1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬の冬支度、暖房器具のちょうどいい使い方を再確認!

愛犬の冬支度、暖房器具のちょうどいい使い方を再確認!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコン・こたつ・湯たんぽなど、冬場はさまざまな暖房器具を使用することと思います。しかし注意せずに使用していると、愛犬にとっては暑かったり低温火傷になってしまったりする場合も。今回は、犬にとって快適な暖房器具の使い方をご紹介します。

エアコンの適切な温度は?

トイ・プードルのヨナくん、ちゃんちゃんこがキュート♡
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬はもともと、寒さに強く暑さに弱い動物です。よかれと思って高めの温度に設定してしまうと、犬にとっては暑すぎる場合があります。エアコンの設定温度は、26℃程度が適切です。人が快適だと感じる室温になるように設定しましょう。
また、室内の暖かい空気は上の方に、冷たい空気は下の方にたまりがちです。空気を循環させて室温を一定にするために、サーキュレーターなどを使用するのもおすすめですよ。

ホットカーペットの温度は?

チワワのMARちゃん、おめめがくりくり♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

エアコンやヒーターの代わりに犬用のホットカーペットを使用する場合、設定温度は一番低温の設定にしましょう。高温設定のホットカーペットだと、じっとしていたらやけどをするおそれがあるためです。
ただし、ホットカーペットの設置状況には注意が必要。エアコンと違って犬の届く場所に電源コードがあるので、かじらないようにカバーをつけた上で、使用時は必ず飼い主さんがそばにいてあげてください。また、暑くなったら犬が自分で移動できるように、設置場所はハウスの外にしましょう。

湯たんぽやカイロは使ってもいい?

トイ・プードルのパティちゃん、お気に入りのぬいぐるみと♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬に湯たんぽを与えるのはOKです。ただしやけどをしないように、湯たんぽはタオルでくるみ、中のお湯は36℃程度の人肌で。電子レンジで温めるタイプの湯たんぽは、犬が食いちぎって中身を誤飲しないように十分に注意をしてください。
湯たんぽとは違い、人用のカイロを犬に与えるのはNGです。低温やけどの危険だけでなく、袋の中身を誤飲してしまうおそれもあります。

加湿器は使用するべき?

カメラ目線!MIXのハクちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

空気が乾燥する冬は、ウイルス類が元気になりがち。乾燥は呼吸器系の疾患の原因にもなるので、加湿器で湿度を一定に保つのは、さまざまな病気の予防になるといえます。加湿器はエアコンの風が当たる場所がおすすめ。風が湿気を部屋中に運んでくれますよ。
加湿器はカビやすいので、毎日のお手入れは欠かさず行いましょう。

愛犬と一緒にこたつに入ってもいい?

ミニチュア・ダックスフンドのひなちゃん、こたつ布団の上でぐっすり♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

こたつ内部はかなり高温になるので、熱中症やマラセチア性皮膚疾患、外耳炎などになる危険性があります。飼い主さんがそばにいたとしても、一緒に入らないほうがいいでしょう。
また、堀りごたつは例えスイッチが入っていなくても、熱中症や酸欠などの事故につながることがあります。命の危険もあるので、犬を飼育しているご家庭では堀りごたつの使用は控えましょう。

冬には欠かせない暖房器具類。正しく使用して、飼い主さんも愛犬も快適に過ごせるようにしましょうね。

参考/「いぬのきもち」2017年12月号『寒い季節に必要なことが○×でわかる!愛犬ぬくぬく冬支度』(監修:ノヤ動物病院院長 野矢雅彦先生)
文/higarina
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る