1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬が食べると、危険な食材は?もし食べてしまったときの対処法まで

犬が食べると、危険な食材は?もし食べてしまったときの対処法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんが食べている物を、愛犬からおねだりされると、つい与えてしまいがちですよね。でも食材によっては、愛犬に悪影響を与えるものもあります。ここでは、とくに危険なものから、少量なら問題ないものの、量によってはよくない食材をくわしくご紹介します。

危険!犬が食べると命にかかわることもある食材

次に挙げる食材は、飼い主さんの食卓によくあがる見慣れた食べ物。ですが、犬が少しでも口にすると、中毒を起こしたり、健康を害することもありますから、絶対に与えないようにしましょう。

野菜類
●玉ねぎ・長ねぎ…赤血球を破壊して、最悪死に至ることも。これらが含まれている調理品にも注意して。
●にら…赤血球を破壊して、貧血、下痢、嘔吐の原因に。最悪、死に至ることも。
●にんにく…ねぎ類と同じユリ科の食べ物で、下痢や嘔吐の原因になります。
●アボカド…果肉や皮に中毒性のある成分が含まれ、嘔吐や下痢の原因に。
●ごぼう…食物繊維が多く、灰汁も強いので犬には不向きです。

果物類
●ぶどう類…犬にぶどうを与えたことが原因で、腎不全や下痢などを引き起こした中毒報告があります。干しぶどうもNG。
●レモン・グレープフルーツ類…外皮をむかずに与える柑橘類は、外皮部分に嘔吐・下痢の原因になる中毒成分が含まれています。
●いちじく…皮や葉、果肉に中毒性のある成分を含み、口内の炎症や嘔吐の原因になります。
●ドライフルーツ…糖分が多いうえ、食物繊維も多いので、軟便や下痢の原因に。

肉・魚介・海藻類
●から揚げ、ハンバーグ…調理する過程で、油分や塩分、調味料などを多く含むうえ、ハンバーグには中毒性のある玉ねぎが入っていたり、フライドチキンは骨が刺さる危険もあります。
●ハム、ソーセージ、ベーコン…肉の加工食品は塩分が多く、さまざまな調味料も使われています。さらには脂肪も多く含まれるため、犬にとっては少量でも高カロリーになります。
●いか・たこ・えび・かに…犬にとってはどれも消化の悪い食材。また、食べなれないため、嘔吐や下痢を引き起こす恐れも。えびは殻の誤食も心配です。
●貝類…貝類はすべて消化が悪く、下痢や嘔吐の原因に。あわび、とこぶし、さざえなどの内臓には中毒成分が含まれていることがあり、光線過敏症を招く恐れもありので、絶対に与えないで。
●わかめ…犬にとっては食物繊維が多すぎて、消化しきれずに、そのまま便に出てくることもあります。
●缶詰・びん詰…ツナ缶、コンビーフ、鮭フレークなどの缶詰やびん詰の加工品は、油分や塩分が多いので与えないで。また、水煮缶にも塩分を多く含むものがあるので、与えないようにしてください。

スイーツなど
●チョコレートやココアが入ったもの…チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという成分に中毒性があります。嘔吐やけいれん、発熱、心不全などを招き、最悪、死に至ることもあるので、絶対に与えないで。
●餅…成分はもち米なので中毒性はありませんが、犬は飲み込んで食べる習性があるので、のどに詰まる危険が高いです。
●菓子パン…クリームやジャムなどが入った菓子パンは、糖分が多く、カロリーも非常に高いもの。犬にとって有害なチョコやココアを含むものもあるので与えないで。
●キシリトール入り菓子…犬がキシリトールを含む食品を口にすると、急激な低血糖を生じて、運動失調やけいれんを起こすことがあります。肝不全や死に至ることもあります。
●氷菓…問題がなさそうなフレーバーでも、糖分が多く、原材料表示にないアレルゲンを含むことがあります。さらに棒の誤食も危険です。
●生卵の卵白…加熱しない生の卵白だけで与えたケースで、中毒報告があります。生の卵黄のみなら、小さじ1までは与えても問題ないでしょう。
●調理パン…サンドイッチやハンバーガーなどの調理パンは、犬にとって有害な玉ねぎやソースが具材に使われていることがあるので、与えないで!
●調味料…トマトケチャップ、マヨネーズ、ソースなどの調味料は、塩分、糖分が多かったり、油分を多く含んでカロリーが高かったり、犬には中毒性のある玉ねぎが入っていたりするのでNGです。

