1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 室内犬の暑さ対策とグッズで熱中症にさせない!愛犬を守る対策とは

室内犬の暑さ対策とグッズで熱中症にさせない!愛犬を守る対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

油断すると危険な犬の熱中症。暑さが厳しい夏の間は、特に注意が必要です。そこで今回は、シーン別に室内犬の熱中症を予防する暑さ対策とグッズをご紹介します。また、万が一熱中症の症状が見られた場合の対処法も解説します。

油断すると危険な犬の熱中症

お散歩パグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は暑さや湿気に弱い動物です。そのため、高温多湿な環境では体温コントロールが上手くできず、あっという間に体温が上がってしまいます。人の感覚で大丈夫と思っていても、油断は禁物。最悪の場合は命に関わるほど、犬の体に負担をかけてしまうこともあるのです。愛犬に次のような症状が見られたら、熱中症の疑いがあります。

ハアハアと苦しそうに荒い息づかいをしている

犬は体温が上がると、鼻と口の両方で呼吸をすることで水分の蒸発を増やし、体温を下げます。いつもより荒い息づかいでハアハアしているときは、上がり過ぎてしまった体温を下げるために、必死になって呼吸をしている可能性があります。

体が熱くなっている

犬の平熱は、通常、耳の中の温度か直腸温で約38~39℃です。体温が40℃を超える状態が続く場合は危険といえます。耳の中やわきの下、おなかに手を当て、いつもより熱く感じたら体温を測って確認しましょう。

体温測定を習慣にしておくことは、愛犬の平熱を把握できると同時に、検温に慣れさせることにもつながります。検温する部位によって若干温度が違うので、いつも同じ部位で測るようにしましょう。

舌や歯ぐきが赤くなる

犬は息づかいが荒くなると心拍数が上がり、脈拍も速くなることで一時的に血流が増します。その結果、血管が拡張して粘膜の血色がよくなります。いつもより舌や歯ぐきが赤々として見えたら、熱中症のサインかもしれません。

うろうろして落ち着きがなくなる

愛犬がうろうろしているときは、苦しくてどこか涼しい場所を探しているのかもしれません。また、体温がコントロールできなくなるといった体の変化を感じ、不安な気持ちから落ち着きがなくなる場合もあります。

いぬのきもち WEB MAGAZIN「最悪の場合、死に至ることも……犬の熱中症の初期症状4つ」

いぬのきもち WEB MAGAZIN「【獣医師監修】「犬の平熱」知ってる?熱中症など発熱時にすべき対処」

【シーン別】熱中症の予防と対策

スイカとポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

全身を毛でおおわれている犬にとって、屋外はもちろん、室内でも熱中症予防は重要です。ここでは、シーン別に役立つ対策とグッズをご紹介します。

【室内編】対策とグッズ

・遮熱カーテン
夏の強い日差しは、早朝や夕方でも室内に差し込めば室温が上昇します。たとえ濃い色のカーテンでも、日差しは遮られても熱をためこんでしまうことがあります。遮熱カーテンなら、日差しを遮ると同時に室温の上昇を防ぐのに有効です。

・窓の外側に「よしず」
窓の外からも日を遮ることで、室温の上昇を抑えることができます。窓際によしずを立てかけたり、夏の間はつる性の植物を植えたりして「緑のカーテン」を作るのもよいでしょう。

・エアコン
エアコンの冷風が床と平行に吹くように羽の向きを設定することで、室内の空気が循環し、湿気がたまるのを防ぐと同時に部屋全体が均等に冷えやすくなります。エアコンは、室温が26℃前後になるように設定しましょう。また、ハウスに風が直接当たると犬の体が冷えすぎてしまうので、ハウスの置き場所には注意が必要です。

留守番時はさらにこんな対策も

・飲み水は複数用意
飼い主さんの不在時に愛犬が飲み水をこぼしたり、飲み干したりした場合に備え、飲み水は複数用意し、それぞれを日の当たらない場所へ置いておきましょう。

