1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 犬が食べると危険な食べ物
  5. 【獣医師監修】犬が食べてはいけないもの一覧 理由や注意点とともに解説

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬が食べてはいけないもの一覧 理由や注意点とともに解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人にとって健康によい食材のなかには、犬にとっては有害となる成分を含むものも多くあります。この記事では、犬が食べてはいけない食材と、与える場合は注意が必要な食材をまとめました。ぜひ愛犬の健康管理に役立ててくださいね。

犬が食べてはいけない主な食材一覧(太字は特に危険な食べ物)

あ行アーモンド・アボカド・アルコール類・イカ・エビ など
か行キシリトールを含む食べ物・グレープフルーツ・紅茶・コーヒー・ココア・ごぼう など
た行チョコレート など
な行にら・にんにくねぎ類 など
は行ピーナッツ・ぶどう・ほうじ茶 など
ら行レーズン・レモン・緑茶 など

上記以外の犬が食べてはいけない食材については、以下の記事を参考にしてみてください。

犬が食べると危険な食べ物(いぬのきもちWEB MAGAZINE)

犬が食べてはいけないものとその理由(太字は特に危険な食べ物)

玉ねぎ
Hyrma/gettyimages

  • アーモンド/ピーナッツ
アーモンドやピーナッツには、犬にとって中毒性のある成分は含まれていませんが、脂質が多いため、肥満や膵炎(すいえん)のリスクがあります。
また、消化吸収がよくないので、犬が口にすると下痢や嘔吐をしたり、小型犬の場合は腸閉塞を起こしたりする心配もありますので、与えないほうがよいでしょう。

  • アボカド
葉や実(果肉皮・種)に含まれる「ペルシン」という成分には中毒性があり、犬が食べると嘔吐や下痢の原因となる可能性が。また、アボカドに対してアレルギーを起こす犬もいるため、与えてはいけません。
なお、アボカドの果肉から抽出して作られるアボカドオイルも、犬に対する安全性は実証されていないので、与えないほうがよいでしょう。

  • アルコール類
犬の体にはアルコール分解機能が備わっていません。そのため、ごく少量でもアルコールを口にすると、急性アルコール中毒を発症し、命に関わる危険性があります。
犬にアルコールを飲ませるのはもちろん、アルコールを含む加工食品も与えてはいけません。

  • イカ/エビ
生のイカやエビに含まれる「チアミナーゼ」という成分には、ビタミンB1を破壊する働きがあるため、犬が生のイカやエビを食べるとビタミンB1欠乏症を引き起こすおそれがあります。
また、イカやエビ自体が消化に時間のかかる食材なので、犬によっては消化不良を起こし、下痢や嘔吐などの症状が見られる場合も。イカやエビは犬に与えないほうが無難でしょう。

  • グレープフルーツ/レモン
グレープフルーツやレモンといった柑橘類の外皮には、「クエン酸」などの成分が含まれているため、犬が口にすると下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。
また、レモンやグレープフルーツの果肉は酸味や刺激が強く、少量口にしただけでも、胃の不調を訴える犬もいるので、皮をむいた状態であっても与えないほうがよいでしょう。

  • キシリトールを含む食べ物
犬がキシリトールを摂取すると、急激な低血糖を発症し、運動失調やけいれんを引き起こす危険性があります。また、肝不全や最悪死に至る可能性もあるので、絶対に与えてはいけません。

  • コーヒー
犬がコーヒーに含まれる「カフェイン」を摂取すると、嘔吐や下痢、けいれん、呼吸不全などの中毒症状を引き起こすおそれがあります。
最悪の場合は死に至る可能性もありますので、液体状のコーヒーはもちろん、コーヒー豆やパウダー、コーヒーを含む加工食品も与えてはいけません。

  • 紅茶/緑茶/ほうじ茶
これらの飲料には、コーヒーと同様にカフェインが多く含まれているので、犬に与えるのは絶対にNGです。また、茶葉の状態のものはとくにカフェイン濃度が高いので、取り扱いにも十分注意してください。

  • ごぼう
ごぼうは食物繊維を多く含み、アクも強いので犬には向かない野菜です。犬が食べると消化不良を起こしやすいため、与えてはいけません。

  • チョコレート/ココア
チョコレートやココアの原料となるカカオ豆には、「テオブロミン」や「カフェイン」という犬にとって中毒性がある成分が含まれているため、絶対に与えてはいけません。
犬が誤食した場合は、過剰に興奮する、嘔吐、けいれん、発熱、心不全などを起こし、最悪の場合は死に至る危険性もあります。

  • ねぎ類(玉ねぎ・長ねぎなど)
ねぎ類に含まれる「アリルプロピルジスルフィド」や「ジプロピルジスルフィド」という成分には、犬の赤血球を破壊する働きがあるため、絶対に与えてはいけません。
犬が誤って口にした場合は、溶血性貧血や血尿、下痢・嘔吐などの中毒症状を引き起こし、死に至るおそれもあるので注意が必要です。なお、この成分は加熱しても変性することはないため、ハンバーグなどの加工食品を与えるのもNGです。

  • にら/にんにく
ねぎ類の仲間の野菜です。ねぎ類と同様の中毒症状を引き起こすため、絶対に与えてはいけません。

  • ぶどう/レーズン
犬がぶどうを口にして、腎不全や下痢を発症したという中毒症状が報告されています。また、すでに腎臓などに持病のある犬の場合は、重篤症状を引き起こすリスクも。
ぶどうから作られるレーズンも同様の危険性があるため、絶対に与えてはいけません。

