1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬が「苦手だなぁ…」と感じる家族に見せる<5つの反応>

愛犬が「苦手だなぁ…」と感じる家族に見せる<5つの反応>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は叱られたり、嫌がることを無理強いされたりすると、飼い主さんのことを「嫌い!」と思い、一緒にいることを嫌がります。その結果、飼い主さんを見ない、離れようとするなどの行動が見られるように…。今回は、犬が苦手な飼い主さんに対して見せる、5つの反応をご紹介します。

① 愛犬の名前を呼んでも「無反応・逃げる」

床で寝ている犬

普段から愛犬といいコミュニケーションを取っていれば、愛犬は「飼い主さんに呼ばれたら楽しいことがある!」と期待し、名前を呼ばれたらすぐに駆け寄ってきたり、しっぽを振って返事をしたりします。しかし、スキンシップ不足や叱ってばかりの飼い主さんの場合、「飼い主さんといてもつまらない」などの心理が働き、呼びかけに対し無反応になることが。

② なでようとしたとき「避ける・逃げる」

迷惑そうな顔

愛犬をいつもやさしくなでてスキンシップを取っている飼い主さんなら、愛犬は「またなでてくれる♡」とうれしい気持ちになり、躊躇なく触らせてくれます。反対に、普段からあまりスキンシップをしていない飼い主さんの場合、なでようと手を出しても、愛犬は「何するつもり!?」と恐怖心や警戒心を抱き、飼い主さんから逃げようとします。

③ 部屋の中を歩いても「無反応」

寝ている犬

愛犬といつも楽しい時間を過ごしている飼い主さんなら、部屋の中を歩くだけでも「どこに行くの?自分も一緒に楽しいことがしたい♪」という心理から、愛犬はついて行ったり、目で追ったりします。しかし、愛犬が飼い主さんのことを好きではない場合、行き先は気にならず、部屋の中を歩いていても反応することはないでしょう。

④ 愛犬のそばに座ると「逃げる・離れる」

つまんなそうな犬

愛犬に嫌なことをしない飼い主さんなら、愛犬からの信頼度も高いため、隣に座るとそのまま近くにいてくれます。反対に、愛犬に嫌なことを無理強いするような飼い主さんなら、「近くにいると何をされるかわからない」という不安な気持ちから、愛犬はすぐに逃げてしまうでしょう。

⑤ 愛犬をほめようとしても「よそ見」

寝そうな犬

トレーニングなどで普段から愛犬をたくさんほめている飼い主さんだと、愛犬は「もっとほめてほしい!」という心理から、飼い主さんの指示を聞き逃さないように、飼い主さんをしっかり見て集中します。反対に、叱ってばかりでなかなかほめてくれない飼い主さんには「飼い主さんの指示を聞いても楽しくない」という気持ちになるため、よそ見をするなど飼い主さんに集中しなくなります。

ここでは、好きな飼い主さんに対する犬の反応と比較しながら、苦手な飼い主さんに対する犬の反応をご紹介してきました。この中で愛犬に当てはまる反応がある場合は、残念ながら、愛犬からあまり好かれていないのかもしれません…。

愛犬から好かれるためには、普段からたくさんスキンシップを取って、いい行動は必ずほめるようにしましょう。また、嫌がることを無理強いしないことも大切ですよ。今一度、愛犬への接し方を見直してみてくださいね!

参考/「いぬのきもち」2018年6月号『いつものしぐさ、心理面からのぞいてみよう!愛犬の心理学』(監修:帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科准教授 加隈良枝先生、しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/hasebe
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る