1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬が震えるのは病気の可能性も? 震える理由と対策

犬と暮らす

UP DATE

犬が震えるのは病気の可能性も? 震える理由と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の犬がブルブルと震えている場面を見たことがありますか?寒い?興奮?緊張?痛み?もしかして病気かも?犬が病気で震える可能性を知っておくと、万が一の際に役立ちます。

①病気ではない震え

ストーブの前を占領する犬達
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は不安や緊張、興奮、恐怖といった精神的な理由で、体を小刻みに震わせることがあります。苦手な人や犬、モノ、音などが理由で震えている場合は、その場からスーッと離れさせるか、飼い主さんが自然に寄り添ってあげるとよいでしょう。

また、足腰など体の筋肉の衰えてきたシニア犬は、立ち上がったり踏ん張った際に後ろ足が震える老齢性振戦がみられることがあります。この場合は、介助ハーネスを使ってケアしてあげるとよいでしょう。

軽度の寒さでは、犬の生理現象として体中の筋肉を細かく動かして(震えて)熱を発生させようとします。この場合、室温と体を温めることが対処となりますが、体が冷え切っている場合は、低体温症になっている可能性もあるので注意が必要です。

②病気の可能性がある震え

お気に入りのあったかベッド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の震えは、病気が原因でも起こります。寒さ(低体温症)、脳腫瘍、てんかん、突発性頭部振戦、甲状腺機能の異常、痛み、中毒、低血糖、低カルシウム血症などの症状として震えがみられることもあります。

脳や神経系の病気では、発作が起こる、継続して震えがみられるというケースもあるので、犬が震えている様子をスマホなどで動画に記録しておくか、震えの部位や症状、日付、時間などをメモしておくと、診察の際に役立つでしょう。

また、犬が思わぬものを食べた中毒によって震えがみられることもあります。人間の薬、タバコ、コーヒ、殺虫剤、除草剤、チョコレートなど、犬にとって有害なものは絶対に犬の口に入れないように注意してください。

③震えの異変は放置せず獣医師の診察を受けること

にっこり笑顔のわんこ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

震えがどんどんひどくなっている、全身が強くガタガタと震えている、事故や怪我をした後に震えている、震えとともに意識がもうろうとしている、誤飲の後に震えが始まったなど、愛犬の異変に「まぁもう少し様子をみるか」という判断が、命を脅かすこともあります。

犬が軽度の寒さや精神的な理由以外で震えているときは、体に何らかの異変が起こっている可能性があります。このような場面では、できるだけ早く動物病院に連絡を入れて、すぐに獣医師に診察してもらうことが大切です。

【獣医師監修】犬が震えるのはナゼ?その原因と対策を解説


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る