1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. いつもと違う「ごはんの与え方」で愛犬との絆が深められる!

犬と暮らす

UP DATE

いつもと違う「ごはんの与え方」で愛犬との絆が深められる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の愛犬のご飯――ただ淡々と与えていませんか? 犬にご飯を与えることは、ごく当たり前のお世話のひとつですが、犬の気持ちに寄り添ってほんの少しだけ工夫すれば、信頼関係が深まりやすくなるのだとか。
そこで今回は、犬との絆を深める「ご飯の与え方」をご紹介します。

与える前は“少しだけ”待たせてみよう!

マルチーズ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

楽しいご飯タイムをより充実させるために、ご飯を与える前に得意の合図を出して、犬を少しだけ待たせてみましょう。

ただし、フードボウルを床に置くまでの間に「マテ」の合図を出すなど、ほんの少しだけ待たせるのがポイント。

合図を成功させて犬に達成感を与えれば絆が深まり、よりワクワクとしたご飯タイムになるでしょう。

いつものパターンを崩して与えてみよう!

ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ワンワンと激しく吠えたり、走り回って大騒ぎしたりするなど、ご飯の時間になると喜び過ぎてしまう犬も少なくありません。

そのような場合は、犬のいない部屋でこっそりとご飯を準備し、落ち着いているときに不意に与えるなど、いつものご飯のパターンを崩してみましょう。

手品のようにご飯を出してくれる飼い主さんのことが、犬はより大好きになるはずです。

嫌がるときはフードを見直してみよう!

ジャック
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬がご飯を食べないときは、いつも与えているフードを見直してみましょう。

犬はフードの味や粒の大きさがあっていないと、食べなくなることがあるので、味を変えるために主原料を違うものにしたり、粒の大きさを変えたりするのがおすすめ。また、ドライフードを与えている場合は、ウェットフードを試してみるのも手です。

犬にあったおいしいご飯を与えることで、飼い主さんに対する信頼度が高まり、絆もさらに深まるでしょう。

“おかわりフード”を入れてゆっくり食べさせよう!

柴1
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ご飯中に人が近づくと怒る犬もいます。そのような犬には、1回分のご飯を少し減らし、減らした分を飼い主さんが手に持って、上からぱらぱらと追加してあげましょう。

これを繰り返すことで、犬は「飼い主さんが近づくとフードが増えてうれしい」と感じるようになるはず。

全部入れた後はさりげなく立ち去り、犬がゆっくりとご飯を食べられるようにしてあげると、さらに絆が深まりますよ。

飼い主さんの工夫でいつものご飯タイムを有意義に!

柴2
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

今回は、犬との絆を深める4つのご飯の与え方をご紹介してきました。
当たり前に行っている毎日のお世話も、飼い主さんが少し工夫するだけで、より有意義な時間になります。
愛犬の気持ちや状況などにあわせて、ぜひ取り入れてみてくださいね!

参考/「いぬのきもち」2017年5月号『愛犬にやさしく寄り添う喜・怒・怖・安きもち別対応つき 絆を強めるお世話の工夫』(監修:ジャパンケネルクラブおよび日本警察犬協会公認訓練士 日本動物病院協会家庭犬しつけインストラクター 戸田美由紀先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る