1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 意外と知らない? 犬の室内飼いで起こりやすいケガは、こんなにあった!

犬と暮らす

UP DATE

意外と知らない? 犬の室内飼いで起こりやすいケガは、こんなにあった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
くつろぐ柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬を室内で飼っている人で、「家の中で飼っているから安全」と考えている人はいないでしょうか? じつは、室内だからこそ起こりうる事故・怪我というのがあるのです。

具体的にどのようなものがあるのか、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました!

子どもが抱きかかえたときや、椅子やソファなどからの落下事故

抱っこされる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

まず多いのは「落下」です。子どもが無理やり犬を持ち上げて犬が暴れて落下するケースや、椅子、ベッド、ソファなどの少し高いところからジャンプしただけでも骨折することもあります。

とくにチワワ、トイ・プードル、イタリアン・グレーハウンドなどは、骨が細く折れやすいため、椅子程度の高さからの落下でも骨折事故が起こることもあります。

防ぐためには……

子どもが犬を抱きたがるときは、大人がきちんとサポートしてあげましょう。

また、椅子やソファ、ベッドのそばには段差をつけるためのステップ、クッションを置くなどの工夫が必要です。

窓やベランダ、階段からの落下事故

見つめるトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

窓やベランダなどからの落下事故もあります。小型犬の場合は体が小さいので、ベランダや窓の柵から落ちてしまうのです。

また、階段からの落下も気をつけなくてはいけません。階段の下りは重い上半身が下になり、なかにはバランスを取りきれず、階段を転げ落ちてしまうことも。

防ぐためには……

落下を防ぐためにはベランダには出さないようにするほか、転落防止柵をつけたり、家具の配置を変えるなどするとよいです。

階段は、犬だけで移動させないことを心がけるようにしてください。  

転倒事故

見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

室内の怪我では「転倒」も多いです。室内の床はフローリングが多く、犬の転倒の原因となっています。

犬の足の裏は滑りに弱いです。フローリングで走った場合、上手く曲がれずに転倒し足首や膝を捻り骨折したり、脱臼してしまうことがあります。  

防ぐためには……

床に関しては、転倒防止のフローリングにしたり、マットを設置するなどしましょう。また、滑べらないようにするために足裏の毛をこまめに切ることも効果的です。

その他の室内で起こりうる事故・怪我

眠るフレンチ・ブルドッグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

怪我とは違いますが、以下のようなものも室内飼いの場合に起こる可能性があります。

  • 熱中症
  • 低温やけど
  • コードを噛んでしまうことによる感電
  • 床に落ちているものの誤飲
  • 浴槽に落ちて溺れる

室内といえども安全ではないことを、飼い主さんは覚えておいてください。以上のような事故が起こらないよう、飼い主さんは対策をするなど注意しましょう。 

見つめる カニーンヘン・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

滑りやすいフローリングでは足の負担になる可能性があるし、ソファから飛び降りたりジャンプすることも、怪我の原因に。

もしいまの環境が愛犬の負担になってしまうようであれば、安全に過ごせるような工夫をしてあげましょう!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/Honoka

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る