1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 人間の失われた能力を補う「補助犬」 役割、存在の大きさを知ろう!

人間の失われた能力を補う「補助犬」 役割、存在の大きさを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優れた感覚や運動能力などを活かして「はたらく」犬たち。彼らの仕事のフィールドは広がり、さまざまな現場で人間のよきパートナーとなっています。

そのなかでも、今回は「補助犬」に焦点を当てて見ていきましょう。

補助犬は、人間の失われた能力を補う心強いパートナー

補助犬
写真提供:公益財団法人 日本補助犬協会

まずは、補助犬の役割について。補助犬とは「盲導犬」「聴導犬」「介助犬」の総称。彼らは人間の失われた能力を補う役目を担っており、さまざまな種類の犬が訓練を積んで活躍しています。

平成14年に「身体障害者補助犬法」が施行され、公共施設や公共交通機関での補助犬同伴の受け入れが義務化されました。


それでは、盲導犬、聴導犬、介助犬についてくわしく見ていきましょう。

盲導犬の役割

盲導犬
写真提供:日本盲導犬協会

目の不自由な人が安全に歩ける手伝いをする盲導犬。曲がり角や段差で止まり、人は「ハーネス」という犬の身体につけた道具から、その情報を読み取ります。

自転車などの障害物に人がぶつからないように上手に避けることはもちろん、白杖で発見することが難しい高い場所にある障害物も避けてくれるのだとか。


※盲導犬になるには、各育成団体が認定すれば合格となります。

聴導犬の役割

聴導犬
写真提供:日本聴導犬協会

わたしたちの通常の生活には、アラーム音や泣き声など、聞こえないと重大な支障をきたす音があふれています。

聴導犬は、ドアのチャイムや赤ちゃんの泣き声、目覚まし時計の音などを、体にタッチして音源に誘導することで知らせます。災害時の避難先などでは、聴覚障害を健聴者に気づかせる仲介役ともなってくれるのです。


※聴導犬は、専門家の面接や聴導動作、乗車試験をクリアすると合格となります。

介助犬の役割

介助犬
写真提供:社会福祉法人 日本介助犬協会

介助犬は、手や足の不自由な人に、さまざまな手助けを行うよう訓練された犬。

落としたものを拾う、指示されたものを持ってくる、ドアの開閉、スイッチ操作、脱衣補助など、病気や障がいに合わせた作業が多いのが特徴。

不測の事態が起きたときには、「携帯電話を探して持ってくる」といった行動も求められます。


※介助犬は、動作検証などの認定試験をクリアすると合格となります。

人を支える補助犬になるまでには、さまざまな訓練を積む必要があります。助けが必要な人のサポートができるよう、彼らは日々頑張っているのです。

もし街で補助犬を見かけたら、彼らが仕事に集中できるようにそっと見守ってあげましょうね。

参考/「いぬのきもち」特別編集『犬との暮らし大事典』
文/sorami

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る