1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬のフードやおやつに入ってる添加物って危険なの?【獣医師が解説】

犬と暮らす

UP DATE

犬のフードやおやつに入ってる添加物って危険なの?【獣医師が解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段犬が食べているドッグフードやおやつにはさまざまな添加物が含まれていますが、体や健康面に影響はないのでしょうか?今回は、添加物の使用理由や種類、役割、安全面について解説すると共に、フードブランドの人気ランキングについてご紹介します。

◆ドッグフードやおやつに添加物が使用されるのはなぜ?

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ひとくくりにされることが多い添加物ですが、その役割や効果は千差万別です。添加物がどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

・添加物とは?
天然素材が原材料に使用されているドッグフードは、そのままでは摂れる栄養素の量にばらつきがあります。そこで、役立つのが栄養強化のための添加物です。栄養バランスを整え、有効成分を高める効果のある栄養添加物などをドッグフードに使用することで、一定の栄養を安定的に摂れるようにしています。
栄養強化以外にも、品質保持や嗜好性増進、独特の食感を保つなど、さまざまな目的で用いられています。

・ドッグフードなどに使用する添加物に関する法規制
日本には「ペットフード安全法」という法律があります。犬や猫に有害な物質を含むペットフード等の製造、輸入または販売を禁止するもので、ペットフードの安全性を確保し、⽝や猫の健康を守ることを⽬的とした法律です。成分規格では最終製品に⽤いられる特定の添加物の上限を定めており、製造の⽅法の基準では使ってはいけないものを指定しています。ちなみに現在、使⽤が禁⽌されているのはプロピレングリコール(キャットフードに対して)のみです。

また、添加物の表示に関しては、ペットフード公正取引協議会が制定した「ペットフードの表示に関する公正競争規約」によってルール化されています。その中では、国内で流通するすべてのドッグフードのパッケージには、製造に使⽤した添加物の個別名称を表示し、⽢味料、着⾊料、保存料、増粘安定剤、酸化防⽌剤、発⾊剤に関しては、その用途を併記することが義務づけられています。

◆ドッグフードやおやつに含まれる添加物が危険って本当?

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

上記の通り、使用する種類や量などについてきちんと規制がされている添加物ですが、“摂取するのは危険”という意見は根強くあります。中でも酸化防止剤は、発がんリスクを指摘する声があがることもあるようです。しかし、本当に危険がある添加物なのでしょうか?

・そもそも酸化防止剤とは?使用目的や効果など
ドッグフードの原材料には、チキンやビーフなどをはじめとした、犬の健康を保つために欠かせない栄養素の『脂肪』が多く含まれています。しかし、この脂肪は、光や空気に触れると酸素と結びついて酸化し、時間が経つにつれ、嗜好性の低下、嘔吐や下痢などの消化器の健康被害などさまざまな悪影響を引き起こすことがあります。

そこで必要となるのが、食品の酸化を抑える働きを持つ酸化防止剤です。酸化防止剤はフードに混ぜることで酸化による味の劣化や品質低下を防いでくれます。ちなみに、保存料と混同されやすいですが、両者はまったく別の働きをする物質です。

・酸化防止剤の発がん性とは?
酸化防止剤の中でも、後述するBHAと呼ばれる化学合成添加物は、「発がんリスクがあるのではないか」という情報もあります。とはいえ、ラットを用いた動物実験で発がん性が報告されたのは、摂取しても無害といえる「無毒性量」の上限値を割り出すために極端に大量投与した試験によるもので、それ以外の実験(ラット以外の齧歯類や犬を用いた実験)による発がん性報告はありませんでした。

実際にドッグフードに使用されているBHAの量は、毎日食べ続けても安全な1日摂取許容量を、「ペットフード安全法」によって科学的に定められています。そのため、その基準にそって使用されているのであれば、発がん性や健康被害の危険性はないといえます。

・主な酸化防止剤の種類
酸化防止剤は化学的に合成されたものや、植物から抽出された天然由来のものなど、いくつか種類があります。ドッグフードに使用されている主な酸化防止剤の種類と特徴は、以下の通りです。

※指定添加物とは科学的な安全試験によって人の食品に入れることを認められているもの。既存添加物とは長い食経験があり例外的に使用、販売されているものです。また、使用制限のないものが、特に安全性に優れているというわけではありません。

◇BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
人の食品の指定添加物の1つで、化粧品等にも使用されている。「ペットフード安全法」で規定されている使用基準は、エトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下。

◇BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
人の食品の指定添加物の1つ。「ペットフード安全法」で規定されている使用基準は、エトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下。

◇アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンC)
人の食品の指定添加物の1つ。「ペットフード安全法」による使用制限は特になし。

◇トコフェロール(ビタミンE)
植物によってつくられ、自然界に広く存在する。食品の既存添加物として使用されることがある。「ペットフード安全法」による使用制限は特になし。

◇ローズマリー抽出物
その名の通り、ローズマリー(マンネンロウ)の葉や花から抽出した天然由来もので、主な主成分はカルノシン酸、カルノソール、ロスマノール。食品の既存添加物の1つでもあり、「ペットフード安全法」による使用制限は特になし。