・クールマット
犬用のクールマットの上は、床の表面よりもひんやりとしています。そのため、愛犬は床で寝るよりも、涼しく過ごすことができますよ。

・凍らせたペットボトル
ハウスの上に凍らせたペットボトルを置いておくと、ペットボトルから冷気が出てハウス内を冷やすことができます。なお、ペットボトルは結露が垂れないよう、タオルなどで巻いておくようにしましょう。

【屋外編】対策とグッズ

・散歩は早朝か、地面が冷えた夜間に
暑い時期の散歩は、早朝(できるだけ朝7時よりも前)に、風通しがいい日陰を選んで行いましょう。夜間の散歩でも油断は禁物。日中、日が当たるアスファルトやマンホールはとても熱くて危険です。夜間にお散歩する場合でも、地面が冷えているか充分確認し、風が吹いているときに出かけましょう。

・犬用のクールアイテムの活用
ひんやりとするタイプの洋服や、保冷剤を包んで首につけるクールタイなどが暑さ対策に効果的です。洋服やクールタイが苦手な犬には、散歩の途中で犬用の冷感スプレーをわきやお腹に吹きかけてあげてもよいでしょう。

いぬのきもち WEB MAGAZIN「家の中も危険! 愛犬を熱中症にしない住環境のポイント」

もしも熱中症の症状が見られたら

柴犬らっくくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

熱中症にさせないことが大前提ですが、もし愛犬に熱中症の症状が見られたら緊急処置を行う必要があります。愛犬の命を守るためには、飼い主さんの適切で素早い行動が重要になります。

最初にすべきこと

かかりつけ医に電話をし、指示を仰ぎます。それと同時に愛犬を涼しい室内や車内、風通しのいい日陰で休ませ、水を飲ませます。このとき、気管に水が入るとかえって危険なため、無理に飲ませるのは禁物です。

いざというとき、かかりつけ医にすぐに連絡がとれないこともあります。その場合を考えて、携帯にはあらかじめ複数の動物病院の連絡先を登録しておくと安心です。

自力で水を飲めないほどなら

屋外の場合、ペットボトルなどで愛犬の体に水をかけます。このとき、愛犬の体にタオルを置き、その上から水をかけることで水が無駄に流れ落ちず、体に行き渡りやすくなります。さらに、タオルの下に手を入れて毛をかき分け、水が皮膚に直接浸透するようにしましょう。

室内の場合は、シャワーで全身に水をかけます。毛を逆なでつつ、腰側から首の方向に向かって水をかけましょう。皮膚に直接水が行き渡ることで、体温を下げやすくなります。

それでも意識がもうろうとしていたら

ペットボトルやシャワーで水をかけてもぐったりしているようなら、愛犬の体を直接水の中へ入れます。このとき、愛犬の体勢はあおむけにせず、鼻と口が水につかないよう充分注意し、手で支えながら入れましょう。
その後、体を冷やしながら動物病院へ連れていきます。移動中は、濡れたタオルで全身を包んだり、わきや首、おなかなどに保冷剤を当てるなど工夫してください。受診後は体力が低下しているので、獣医師の指示に従って安静に過ごしましょう。

いぬのきもち WEB MAGAZIN「GWは犬の「熱中症」に注意! 外出先での予防&緊急対応は?」

犬の熱中症に注意して、暑い夏も快適に過ごそう

クローバーとモコちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人が「このくらいは大丈夫」と思っている暑さでも、犬にとっては体に大きな負担となってしまう場合があります。熱中症は、最悪の場合犬の命を奪いかねない恐ろしい病気です。屋外はもちろん、室内でも油断せずに、必要な対策をとって快適に夏を過ごしましょう。

暑さを人の基準で考えるのではなく、犬の基準で考えることが大切です。熱中症予防に役立つグッズと対策で、愛犬を熱中症から守りましょう!

いぬのきもち WEB MAGAZIN「病気・症状データベース(犬の熱中症)」

参考/「いぬのきもち」2016年7月号『少しの油断が命とりになるから知っておいて 本当に怖い熱中症の真実』(監修:東京動物医療センター 副院長 南直秀先生)
   「いぬのきもち」2017年7月号『サーモグラフィーで見て納得!危険スポット別 熱中症リスク対策』(監修:ノヤ動物病院院長 野矢雅彦先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/kate
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る