1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・ドッグフード
  5. 【獣医師監修】犬にキウイを与えても大丈夫。キウイを食べるメリットと与え方を解説

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬にキウイを与えても大丈夫。キウイを食べるメリットと与え方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キウイは、基本的には犬に与えてもよいフルーツです。タンパク質の分解・消化吸収を助ける酵素やビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。一方で、キウイは糖分が多くハイカロリー、稀にキウイにアレルギー反応を示す犬もいるので、与えるときには注意が必要です。

佐野 忠士 先生

犬は適量ならキウイを食べても大丈夫

キウイフルーツ
KPS/gettyimages

キウイは、基本的には犬が食べても大丈夫です。犬の体にメリットとなる栄養素もたくさん含まれています。

そのひとつがタンパク質分解酵素の「アクチニジン」。肉や魚などに多く含まれるタンパク質を分解して、消化吸収を助けてくれる酵素です。最近、果肉が黄色いゴールデンキウイもよく見かけるようになりましたが、このアクチニジンは果肉が緑色のグリーンキウイに多く含まれています。

ちなみに、消化酵素アクチニジンは胃酸に弱いので、人間の場合はその効果を最大限いかすために食事中または食後にキウイを食べるのがベターだといわれています。犬の場合も、同様に食事に混ぜるか、食後のデザートとして与えるほうがよいと考えられます。

キウイのおもな栄養素|約85%が水分、ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富

キウイの一片を差し出され、舌を出して食べようとしているトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

キウイに含まれるおもな栄養素 ※数値は可食部100gに含まれる成分

エネルギー51kal
水分84.7g
タンパク質1.0g
脂質0.2g
炭水化物13.4g
灰分(無機質)0.7g

文部科学省「食品データベース」https://fooddb.mext.go.jp/index.plより参照

犬がキウイを食べるメリット|食物繊維、ビタミン、ミネラルで健康維持とアンチエイジング

白いふかふかした布(ふとん)の上に横たわっているイタリアン・グレーハウンドの口元に2個のキウイ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

キウイには、犬の体を健康に保つために役立つ栄養素が含まれています。代表的なものを以下に紹介します。

食物繊維|不溶性食物繊維が多く、便秘解消に期待

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。水溶性食物繊維の役割は、腸の中で糖質の吸収をゆるやかにし、食後の血糖値の上昇を穏やかにすることと、コレステロールを体外に出すこと。一方の不溶性食物繊維は、腸の中で水分を吸って大きく膨らみ、便のカサを増して排便を促します。

キウイには、水溶性・不溶性両方の食物繊維が含まれています。その量は、一般的に食物繊維が多いイメージのあるバナナと比べても約2.4倍(可食部の同重量比較)。ただ、不溶性食物繊維のほうが多いので(水溶性の約4倍)、便秘の解消により役立つと考えられます。

カリウム|余分な塩分の排出、ただし腎臓病には注意

カリウムが多い果物としては、バナナ(100g中360mg)やメロン(100g中340mg)がありますが、キウイも100g中300mgと多くのカリウムを含んでいます。

カリウムには、体液の浸透圧を調整する作用があり、ナトリウムとバランスをとりながら体内に溜まった塩分を尿と一緒に体外に排出し体の中に水分が溜まりすぎないようにしたり、血圧が高くなるのを防ぐ作用があります。また、神経の伝達や筋肉の収縮にも深く関わっていて、健康な体の維持にはなくてはならないミネラルのひとつです。

ただし、カリウムの過剰摂取には注意が必要です。余分なカリウムは腎臓で(様々な働きが相まって)尿として排出されますが、多量のカリウムは腎臓に負担をかけることになります。さらに、加齢や腎臓病で腎臓機能が低下していると、排出されるべきカリウムが血液中に残ってしまい、血中カリウム濃度が高くなってしまう「高カリウム血症」になる場合があります。

「高カリウム血症」は、四肢のしびれ、筋力低下、吐き気、脈拍の以上(不整脈・頻脈)などの症状を引き起こす病気で、最悪の場合は死に至るケースもあります。
腎臓が弱っているシニア犬や腎臓病のある犬には、キウイは与えないほうがよいでしょう。

ビタミンC|関節炎の予防、病気予防やアンチエイジングも

ビタミンCはコラーゲンの合成に深く関与するほか、解毒やホルモン代謝を担う酵素のサポート、抗酸化作用による活性酸素の除去など、免疫機能に大きな役割を果たしています。ビタミンCが多いとされるレモン(果汁)と比べても、可食部分の同重量ではキウイのほうが多く、とくに果肉が黄色いゴールデンキウイのほうがグリーンキウイよりビタミンCが豊富です。

