1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬との楽しいスキンシップで、愛犬がもっとフレンドリーなコになる♪

愛犬との楽しいスキンシップで、愛犬がもっとフレンドリーなコになる♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは抱っこに慣れさせよう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

たとえば、予防接種を受けるとなると、犬は獣医師や動物看護師に全身を触れられることになります。
そこで、まずは体を触れられることや抱っこに慣れさせましょう

抱っこに慣れさせる方法とは?

①あらかじめフードを軽くにぎっておきます。
②フードをにぎった手を犬の鼻先につけ、飼い主さんがリードを持つ手の側の足の横に、ピッタリと犬がくっつくように、フードで気を引きながら誘導します。
③リードを持っている方の手で、おなかの下に手をいれて抱き上げ、その状態で、それまで握っていたフードを与えます。

このとき、力いっぱい抱きしめたり、おなかを上に向けて抱っこしたりしないように注意しましょう。おなかの下に手をいれて、3本の指で胸とおなかを支えるようにします。自分の体に犬の体を密着させるとさらに安定しますよ。

少しずつ抱っこが「いいもの」と覚えさせて

犬は、実は拘束されることを本能的に嫌がります。抱っこをするときは、いきなりするのではなくフードを与えながら行い、「抱っこされる=いいことがある」などと犬に覚えさましょう。これを繰り返すことで、抱っこに慣れさせることができるはずですよ!

抱っこに慣れたら、外に慣れさせよう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

次に、外に慣れさせることも動物病院で予防接種を受けるためには大切です。

外に慣れさせる方法

①まず抱っこをした状態で家の中から外を見せ、外の風景に慣れさせます。
 このとき、犬が人や自動車に目を向けたら、その都度フードを与えます。
②窓から外を見るのに慣れたら、玄関先へ出てみましょう。
 同じように、玄関先で外の風景を見せながらフードを与えます。
③玄関先で充分外の景色に慣れたら、抱っこしたまま家のまわりをゆっくり歩いてみます。
 また、数分間動かないでいるとその場の刺激にも慣れるので、時々立ち止まってみましょう。
 立ち止まったらそままフードを与えてください。
④外の環境に慣れたら、自動車や人、他の犬に慣れさせるしつけにうつります。
 動く車を見せたり他の犬に近づいたりして、慣れさせたいものを見せながらフードを与えるようにしてください。

他の人に協力してもらうのもおすすめ!

外へ出ると、犬好きの人が近づいたり声をかけてきたりすることがあります。そんなときこそチャンスです!飼い主さんではない人の手からフードを与えてもらうことは、犬が人に対して好印象を持ち、嫌がったり怖がったりしなくなることへ繋がります。外で協力してもらえる人に出会ったら、ぜひ実践してみたいですね。

子犬ならパピーパーティー参加するのも◎

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬が生後4〜5ヶ月くらいの子犬であれば、かかりつけの動物病院が開催する「パピーパーティー」に参加するのもをおすすめです。

パピーパーティーとは、子犬同士の触れ合い会のようなもので、問題行動のない社交性のある犬を育てるために役に立ちます。それだけでなく、かかりつけの動物病院主宰のものに参加すれば、動物病院にも慣れることができるので一石二鳥です。

このようにして、子犬同士が触れ合い、人に触られることや外に出ることに慣れてしまえば、予防接種を打つなど動物病院に行くのも問題なくなるはずです。ぜひ参考にしてくださいね!

参考/「いぬのきもち」特別編集『犬との暮らし大辞典』(監修:しつけスクールCan!Do!Pet Dog School 代表 西川文二先生)
文/ひらひら
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る