1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 獣医師Q&A付き!愛犬に元気がないときの原因や対処法を解説!

獣医師Q&A付き!愛犬に元気がないときの原因や対処法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬に元気がないと、病気ではないかと心配になりますよね。今回は、犬の元気がないときに考えられる原因や、対処法について解説。「いぬのきもち相談室」に寄せられたQ&Aもあわせてご紹介します。犬に元気がないときは、病気以外にも理由がありました。

犬の元気がない時に注意したい症状とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬に元気がないときでも、それ以外はいつもと変わりないのであれば、数日様子を見るだけでも大丈夫でしょう。しかし元気がないことにくわえて以下のような症状が出た場合は、動物病院を受診するようにしてください。

食欲がない

「食欲がない」という症状は、ストレスや遊び疲れなど、病気以外が原因のこともあります。しかし、さまざまな病気に共通する症状の一つでもあるので、見逃さないようにしましょう。一時的に食欲がなくなった、あるいは犬がストレスや疲れを感じるような出来事に心当たりがある場合は、結果として経過観察でいいこともあるかもしれません。しかし、閉塞の可能性もありますので、獣医師に相談することをおすすめします。

一方で、だんだん食欲が落ちてきた場合などは要注意。「胃腸炎」や「感染症」などの病気の疑いがあります。また、食べたそうにしているのに食べられない様子なら、「歯周病」や「口内炎」など、口内トラブルを抱えているのかもしれません。この場合は、なるべく早く動物病院を受診するようにしましょう。

下痢や嘔吐をしている

犬が嘔吐や下痢をしているときは、何らかの病気になっている可能性があります。この場合考えられるのが、寄生虫などによる「感染症」や、「胃腸炎」などの消化器系疾患、他にも「腎不全」や「膵炎」といった内臓疾患など。症状が長引くと脱水などにつながることもあるので注意しましょう。

震えている

犬に元気がなく震えているときは、病気による痛みなどを疑います。また、「破傷風」「低血糖症」「脳腫瘍」「犬ジステンパーウィルス感染症」「椎間板ヘルニア」「中毒症状」「てんかん」などの病気も考えられます。いずれも危険度の高い病気ですので、すぐに獣医師に診てもらう必要があります。ただし、震えているだけではすぐに病気につながらないケースもあるため、まずは犬の様子をしっかりと観察しましょう。

元気がなくなったのはいつ?状況別に考えられる理由や対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬は病気以外にも、環境や状況の変化によって元気がなくなることがあります。

ワクチン接種後

混合ワクチンを接種したあと、元気がなくなる犬も多くいます。考えられる主な原因は、副作用とストレスです。混合ワクチンの副作用は、接種後数分で出ることが多いのですが、ごくまれに数日後に現れることがあります。また病院嫌いの犬や注射嫌いの犬は、精神的なストレスによって落ち込んでしまうことも。

避妊・去勢手術後

避妊・去勢手術後は、体に手術による傷の痛みが残っているため、元気がなくなるケースが見られます。また飼い主さんから離れていたストレスや、全身麻酔による急な体調の変化についていけず、ぼーっとしてしまうことも。手術後、傷口が完治するまでは、なるべく安静にしておくように意識してくださいね。

引っ越し後

引っ越しなどの環境の変化が原因で、元気がなくなって食欲が落ちたり、便秘や血尿になったりすることがあります。この場合、しばらくは様子を見ながら、昔の家のニオイがついた服やタオルをハウスに入れてあげてください。そうすることでストレス軽減につながり、少しずつ元気を取り戻すはずですよ。

外出先

外出先で元気がなくなった場合は、慣れない環境にストレスを感じている可能性があります。そんなときは飼い主さんが優しい言葉をかけて、犬の緊張をほぐしてあげましょう。

外出先でさらに注意したいのが「熱中症」です。屋外にいて熱中症の疑いがある場合は、すぐにエアコンの効いた涼しい室内へ移動し、犬が自力で水を飲める場合は飲ませてあげましょう。もしぐったりしている場合は、水を全身にかけて体温を下げてあげること。ただし、これは応急処置にすぎません。すぐに近くの動物病院を受診するようにしてください。

いぬのきもち相談室「犬に元気がない」に関するQ&A

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「愛犬に元気がない」と心配する飼い主さんから「いぬのきもち相談室」にもたくさんの質問が寄せられています。

ケース1. 元気がない以外にも心配事が…

Q. 今日は元気がありません。散歩に行っても少し歩いて止まってしまい、尿も少ししか出ていません。

【先生の回答】
元気がないのはすべての病気に共通するサイン。また、尿が少ないということは、脱水や腎臓、尿路に何らかの異常があって排泄できない可能性も。すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

ケース2. 愛犬が急におとなしくなった

Q. 9歳の愛犬が急におとなしくなりました。どのような原因が考えられますか。

【先生の回答】
おとなしくなった以外にも、好きなもの食べない、散歩を嫌がる、呼吸が早い、反応が鈍いなどの症状がある場合は、動物病院で診察を受けましょう。他の症状がない場合は、痛がる箇所がないか体を触り、皮膚や粘膜の色にも異常はないか確認しましょう。9歳にもなるとさまざまな病気を発症しやすくなるため、早めに動物病院で診察を受けることをおすすめします。

ケース3. 一日中寝ている…

Q. フセの体勢でキャンと鳴いてから一日中寝ています。便が出ていないことと関係はありますか。

【先生の回答】
便が出てないことが原因ではなく、身体に何か問題があり、その結果として「鳴く」「じっとしている」「便が出ない」という状態になっている可能性が高いです。翌日にも続くようであれば、動物病院に連れて行きましょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A(元気がない)」

心配が残るときは「元気がない」だけでも動物病院へ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

もし愛犬に元気がなくても、食欲があってウンチやオシッコに異常もなく、普通に過ごしているようなら様子見でも構いません。しかし、元気がない状態が続き、普段の様子に心配事が少しでもある場合は、健康チェックもかねて動物病院へ行きましょう。

辛いときに、人のように辛いと言えない犬。そんな犬と暮らしている以上、飼い主さんが小さな変化に気づいて、「いぬのきもち」に耳をかたむけてあげることが大切です。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師監修】犬はどうして震えるの?その原因と対処法とは」

参考/『いぬのきもち』2016年4月号「春の病気・トラブル」(監修:南直秀先生)
    『いぬのきもち』2016年7月号「本当は怖い熱中症の真実」(監修:南直秀先生)
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「【獣医師監修】犬はどうして震えるの?その原因と対処法とは」(監修:滝田雄磨先生)
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A(元気がない)」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る