1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 慣れない場所やドライブで吠える犬の気持ちと対処法

犬と暮らす

UP DATE

慣れない場所やドライブで吠える犬の気持ちと対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山、海……慣れない場所で吠えるときの対処って?

最近は、動物病院以外にも、飼い主さんと一緒に旅行に行くことも一般的になり、以前より愛犬と車で出かけることも増えたと思われます。

犬を車に乗せることでよく耳にするのが、走行中に吠えてしまうトラブル。運転している飼い主さんにとっては、吠えると気になって、運転に集中しづらいのではないでしょうか。せっかくのドライブが、事故やトラブルにつながってしまうのは絶対に避けたいですよね。

ここでは、車内で吠えてしまう犬はどんな気持ちなのか、またお出かけ先で吠えてしまう犬に「吠えなくても大丈夫だよ」と伝えるにはどうすればいいのか解説します。

なぜ車の中で吠えるの?

犬は人のように言葉を使って話すことができないため、代わりに吠えて気持ちを伝える動物です。

  • 動く景色を見て興奮している
  • 車内から見えるほかの犬や人を見つけて飼い主さんに知らせている
  • 「怖いところに連れていかれるのでは?」と不安になっている
  • 「着いたの⁉ 早く出して!」とおねだりしている


などなど、ドライブ中に吠えるのは様々な理由があります。とくに、車に慣れていない犬は、車の中というだけで不安や緊張を感じ、吠えてしまうこと多いでしょう。そういう犬は、ふだんから停車した車内で慣れさせたり、こまめな休憩をとるなどして、ストレスを感じないように徐々に慣れさせるようにすると吠えにくくなります。

吠え対処法① 窓の外に向かって吠えるときは?

動く景色や、車内から見える人や犬に向かって吠える場合は、クレート(ハウス、キャリーケース)をシートの上ではなく、足元に置いてみましょう。犬は、かつて動く獲物を狩っていたので、素早く動くものにはどうしても反応してしまいます。そこで、足元にクレートを置き、窓の外が見えないようにすることで、犬が吠えにくくなるのです。

一見すると、窓の外が見えないので、「犬が退屈してしまうのではないか?」と思えるかもしれませんが、目まぐるしく動く景色が見えない方が、かえって犬はリラックスすることができます。

吠え対処法② 目的地に着くころに吠えるときは?

駐車場に車を停めた途端吠えだしたりと、目的地に着くころに犬が吠えるのは、そのあとのことを察しているから。これまでに車で動物病院やドッグランに行った経験などから、犬は「降りると怖い、または楽しいことがあるぞ」と学習しているのです。

不安やおねだりで吠えてしまう場合は、目的地についても降りないドライブをしてみましょう。犬と目的地についても、車から降りずにそのまま待機。こんなドライブを何度か繰り返すことで、しだいに犬の不安感や興奮が抑えられて吠えにくくなります。

吠え対処法③ お出かけ先で吠えてしまうときは?

お出かけ先によっては、踏切や自動販売機、ポスト、のぼり旗など、いつもと違うものを目にすることもあるでしょう。しかし、これらに慣れていない犬にとっては、不安や恐怖などのストレスを感じて吠えてしまうこともあります。お出かけそのものがストレスになってしまうこともあるので、吠えにくくなるよう慣れさせてあげるとよいでしょう。

まずは、踏切や自動販売機など、警戒しているものを少し離れたところから犬に見せます。そして、犬にフードを食べさせます。犬がおびえないようであれば、徐々に近づけていきましょう。こうすることで、「危険なものじゃないから平気だ」と犬が思うようになっていくでしょう。


ちなみに、犬を車に乗せる場合は、事前に散歩やトイレを済ませておくと、リラックスしやすくなります。犬のドライブ中の“吠え”に困っている飼い主さんは、今回紹介した対処法と合わせて実践してみてくださいね!

参考/「いぬのきもち」2019年2月号「さいしょの一歩 犬連れドライブをもっと楽しく」
(監修:日本動物病院協会認定家庭犬インストラクター 戸田美由紀先生)
文/UTAにゃん

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る