犬に与える場合は注意が必要な食材も

ほうれん草
chengyuzheng/gettyimages

※ここでご紹介する摂取量の目安は、総合栄養食のドッグフードを主食にしている体重5kgの健康な成犬を想定した場合の分量です。※ただし、与える量によっては、食事の量を見直す必要があるかもしれません。かかりつけにも相談しましょう。

  • ほうれん草
鉄分やβ-カロテンを含む栄養豊富な野菜ですが、アクに含まれる「シュウ酸」がカルシウムの吸収を阻害し、尿路結石などのリスクを高める危険性があります。
犬にほうれん草を与える場合は、ゆでた後に流水で洗い、シュウ酸を減らしてから細かく刻むのがポイント。1日小さじ1杯程度を目安にしてください。

  • 小松菜
水分やβ-カロテンを含む小松菜には、ほうれん草と同じように「シュウ酸」も豊富に含まれています。そのため、犬に小松菜を与えるときは、ほうれん草同様の注意が必要です。

  • マンゴー
マンゴーはビタミンが豊富で、細胞の老化を防ぐ働きが期待できますが、犬が大量に食べると、全身にかゆみを引き起こす可能性が。犬に与える場合は皮をむいた状態で、1日15g以内に抑えましょう。
なお、マンゴーにアレルギーがある場合は与えるのを控え、ドライマンゴーは食物繊維を多く含むため、どの犬にも与えてはいけません。

  • みかん/オレンジ
ビタミンや水分の補給に役立ちますが、食べすぎると下痢や軟便の原因になります。また、外皮は中毒性物質を含むため、与える場合は外皮・薄皮・種を取り除き、果肉のみを与えるようにしましょう。1日の摂取量の目安は15g以内です。

  • パン
塩や砂糖、バターなどを多く含むものは、犬の体に負担となります。また、小麦などの原料に対しアレルギーをもつ犬もいるので、与える際は注意が必要です。
犬にパンを与える場合は、砂糖やバターなどを抑えて作られたバゲットや食パンを選び、固くて高カロリーな皮や耳は取り除きましょう。1日の摂取量の目安は10g以内。調理パンや菓子パンは与えてはいけません。

  • 牛乳
乳糖があらかじめ分解された犬用牛乳ならそのまま与えることができますが、人用の牛乳を与える場合は、倍以上の水で薄めたものを大さじ1杯以内に抑えましょう。
ただし、牛乳アレルギーをもつ犬や、乳糖不耐症の犬には与えてはいけません。

  • チーズ
人用のチーズは塩分を多く含むため、犬に人用のチーズを与えるときは、塩分の少ないカッテージチーズやクリームチーズを選びましょう。1日の摂取量は、カッテージチーズなら小さじ1杯程度、クリームチーズの場合は小さじ半分程度です。
なお、牛乳アレルギーをもつ犬の場合は、チーズでもアレルギー反応を起こす可能性があるため、与えてはいけません。

  • パイナップル
パイナップルは食物繊維が豊富なので、犬が食べすぎると消化不良を起こし、下痢などの症状が出る可能性があります。また、糖分も高いので、犬に与えるときは皮をむいた生のパイナップルを小さくカットし、1日15g程度に抑えましょう。

水分が多く糖分の高い桃は、犬に大量に与えてしまうと、消化不良や肥満などの原因につながります。
1日に与えられる量は、生の状態で20g程度が目安です。アレルギー食材でもあるので、初めて与える場合は十分注意してください。

  • にんじん
にんじんは食物繊維が豊富なので、生のまま与えると軟便になったり、うまく消化できずにそのまま便として出てきたりすることがあります。
犬に与える場合は、加熱してからすりおろしたり、細かく刻んだりして、1日5~10g程度を目安にしてください。

  • ブルーベリー
ブルーベリーは食物繊維が豊富なので、与えすぎると消化不良を起こし、下痢などの症状が出る可能性があります。犬に与える場合は、皮はむかずに生の状態で1日10g程度が目安です。
なお、ブルーベリージャムやブルーベリーヨーグルトなどの加工食品は、糖分が高いので与えてはいけません。

  • さくらんぼ
さくらんぼの葉・茎・種は犬にとっては有害ですので、与えるときは注意深く取り除き、誤食にも十分注意してください。
1日に与えられる量は、ひと口大に切った果肉のみを15g程度が目安。しっかりと水洗いすることも大切です。

  • もやし
もやしは傷むのが早く腐りやすいので、なるべく新鮮なものを与えるようにしましょう。また生のままでは消化に悪いため、加熱してから与えることもポイント。1日に与えられる量は、細かく刻んだものを小さじ1杯程度が目安です。

  • オクラ
犬にとって害となる成分は入っていませんので、オクラは生でも加熱しても与えることができます。ただし、カリウムやリンといったミネラルが豊富に含まれているため、腎臓が悪い犬などは控えたほうがいいでしょう。
1日に与える量は、細かく刻んだものを10g程度が目安です。

  • たけのこ
たけのこにはカリウムやシュウ酸の含有量が多いため、腎臓病や結石の不安がある犬には与えないようにしましょう。また、生のたけのこはえぐみが強く食べにくいので、与えるときはよくゆでて下処理をし、細かく刻んだものをごく少量にとどめるのがおすすめです。

犬に「おすそわけ」するときは量や注意点を守って

舌をペロッと出すチワワの伊吹くん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬におねだりされると、ついおすそわけしたくなりますが、人の食べ物のなかには犬にとって危険な食材もたくさんあります。そのため、愛犬に人が食べる食材を与える際は、与えてよい食材かどうかを調べるのはもちろん、与え方や目安量をきちんと確認することが大切です。

なお、愛犬におすそわけする食材は、1日1~2種類にとどめましょう。以下の記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」『犬の食べ物図鑑 与えてOK?NG?2017最新版』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/ハセベサチコ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る