1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 一日一回は必ずほめる!愛犬から“今よりもっと”愛されるコツ

犬と暮らす

UP DATE

一日一回は必ずほめる!愛犬から“今よりもっと”愛されるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬に今よりもっと好きになってもらいたい――。今回は、そんな飼い主さんに知って欲しい「愛犬から愛されるコツ」をご紹介します。普段の生活やお世話に取り入れるだけの、簡単なものばかりなので、できるものから挑戦してみてくださいね!

おやつは量よりも与える回数を増やす

プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

おやつは一度にたくさんの量を与えるよりも、少ない量をこまめに与えたほうが、犬はうれしく感じるといわれています。

一日に与える量を決めたら、あらかじめ細かくカットしておき、愛犬をほめるたびに手から与えましょう。好感度アップにつながるはずです。

愛犬が怖い思いをしたときでも動じずに接する

ビーグル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

聞き慣れない音が聞こえたときなど、愛犬が怖そうにしていたら、飼い主さんは動じるそぶりを一切見せずに、「大丈夫だよ」などと声をかけてあげてください。

そうすることで、犬は「怖いことがあっても飼い主さんがいれば大丈夫」と感じ、飼い主さんに対する好感度が高まるでしょう。

毎日一回は必ずほめてあげる

ミックス
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は飼い主さんにほめられると、とってもうれしい気持ちになります。

「ご飯をきちんと食べた」「トイレでウンチ・オシッコができた」「オスワリが上手にできた」など、些細なことでもよいので、一日一回は必ず愛犬をほめてあげましょう。

さまざまな場所でアイコンタクトをとる

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬と飼い主さんが見つめ合うと、幸福感や安心感を与える「オキシトシン」というホルモンが分泌されるため、絆を深めるのに役立ちます。

人や車がよく通る刺激が多い場所や、初めて行く場所などでは、愛犬とたくさんアイコンタクトをとって、安心感を高めてあげましょう。

愛犬にとって快適な環境をつくってあげる

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬とよい関係性を育むには、快適な環境づくりも欠かせません。愛犬が家の中で過ごしにくそうにしていないか、今一度チェックしてみてください。

なお、犬のベッドやハウスは、人の行き来が少ない場所や、直射日光やエアコンの風が当たらない場所に置くのがおすすめ。愛犬にとって快適な環境をつくって、今よりもっと好きになってもらいましょう。

このように、いつもの生活の中にほんのちょっと工夫をするだけで、愛犬との距離はぐっと縮まります。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

参考/「いぬのきもち」2018年1月号『あなたはどのくらい愛犬から愛されている?診断 もっともっと愛されるコツも紹介!』(監修:ヤマザキ学園大学動物看護学部講師 獣医学博士 獣医師 茂木千恵先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る