1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の歯にいいフードの食べさせ方は? 今さら聞けない犬の歯の常識

犬と暮らす

UP DATE

犬の歯にいいフードの食べさせ方は? 今さら聞けない犬の歯の常識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のお手入れの中でも、苦手意識のある飼い主さんも少なくないのが、オーラルケア。人のケアとは勝手が違うので、次々と疑問が浮かんでくることも。
そこで今回は、オーラルケアにまつわる4つの疑問を解説します。

犬の歯にいい食べ方って?

タビくんの大あくび
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

オーラルケアを行う前に、少しでも犬の歯にとっていい食べ方があるなら、把握しておきたいですよね。

そんな飼い主さんにおすすめしたいのが、大きめの粒のドライフード。小さな粒のフードは食べやすい反面、愛犬がよく噛まないで飲み込んでしまうことが多いですが、大きめの粒のフードなら、時間をかけてよく噛むようになります。

フードをよく噛むことで、噛み砕かれたフードと歯がこすれ、歯みがきのような効果が期待できますよ。

飲むタイプなどのケア用品の体への影響は?

ガムをかむくるみちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

口に入れるタイプや飲むタイプのオーラルケア用品は、基本的に適量なら問題はありません。

気をつけたいのは、一度に食べすぎたり、大きな塊を飲み込んでしまったりしないようにするという点。

お腹を壊したり、腸閉塞になったりするおそれがありますので、注意して与えましょう。ケア用品は研磨剤不使用で、無添加のものを選ぶのがおすすめです。

歯のケアのベストなタイミングはある?

歯みがき中のよつばちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの続けやすいタイミングが、ベストなタイミングといえるでしょう。

口の中に残った食べカスが、歯垢になるまでの時間は24時間ほど。それが3日ほど放置されれば、歯石に変化していきます。

歯石になる前なら、歯みがきで取り除くことが可能ですので、最低でも1日1回、飼い主さんの続けやすいタイミングで歯みがきを行いましょう。

動物病院で麻酔をかけた口腔ケアをする必要はあるの?

歯がチラリ、な福ちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

自宅でしっかりとケアを行っているなら、麻酔をかけて口腔ケアをする必要はありません。

しかし、歯茎の状態まで見分けるのはなかなか難しいため、一見きれいな歯に見えても、実は歯肉炎だった……というケースも少なくないのが実情です。

歯肉の状態や歯周ポケットの深さなど、一度獣医師に診てもらうのがおすすめです。

慣れないうちは難しく感じてしまう犬のオーラルケアですが、ひとつひとつ解決していけば、愛犬に適した続けやすい方法がわかってくるはずです。
焦らず、場合によっては獣医師さんを頼りながら、積極的に取り組んでみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2018年9月号『愛犬のお口の健康を保とう! 読者発 獣医師のアドバイスつき やってみてよかったORAL CAREはコレです!』(監修:ぬのかわ犬猫病院中田分院院長 獣医師 石田陽子先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る