじゅくじゅくしてしまいます。

清潔にすることはもちろん大切。しかしお散歩から帰ってきたときは、固く絞った濡れタオルで足や肉球を優しく吹いてあげるだけで十分です。足を洗うのは雨のあとなど、ひどく汚れた時だけでOKです。

3、お散歩のルートは毎回同じにしなくてもいい!

お散歩のルートを毎回同じだと犬がルートを覚えてしまい、引っ張り癖を助長してしまいます。また、毎日同じ景色だと、犬自身が飽きてお散歩がつまらなくなってしまう場合もあるでしょう。ただし、毎日同じルートの方が安心するタイプの子もいるので、愛犬の性格を見極めて判断しましょうね。

体験談①「犬用の洋服は着せていません」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

本項からは「我が家の○○しないお世話」の体験談をご紹介します!

1つめは、犬の皮膚や毛のことを考えて、犬用の洋服を着せていないという方。この「しないお世話は」正解!健康な犬には洋服は必要ありません。

シニア犬の防寒具や外出先に毛を落とさないために服を着せるなどは問題ありませんが、その場合も1日中着せっぱなしにするのはNGです。服を脱がせたあとは、皮膚のチェックとブラッシングを欠かさないようにしましょう。

体験談②「肛門腺絞りは自分でやらず、トリマーさんにお任せしています」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

肛門腺絞りは毎日やるお世話ではないので、トリマーさんにお任せするという判断は正解です。肛門腺絞りは素人には少々難しくデリケートなお世話なので、無理にやろうとしてケガをさせたり、愛犬との関係が悪化したりするようなら、プロに任せてしまいましょう。

ただしこれは「たまにやるお世話」の場合。ブラッシングなどの毎日するお世話は、しっかりとご自身で行いましょうね。

体験談③「ただいまの挨拶はしていません」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

飛びつきを防止するため、愛犬にただいまの挨拶をあえてしていないという飼い主さん。専門家曰く、こちらの対応は正解!犬の興奮を、むやみにあおらない効果があるそうです。

特に留守番が苦手な犬は、飼い主さんがいるときといないときが明確にわかってしまうので、「いってきます」「ただいま」の挨拶はあえてしないほうがよいでしょう。

体験談④「首輪をつけていません」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

重くて苦しそうなので、あえて首輪をつけていないという飼い主さん。こちらはNG行為です!

・うっかり玄関から脱走した
・震災などで驚いて逃げてしまった

こういった不測の事態に備え、鑑札と注射済票はかならず首輪と一緒につけるように。そもそも法律上、鑑札と注射済票を付けるのは飼い主さんの義務です。たとえ室内飼いでもつけるようにしてください。

意外と多い、「しなくてもいいお世話」。「しなくてもいい」だけではなく、「しない方がいい」お世話も多くありました。記事を参考にして、日々のお世話に役立ててみてくださいね。

出典/「いぬのきもち」2016年8月号『そのお世話じつはしなくていいんです』(監修:しつけスクールCan!Do!Pet Dog School代表 西川文二先生・ドン・ペット・クリニック院長 重田洋一先生)
文/higarina
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る