1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. Vol.5 センパイの足腰強化トレーニング2「 愛犬のすこやかアンチエイジング」

Vol.5 センパイの足腰強化トレーニング2「 愛犬のすこやかアンチエイジング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.5 センパイの足腰強化トレーニング2

元気な長生き犬を目指してスタートした8才になる柴犬センパイのアンチエイジング。
前回に続きペットケアサービス Let’sさんで受けたトレーニングをご紹介します。

ペットケアマネージャーの三浦さんと伊藤さんから指摘された「センパイちゃん、後ろ脚の外側の筋肉が落ちてきていますね」の言葉。飼い主も気づいていないことでしたが、言われてみればなるほど、以前よりヒップラインが落ち、ハリがなくなっているよう。

そこで手軽にできる筋トレを教わることになりました。散歩はあまり好きではなくて、フライング・ディスクもアジリティもやったことのないインドアな雑食女子であるセンパイにもできるかな。ひとりと1匹、はりきって臨みます。合い言葉は「Stop the 筋肉低下!」

いぬのきもちweb

足腰の丈夫さが、長生きの秘訣だそう。筋肉について丁寧に教えてくださる三浦さん

「センパイちゃんは、バランスボールに乗ってみたことありますか」
まずは私、伊藤さんからの質問にびっくり。センパイ? バランスボールに乗ったこと……? なんてあるわけないですよ? 聞かれたことに思わす疑問型で返してみたりして。バランスボールが流行ったとき、つい買ってしばらく試し、結局私もできないままフェードアウト。サーカスでもあるまいし、犬をバランスボールに。頭の中に「???」が浮かびます。

「このようなものがあるんですよ」と伊藤さんに見せていただいたのは、まんまるというより、天地が少し平らになったバランスボール。犬の筋トレ用に開発されたものだそう。

いぬのきもちweb

犬の筋トレ用だというバランスボール。最初は上手に立てないとか

「ちょっとこの子を乗せてみましょう」と、ひょいと乗せられたのはチワワ・サーフちゃん。ほぅ、顔色ひとつ変えず、悠々と乗ってるではありませんか。しかも、立ち上がることもできる。サーフちゃんは、バランスボールのトレーニングを1年以上行っているそう。なので、こんなにも上手に立てるのです。間違った方法で行うと足腰を痛めてしまうため、トレーナーの指導のもとで練習することが大切です。

いぬのきもちweb

脚の筋力がしっかり付いている犬は、バランスボールの上でもしっかり立てるとのこと。すごい

「じゃあ、センパイちゃんも乗ってみる?」促されて試したセンパイ、およ? おっとっと〜と案の定よろよろと挙動不審に。これでは怪しい酔っぱらい。

いぬのきもちweb
いぬのきもちweb

支えがあるときは平気でも、手を離すとプルプル震えるセンパイ。写真もブレてしまうほど小刻みなアクション

「犬も体幹をしっかりさせることが大切なんです。練習を重ねれば、バランスを保って身体を支えられるようになりますよ」伊藤さんの言葉が心強い。天地が平らなバランスポールなら練習すれば私にもできるかも。私がセンパイを抱っこしながらバランスボールに乗れたら楽しそう。でも、本当はセンパイがひとりで乗れるようになるのが理想。バランスボールとおやつをセットにしたら励みになるな。

いぬのきもちweb

最終的には3人掛かりでセンパイをサポート。何とか立てるようになりました

脚をしっかり動かすマット運動

次に教えてくださったのはマット運動。バスタオルをぐるぐる巻いて棒状にし、それを何本か間隔をあけてマットの上に並べる。そしてタオル棒をまたぐように犬を歩かせます。

「ハイ、センパイちゃんもやってみましょう!」三浦さんに促され、スタートラインに立つセンパイ。ゴールにはおやつを持った伊藤さんがスタンパイ……。おっと、センパイ、数歩左にずれタオルの障害物をさささ〜と避けてちゃっかりゴールしちゃった。あれれ、意外に機転(悪知恵?)が利きますな!

いぬのきもちweb

おやつで誘導をしながら、障害物をまたがせます。ゆっくりと脚に負荷をかけるのが筋トレのコツ

センパイのようなちゃっかりさんには、道幅を狭めて行うことがポイントです。急がせるよりも、確実に脚を上げて障害物を越せるように歩かせましょう。この筋トレを応用したのが、前回ご紹介した飼い主が開脚し、おやつで誘導しながら犬を歩かせる遊びです。

ジワジワ効きますワンワンスクワット

そして最後に教えてくれたのはワンワンスクワット。まずは飼い主の前に犬を座らせ、魅力的なおやつを見せます。「わ! おいしそう。ちょうだ〜い」と顔をおやつに近づけてきたタイミングで、おやつを飼い主のほうに引き寄せる。そうすると犬はおやつに釣られて腰を上げます(写真1)。立ち上がったら今度は「はいはーい、あげるわよ〜」とおやつを犬の鼻先に近づける(写真2)。で、犬は「おっとっとー」と腰を引く……(写真3)。この動作がスクワットになるんです。

もちろん、おやつを見せるだけでは「どうせくれないし……」と犬もやる気をなくすので、適度に与えつつ運動させることが大事。おやつを持った手で弧を描くように動かすのがコツですよ! はじめはタイミングが難しいかもしれませんが、犬の動きに飼い主が合わせるようにしてみてくださいね。1回に10回ずつとか決めて、1日に何度かやるといいみたい。

いぬのきもちweb

写真1:おやつに釣られて犬が腰をあげた状態

いぬのきもちweb
いぬのきもちweb

写真3: おやつに釣られて鼻を近づけてきたタイミングでおやつを鼻先に近づけると、踏ん張ったような体勢に。このとき、後ろ脚に負担がかかるので鍛えることができます

教えていただいたどの筋トレも、おやつを使って遊びながらしてみてください。センパイ、教えていただいたことを、しっかり守って、家でもトレーニングしようね。それには、おいしいおやつをたくさん用意しておかなくちゃ。

いぬのきもちweb

犬がお尻をつけた状態で立ち上がるこの姿勢は腰を痛めてしまうのでNG。注意が必要です

次回予告
健やかシニア犬を目指すため、筋力トレーニングと同じくらい大切な口内ケアについて教わります

取材協力:ペットケアサービス Let’s
住所:東京都江戸川区西葛西1-15-1
電話:03-3675-0250
HP:http://lets-pet.com/


取材•文:いしぐろゆきこ

プロフィール
いしぐろゆきこ:愛犬誌や女性誌、WEBなどで日々の暮らし、犬猫に関するエッセイやモノのリコメンドを執筆。近著に『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』(幻冬舎)。
http://www.blueorange.co.jp/yuruyuru/

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る