◇クエン酸
人の食品の指定添加物の1つ。「ペットフード安全法」による使用制限は特になし。

いぬのきもちWEB MAGAZINE「ドッグフードに入っている添加物が気になります。酸化防止剤は、どうして入っているのですか?」

いぬのきもちWEB MAGAZINE「BHAに発がん性って本当? ドッグフードの酸化防止剤の犬への危険性を調べました」

◆酸化防止剤以外にドッグフードに含まれる主な添加物

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

酸化防止剤以外にも、ドッグフードには以下のような添加物が使用されています。

・保存料
水分を多量に含むドッグフードは、微生物が繁殖しやすいです。日を置くと腐敗による品質低下はもちろん、大腸菌のような健康被害を引き起こす悪性の微生物や、毒素を生産するカビなども発生するおそれがあります。
そういった体に悪影響を及ぼす微生物の繁殖を防ぐために、食品の保存性を良くする目的で加えられているのが保存料です。ウエットフードは開封後、すぐに使い切ることを前提としているので保存料を使用しているケースは少ないのですが、セミモイストタイプやジャーキーにはこのような理由から保存料が使われていることが多いようです。原材料表示の欄に、保存料として使用されている物質名が詳しく記載されているので、確認してみると良いかもしれませんね。

・着色料
ドッグフードの原材料に使用されている天然素材は、収穫する産地や時期によって色合いにばらつきが出ることがあります。着色料はそういった色のばらつきを整え、見た目を安定させる効果のある添加物で、食品添加物として使用許可がされている色素が活用されています。

いぬのきもちWEB MAGAZINE「ドッグフードに入っている添加物が気になります。保存料は、どうして入っているのですか?」

◆添加物に関する正しい知識を持って愛犬にとって最良のドッグフードを見つけよう

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ドッグフードの中には、「ペットフードの表示に関する公正競争規約」によって特定の化学合成した原材料や着色料を使用していないことが認められた「ナチュラル」や「ネーチャー」と明記しているものがあり、愛犬のために、そういったドッグフードを選ぶ方も少なくありません。

しかし、前述したように、添加物の使用については「ペットフード安全法」によって安全基準がきちんと定められているため、無添加のドッグフードの方が、安全性が高いというわけではありません。逆に、品質保持に加えて、栄養強化のため、栄養バランスを整えるために必要な添加物もあります。
ドッグフードにおいてもっとも大切なのは、愛犬の体質に合った、栄養バランスが適切なものを与えることなので、あくまでも選ぶ際の参考指標の1つとして考えるのが良いでしょう。

では最後に、「いぬのきもちアプリ」ユーザーが選んだフードブランドの人気ランキングをご紹介します。ぜひ、愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてくださいね。

購入しているフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン(ロイヤルカナン ジャポン)
ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬 成犬用

栄養バランス、粒の形や大きさ、食感まで、犬種ごとの特性に配慮。柴犬専用をはじめ、14犬種に対応した総合栄養食です。
2位サイエンス・ダイエット™(日本ヒルズ・コルゲート)
サイエンス・ダイエット™ アダルト 小型犬用 成犬用

オメガ3系・6系の脂肪酸、ビタミンC・D、カルシウムなど、50種類以上の栄養素を配合。小型犬の健康をトータルサポートします。
3位ニュートロ™ シュプレモ™(マース ジャパン)
ニュートロ™ シュプレモ™ 小型犬用 成犬用

チキンやラム、全粒穀物、ナチュラル・オイルなど、高品質の自然素材を厳選。17種類の素材を最適な栄養バランスで配合しています。
4位シーザー®(マース ジャパン)
シーザー® 吟選ビーフ 野菜入り

成犬・子犬・11才から・14才からの年齢別に、栄養素と食べやすさを考えたウエットフード。多彩な味のバリエーションも魅力です。
5位グラン・デリ®(ユニ・チャーム)
グラン・デリ® ふっくら仕立て 全成長段階用 ビーフ・鶏ささみ・緑黄色野菜・チーズ・角切りビーフ粒入り

栄養とおいしさがぎっしり詰まった総合栄養食。「もちふわ粒」や「角切りビーフ粒」入りで、さまざまな食感も楽しめます。

使ってよかったフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン
サイズ ヘルス ニュートリション ミニ ライト ウェイト ケア

標準的なロイヤルカナン製品と比べ、⾼タンパク(+11%)、低脂肪(-31%)、高食物繊維(2.5倍)に調整。減量に最適な栄養バランスにより、筋肉量を維持しながら体重の管理ができます。
2位ニュートロ™ シュプレモ™
3位サイエンス・ダイエット™
4位アイムス

デビフ

ユーカヌバ
※各メーカーの代表的な商品です。


いぬのきもちWEB MAGAZINE「「ナチュラル」、「オーガニック」ドッグフードの健康への効果と安全性」

ランキング/「いぬのきもち」2018年8⽉号『⽝アイテム⼈気ランキング2018』より。※2018年4〜5⽉「いぬのきもちアプリ」内調査(n=278)

監修/徳本一義(獣医師)
へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。
徳本先生

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る