1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. キャベツ、きゅうり、トマト…etc.犬に与えてOKの野菜は?

犬と暮らす

UP DATE

キャベツ、きゅうり、トマト…etc.犬に与えてOKの野菜は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の主食は「総合栄養食」のドッグフードが基本ですが、野菜の中には、量や頻度を守れば犬に与えられるものもあります。そこで今回は、犬に与えられる野菜をピックアップしてご紹介! ぜひ愛犬の健康管理に役立ててくださいね。

1年中たのしめる「キャベツ」

ミックス
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ほぼ1年を通して、安くておいしいものが手に入りやすい「キャベツ」。キャベツは犬に与えられる野菜ですが、葉が薄くやわらかい春キャベツ以外は加熱してから与えてください。

また、与えすぎるとガスがたまったり、軟便や吐き戻しなどの原因になったりすることも。そのため、1日5gくらいを目安に細かく刻んでから与えましょう。

なお、よく“似ている”といわれる「レタス」や「白菜」も犬に与えることができます。レタスは1日1/2枚程度、白菜は10g程度を目安に、それぞれ茹でて細かく刻んでから与えるのがポイントです。

甘くておやつにもなる「さつまいも」

プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「さつまいも」は、食物繊維や抵抗力を高めるビタミン群が豊富で、犬のおやつにもおすすめの野菜です。
ただし、糖質が高いため与えすぎは肥満の原因に。与えるときは1日15g程度を目安に、茹でたり蒸したりしたものにしましょう。

ちなみに、同じイモ類である「じゃがいも」も犬に与えられる野菜です。与える場合は、加熱し皮をむき、1日20g程度を目安にしてください。

夏野菜の定番「きゅうり」

ポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

夏野菜の定番「きゅうり」は、成分の約96%が水分といわれ、水分補給にもおすすめの野菜です。夏のおやつとして与えるのもよいですね。
与える場合はしっかりと水洗いして、1日20g程度を目安にしてください。

また、同じく定番の夏野菜である「トマト」も犬に与えられます。ただし、与えすぎると軟便になることが。水分補給にも適した野菜ではありますが、1日15g程度を目安に、ヘタと種を取ってから与えるようにしましょう。なお、「ミニトマト」の場合は1日1個を目安にしてください。

ビタミン類が豊富な「ブロッコリー」

ミックス
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ビタミン類を豊富に含み、犬にも好ましい野菜「ブロッコリー」。しかし、食物繊維が多いので、与えすぎには注意が必要です。特に軸の部分は食物繊維が多いので、与えるなら房の部分を加熱して1日10g程度を目安にしてください。

ブロッコリーと同じく、葉茎菜類に分類される「セロリ」も犬に与えられる野菜です。茎は生のままでもOKですが、外側の筋を取り除き、1日1cm×5cmくらいを目安に与えましょう。
また、葉の部分は茹でてから細かく刻み、2枚分程度を目安にしてください。

野菜を与える前は必ず“犬が食べられるか”確認を!

パグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

このように、犬に与えられる野菜は数多くありますが、「長ねぎ」「玉ねぎ」といったねぎ類や「なす」「ごぼう」「アボカド」など、犬が食べると危険な野菜がたくさんあるのも事実です。
愛犬の安全のためにも、野菜を与える際は必ず“犬が食べられるか”を確認しましょう!

※ご紹介した1日に与える量の目安は、ドライフードを主食にしている体重5kgの健康な成犬を想定したものです。なお、1日におすそわけする食べ物は、1~2種類にとどめるようにしてください。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「この野菜、犬に与えてOK?NG?犬が食べてもいい・食べてはいけない野菜」

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『この野菜、犬に与えてOK?NG?犬が食べてもいい・食べてはいけない野菜』
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る