1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の「しつけが下手な人」に共通している7つのことって!?

犬の「しつけが下手な人」に共通している7つのことって!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「頑張って教えているはずなのに、なかなか愛犬のしつけがうまくいかない……」
このように悩んでいる人はいませんか?
いぬのきもち獣医師相談室の先生によると、しつけがうまくいかない人には共通点があるそう。くわしく解説してもらいました!

犬のしつけが下手な人の7つの共通点

Getty

犬のしつけがうまくいかない飼い主さんには、以下の7つの共通点があります。

  1. 自分の気持ちを感情的に犬にぶつける

  2. 同じことをしても昨日はほめて、今日は怒るといったように、教え方に一貫性がない

  3. 「犬は賢いからできるはず」と思い込み、犬に求める理想が高い

  4. 体罰で言うことをきかせようとする

  5. ほめるときと叱るときの、声色やリアクションに差がない

  6. 叱ることが多く、ほめることをしない

  7. 叱ることがかわいそうだと、甘やかす


犬のしつけがうまくいかないことのリスク

Getty

しつけをしたつもりでも愛犬に正しく伝わっておらず、吠える、咬むなどの相談が多く寄せられます。

愛犬は「よいこと」と「よくないこと」を学べず、混乱します。混乱した愛犬の行動に、飼い主さんはさらに悩んで「問題行動」だと捉え、お互いを理解できず信頼関係を築けません。

問題が周囲へ及んで、近所迷惑やトラブルへと発展することもあります。

犬のしつけがうまくいかない人へ、獣医師からアドバイス

Getty

一般的に、犬の知能は人間の子どもの2~3歳程度と言われています。小さな子どもに教えるように、「覚える、忘れる、思い出す」を繰り返し学習させていきましょう。

また、「怒る」と「叱る」は意味が違います。怒るは感情的であり、叱るは良いほう向へ導く意味です。

叱るときは低い声で短く、ほめるときは高い声で大げさにすることも、テクニックのひとつです。

犬のしつけとは、一緒に暮らすためのルールを教えるためのもの

Getty

しつけは簡単ではありません。何から何まで教えなければならないことでもありません。

犬の個性に合わせてできることを伸ばし、苦手なことはどこまで教えるのか、周りに迷惑をかけない範囲で、ご自身がどこまでなら許容できるのか決めてもいいのです。

犬のしつけはあくまでも、一緒に暮らすためのルールを教えるためのもの。自分の扱いやすい、理想通りの犬を作るための手段ではありません。

人から見て非常識に思える愛犬の行動が、じつは犬の習性ということもよくあるので、わからないことがあれば専門家に相談してみるのもいいでしょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る