なお、健康な犬は自分の体内でブドウ糖からビタミンCを合成できるため、「犬のビタミンC摂取は必要ない」と考えられていました。しかし最近の研究結果から、犬にもビタミンC欠乏症があることが明らかになりました。健康な犬でも5歳を過ぎれば体内のビタミンC合成能力が低下してくるとも考えられているので、シニア犬などは食べ物やサプリメントからビタミンCの補給を図るとよいかもしれません。

ビタミンE|抗酸化作用で若さの維持

ビタミンEは、細胞膜にダメージを与える活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
細胞を覆っている細胞膜が酸化すると、皮膚病や腎臓病、消化器疾患などの病気になりやすくなるため、ビタミンEの摂取は愛犬の健康を守り、若さを維持するのに役立つといえます。

じつは、ビタミンEは体内で働いたあと、「ビタミンEラジカル」という体によくない成分に変化することがわかっています。それをまたもとのビタミンEに戻してくれるのがビタミンCです。キウイには、ビタミンEとビタミンCの両方が含まれているので、相乗効果が期待できます。

水分|栄養を摂りながら水分補給も

キウイの約85%は水分です。キウイを食べることで、体に役立つ栄養素を摂取しながら、水分も補給できるメリットがあります。

シュウ酸|尿路結石症に注意

キウイには、シュウ酸が含まれています。シュウ酸は、多くの植物に含まれているもので、カルシウムなどのミネラルと結合して、植物の中のミネラルを保っています。
しかし、犬にとってシュウ酸は尿路結石の原因のひとつとされるものです。過去にシュウ酸カルシウム結晶をつくった病歴のある犬には、キウイを与えないほうがよいでしょう。

犬にキウイを与えるときの注意ポイント|皮は消化が悪いので取り除いて

飼い主さんがフォークで口元に持ってきてくれたキウイを食べようとしている黒いチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬にキウイを与えるときは、以下の点に注意しましょう。

与えてよい部位

キウイの皮は犬が消化しづらいので、取り除いて実の部分だけをあげましょう。
また、種も消化が悪いので、できれば取り除いてあげることをおすすめします。

与えるときの適量

犬にキウイを与える場合は、体重に合わせて以下の量を目安にしてください。ただし、あくまでもカロリー上の算出値なので、主食(総合栄養食)の摂取を阻害しない量にとどめることが大切です。
また、犬の年齢や健康状態によっては、特定栄養素の過剰摂取につながることもあるので注意しましょう。

犬の体重目安1日あたりの接種可能目安
小型(2~5kg)37g~73g(中0.5個~中1個)
中型(6~15kg)84g~167g(大1.2個~大1.5個)
大型(20~50kg)208g~413g(大2個~大4個)

※数値は、避妊・去勢済みの犬で体重相応のおやつ(1日の総摂取カロリー目安の1割)として算出

調理方法

キウイの皮にはトゲトゲした産毛がたくさん生えています。また、残留農薬の心配もあるので、皮を厚めに剥き、なるべく種を取り除いてからカットします。犬が丸呑みしても喉や食道に詰まらないよう、果肉を小さく刻んでから与えてください。

キウイアレルギー・食物アレルギーに注意

キウイは桃やメロンなどと同じように、アレルギーの原因になりやすい果物のひとつです。
犬も稀にキウイを食べてアレルギー反応を示すことがあるので、注意が必要です。
キウイアレルギーの症状は、犬によってさまざまですが、口や目のまわり、体に痒みを生じる軽症のものから、下痢や嘔吐といった消化器症状を生じるもの、呼吸困難に至る重篤なアナフィラキシーショックまであります。

初めて愛犬にキウイを与えるときは、まず少量から。数時間たっても体調に変化が起こらなければ大丈夫ですが、もし以下のような症状が現れたら、すぐに獣医師に診てもらいましょう。


  • 目や口のまわりを痒がる

  • 皮膚が赤くなる、皮膚を痒がる

  • 目が充血する

  • 下痢、嘔吐

  • 元気がなくなる



なお、カバノキ(白樺などカバノキに属する木)やニンジンに対してアレルギーを持っている犬は、キウイでもアレルギー症状が出る可能性があるので、注意してください。

また、キウイには少量ですがタンパク質が含まれています。このタンパク質に犬の免疫機能が過剰に反応すると、稀に食物アレルギーを起こすことも考えられます。キウイアレルギーがない犬でも、タンパク質が原因でアレルギーを起こすこともあるので、初めてキウイを与えるときは少量にして、体調に変化がないか見極めてください。

キウイは犬が食べてもOK。過剰摂取とアレルギーには注意して

タンパク質消化酵素や食物繊維、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素が豊富なキウイ。キウイは犬も食べられるフルーツですが、比較的糖度が高くカロリーも高めなので、食べすぎると肥満や尿路結石の原因になる可能性があります。愛犬の食生活に取り入れる場合は、おやつとしての適量を守り、アレルギーにも気をつけましょう。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医学類准教授)
文/村田典子
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る