飲料など
●アルコール類…急性アルコール中毒で死に至ることもあります。アルコールが含まれるお菓子もすべてNG。
●コーヒー・ココア…チョコレートと同様、犬が中毒になる成分が入っているため、絶対与えないで。
●紅茶、ほうじ茶、緑茶…カフェインやタンニンが犬の体に有害なので×。
●炭酸飲料…糖分が多く、酸味料などの添加物も多いのでNGです。
●市販の野菜・フルーツ100%ジュース…犬の有害な成分が含まれていたり、糖分、塩分が多いので、与えてはいけません。

犬に与え過ぎると、心配な食材

野菜類
●ほうれん草…与えるなら、小さじ1まで。ゆでて水で洗い流すことで、カルシウムの吸収を阻害するシュウ酸を減らしてから与えて。

果物類
●マンゴー…与えるなら、皮をむいて15gまで。細胞の老化を防ぐ効果が期待できますが、大量に食べたり、アレルギーがあると、全身がかゆくなることも。食物繊維が豊富なドライマンゴーは与えないで。

海藻類
●ひじき…与えるなら、加熱して味付けをせず小さじ1まで。カルシウムは豊富ですが、犬はうまく吸収できず、排泄されてしまいます。

乳製品・大豆製品
●チーズ…与えるなら、カッテージチーズを小さじ1まで、クリームチーズは小さじ1/2まで。塩分の少ないチーズなら少量与えても大丈夫です。
●おから…与えるなら味付けをしていないものをフードに混ぜるなどして10gまで。犬に与え過ぎると、豊富に含まれる食物繊維によって、軟便や下痢を招くことも。

主食
●フレーク…与えるなら、甘くないものを大さじ1まで。食物繊維が多いので、与え過ぎないようにして。
●そば…与えるなら、10㎝を2本まで。アレルギーのある犬には厳禁ですが、アレルギーでない犬は少量ならOK。消化はよくありません。
●パン…与えるなら、やわらかい部分を10gまで。高カロリーな耳の部分や、バケットのかたい表皮は除いて与えて。

飲料
●牛乳…与えるなら、倍以上の水で薄めて大さじ1まで。水分補給にもなりますが、乳糖を消化できず、下痢をする乳糖不耐症の犬には与えないで。
●果実酢…与えるなら、10倍の水で薄めたものを大さじ1/2まで。糖分が多いので肥満のもとにもなりますから、与え過ぎないで。

その他
●くるみ、アーモンド、カシューナッツ…与えるならすりつぶしたものを小さじ1/2まで。抗酸化作用が期待できる食材ですが、脂質も多いので、与え過ぎると肥満の原因にも。
●オリーブ油…与えるなら小さじ1/2まで。純度の高いエクストラバージンオイルがいいでしょう。

愛犬が食べてはいけないものを食べてしまったときの対処法

愛犬が誤食をしてしまったら、まずは動物病院に電話して、食べた物や愛犬の様子を伝えて、対処法を仰ぎましょう。誤食した状況をわかっている人が動物病院へ犬を連れて行って、わかっている情報をしっかり伝えるといいでしょう。緊急を要しない場合でも、3日間は愛犬の様子をよく見て。異物と判断した物が小腸を通り抜けるのには3日かかるからです。また、無理に吐かせようと、水を飲ませるのはNG。むやみに水を飲ませると、胃から腸へとどんどん誤食物を押し流してしまい、危険です。

まとめ~おすすめの食材はある?~

健康にいいと飼い主さんは思っていても、犬の体には害がある食べ物や飲み物があります。犬の食事は栄養バランスを保つことも大切なので、積極的に何がおすすめの食材かと言うのも簡単ではありません。おすそわけするときは充分注意し、1日におすそわけする食べ物も1、2種類にとどめるようにしたいですね。

出典:「いぬのきもち」2017年1月号『キケン! 誤食MAP』(監修:重田洋一先生)、 「いぬのきもち」2017年3月号『ふだん使いの健康食材 犬に与えてOK?NG?』(監修:髙﨑一哉先生)

合わせて読みたい
「ドッグフードQ&A」

「危険な食べ物」

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る