1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 吠えたり飛びついたり大騒ぎ!興奮した愛犬をとっさに落ち着かせるには

吠えたり飛びついたり大騒ぎ!興奮した愛犬をとっさに落ち着かせるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

①人に対して飛びかかったり吠えたりする

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

お出かけの多い時期ですね。普段行き慣れない場所にお出かけすると、犬はさまざまな刺激を受けて興奮することがあります。興奮しすぎて、例えば他の人に吠えたり飛びかかろうとしたりするとかなり危険。とくに体重の重い大型犬が人に飛びかかると、転んで大ケガをするなどトラブルに繋がることも。

この時の対処法

これほど強く興奮している場合は、犬が興奮する原因となった人や場所から物理的に離すのが重要です。おやつなどを使って犬を誘導し、吠えたり唸ったりしなくなるところまで遠ざけ、犬を落ち着かせましょう。

②他の犬に吠え掛かる

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

お出かけ中に見知らぬ犬と遭遇すると、興奮して吠えてしまう犬もいます。吠えるだけなら大きなトラブルにはなりませんが、相手によっては噛みついてくるなど、ケンカになってしまうこともあるので注意が必要です。

この時の対処法

犬が他の犬を見つめてしっぽを振るなど興奮しそうな様子を見せたら、まずは「アイコンタクト」や「オスワリ」「マッテ」などの指示を出しましょう。飼い主さんの方に注目させ、興奮状態にならないようにします。
興奮は、あるレベルを超えてしまうと制御不能に。そこまでボルテージが上がるまでに抑えるのが飼い主さんの役目。そのため、この場合は、ほかの犬に出会ったときに「吠える」という経験をさえないことが大事です。

③犬同士がケンカをする

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

吠え合いがエスカレートして、犬同士がケンカをしたときは興奮度がMAX。さらにパニック状態になっていたら、制御はほぼ不可能です。この時、人が手などをヘタに出して犬を抑えようとすると、噛まれて大ケガをする恐れがあるので気を付けましょう。

この時の対処法

こんな時は、巻き込まれてケガをしないように注意が必要。ジャケットやストール、傘など身近にあるものを使って、犬と犬の間に「壁」を作ることが効果的です

トラブルを起こさないように「興奮しない犬」にしつける

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

お出かけ先など、普段とは違う環境で犬が興奮すると、興奮の度合によっては、さまざまなトラブルの原因になります。そのため、日ごろから何か刺激を受けても興奮しないように教えておくことも大事です。

そのために、愛犬が興奮している時は背を向けるなど相手にするのはやめ、落ち着いている時に「オスワリ」などの指示を出し上手にできら褒めてあげるといった方法があります。これを繰り返すことで「落ち着いていると飼い主さんが相手にしてくれる」と犬は学習し、興奮しにくくなります。

日ごろのトレーニングを活かして楽しいお出かけを!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

他にも、飼い主さんと一緒に思いっきり遊んで、愛犬が興奮したら「クールダウン」することを教えるのもおすすめです。これを覚えた犬は「落ち着くと楽しいことが起きる」と理解するので、たとえ興奮してもクールダウンさせられるので、飼い主さんが制御しやすくなります。

愛犬が出先で、万が一他の人や犬に怪我を負わせてしまったら大変です。そうなる前に、興奮を抑えること、興奮をさせないこと、教えたいですね。

参考/「いぬのきもち」2017年8月号『クールダウンのしつけで穏やかイイコに!犬の興奮メーターどう下げる!?』(監修:「SKYWAN!DOG SHCOOL」代表、家庭犬しつけインストラクター 井原亮先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る